« 日本経済新聞の暗渠記事に取材協力しました | トップページ | 失われた桃園橋のこと »

『水路上観察入門』、書きました

4月27日、『水路上観察入門』(KADOKAWA)を上梓することとなりました。
そのお知らせと、どのような本なのかを、つづりたいと思います。

Tempimagedga6lb


水路上とは、暗渠、ただし地上部分を主に指すものと思っていただければと思います。


------------


原稿を書いている時期、概ね世の中はCovid-19の影響で、これまでとは異なる行動パターンを人々は余儀なくされていた。あるいはこの本が出た後もそうなのかもしれない。2020年春から夏にかけ、外を出歩くことはできるだけ控えたいと思いつつも、わたしは何度か暗渠を歩きに出掛けた。そこで毎回認識されたのは、「こういうとき、人は開渠沿いの道を歩く」か、「緑道を歩く」ということだった。見たことのないような人の群れが、主に開渠沿いを、歩いたり走ったりしていた。


開渠や緑道から分岐していく支流の暗渠はたくさんあるし、開渠が見えるような近さで並行してはしる、用水路の暗渠だって存在する。しかし、それらの支流や用水路の暗渠(そここそがわたしのホームグラウンドである)に足を踏み入れた途端、人はいなくなるのだった。健康のための散歩やランニング、かつ、ソーシャルディスタンスをとって。という状況に最も適合している路なのに、人がいない。つまりそこは、路であることを知られていない、「路であっても路でない」と場所なのだろう。


「水路上」とは、「路であって路でない」。だからこそ人は訪れず、快適に歩ける。しかし、「水路上」の魅力は、それだけではない。

(↑ここまでは、「はじめに」のボツになった部分。)


本書の前半では、わたしが考える「水路上」の魅力について、書いていく。
これまでの「暗渠」にかんする記述と少し変えているのは、水路上にある「アイテム」であるとか、「1つの場所」に限って深堀りをしている点だ。
深堀りして書く、というのはどうもわたしの性質であるらしく、気になると調べ始め、すると楽しくなってきて、気が済むまで調べてしまう。今回の本では、あまり知られていない資料や、いくつものインタビュー(個人からお店からお役所まで、とっってもお世話になりました!)が背景にあるので、役に立つかどうかはさておき、暗渠にまつわる他には無いような資料にもなっている、と思う。
役に立つかどうかは、さておき(2回言いました)。


そのようなわけで、前半は「水路上」を「観察」しながら気になったことへの読み解きを、1節につき1事例ずつ、紹介していく。以下、各節のキーワードとともに、全体(前半のみ)を概観する。


明らかな街角の違和感から入り、読み解く第一章。
<長細> 長すぎる公園への違和感とそこにある歴史。事例:西小山の立会川
<配列> 街角や地図上にある不思議な空間。事例:高島平
<遊具> 変わった遊具が隠し持つ秘密。事例:遊具2種


水路上のもつ特徴を事例から考える第二章。
<裏側> 裏路地よりもさらに裏、その魅力とは。事例:小沢川
<境界> 水路上にできた境界のもつ魅力とは。事例:谷田川・藍染川
<複雑> 解けない謎を抱えるのも良い、解けると本当に面白い。事例:竪川


一見そこまで変ではないけれど、気づいたらその場所全体から浮かび上がる、強い水の記憶を描いた第三章。
<謎池> ちょっとした違和感の先に知られざる歴史。事例:今川橋
<弁天> 郷土史上の不思議さの先にあった個人の営み。事例:代官山の弁財天


そしてバトンタッチのコラムを挟み、後半へ。
後半は共著者の高山氏が、「水」の視点から今ある風景を見た「路上観察」をいきいきと展開する。そちらの説明は、高山氏に譲りたい。


-------------


こんな本です。
(カドカワさんのページはこちら。)


できるだけ書店さんで買って欲しいという思いがありますが、感染状況が悪化しているため、なかなか、これまでのような書店さんと連携したイベントが組めません。購入者用のツアーも、対面のトークも難しい。企画しながらもあれこれ変化が生じてしまい、去年の暗渠パラダイス!の発売時を思い出すようです。


せめて近所の本屋さんで、あるいは知っている本屋さんの通販で、買っていただけたらと思い、販促用しおりなどを用意しました。その情報については、整い次第お知らせします。


『水路上観察入門』、どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 日本経済新聞の暗渠記事に取材協力しました | トップページ | 失われた桃園橋のこと »

9 その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本経済新聞の暗渠記事に取材協力しました | トップページ | 失われた桃園橋のこと »