« 松庵川展のおしらせつづき | トップページ | 金太郎計測 »

勝手に暗渠強化月間の御礼と、ガード事件追記

まずは御礼から。

2週連続企画だった阿佐ヶ谷暗渠マニアック!(座学&フィールドワーク)、
カルカルでの境界集会、
4月のイベントが無事終了しました。
雨だったり、予定時刻より早く始まったり(笑)、いろいろありましたが、ご参加のみなさまにも、スタッフのかたがたにも、たいへんお世話になりました!どうもありがとうございました。
遡って先月の各種暗渠イベントにお越しくださったみなさまにも、改めて御礼申し上げます。
ひといきついたら、またエンジンをかけなおしたいと思います。

あ、そうそう、そうこうしている間に、東京スリバチ地形入門と東京暗渠散歩に増刷がかかりました。ありがたいことです。

今日は徒然書きになっちゃいますが・・・中央線ガードなすりつけ事件の追記をば。
あの記事を書いた後、中央線高架化の時期等について、情報をくださったかたがいらっしゃいました。おふたりの許可を得て、ここに掲載します。tweetをつなげるため、原文を多少変更しましたがお許しください。

「骨まで大洋ファン」さまからの情報。

交通技術1962年8月号に「中野―三鷹間線路増設工事」開始の記載あり。
昭和36年に高架工事着工とあるため、国鉄と杉並区の争いはスルーではないか。
「昭和32年頃から議論されていたという記載を考えると昭和33年に揉め事になるというのも奇異な感じが」とも。


(→「頃から」あたりが割と微妙なことで、当該エリアでは少し後から話が来たのかもしれません・・・あるいは「32年頃」という記述そのものがずれている可能性。などと、わたしとしては思います。)

「ふろっぐねすと」さまからの情報。

現在の中央線ガード(馬橋架道橋)は、昭和41年、中央線中野~荻窪間が複々線化されたときに完成。青梅街道の天沼陸橋の部分がネックだったので、この高架部分は昭和40年には完成していたのではないか。昭和41年の複々線化に先立って、先に中央線高円寺~阿佐ヶ谷間(前後を含む)の高架化も行われている。
複々線の用地を使って、複線の線路を1本ずつ上に上げていく。こちらは、昭和39年にはでき上がり、それから残った用地で、複々線にした。中央線の桃園川をまたぐ盛土部分は、昭和39年に高架化されて解消し、現在の形になったのは昭和41年。高架複々線の計画はおそらく昭和32年ごろにはできていると思われる。
昭和33年に杉並区と係争があって、同時進行で国鉄側は高架複々線化を計画中、高架化が6年後の昭和39年、そして昭和41年に現在の形、という流れ。杉並区と国鉄の係争は、「もうすぐ高架複々線にしてガードを広げます」という話になったのではないか。

(なるほど!とすっきりする結論!)

おふたりの情報を合わせると、ちょうどこのなすりつけ事件の最中か後に、国鉄が話を出して、いつのまにか騒ぎは収まったのかな、という気がします。骨まで大洋ファンさん、ふろっぐねすとさん、ありがとうございました!

その話題のガードの写真を、オマケで。

Gado
その昭和33年の杉並新聞の写真です。
この2年前、常磐線において、ガードの低いところをトラックが荷物を満載して通ったら上がぶつかって、線路をひんまげてしまい、列車が転覆したという事件があったそうで・・・

たしかに、そんなことになったら怖いし、この写真を見ると地元の人が騒ぐのも、さもありなん、という感じがしますね。

・・・ん。常磐線の低いガードっていうのも、もしかするともとは水路用だったりとかしないかしら・・・?(謎は続く・・・)

|

« 松庵川展のおしらせつづき | トップページ | 金太郎計測 »

1-1 さんぽ:桃園川」カテゴリの記事

コメント

どぼくカフェ「暗渠マニアック!」に参加し、流れでこちらのブログを拝見しました。
私は関西在住で東京のことは詳しくありませんが、鉄道土木からすると一部誤解があると思い、筆をとりまし…キーボードを叩きました(笑)

まず、盛土の高さは用途に応じて変化するものではありません。ご存知かと思いますが、本来鉄道は極端な高低差を苦手とするため、平坦な土地を、あるいは緩やかな勾配を設けるべく用地を作ります。すなわち、盛土は前後の高さに合わせて作られるものでありその高さは前後の土地の高さに依拠するものと考えられます。
先に幹線道路が建設され、その上に鉄道を通す場合には4mという高さを確保する必要があります。しかしそれ以外の場合には盛土の高さが基準となります。
よって国鉄の言い分にはやや難があるように思えます。水路と道路という区別があるすれば高さではなく幅の方が影響を受けると思います。

鉄道建設当初、この一帯は低地であったため盛土が作られたと思われます。
その後、急激な都市化やモータリゼーションによって盛土の高さがネックになったので取り壊し、新たに高さ4m以上の高架が建設されたと考えられます。当の国鉄も中央線の複々線化を図るには用地を広げる必要があり、実は盛土の存在がネックになってたのかもしれません。その建設費を捻出するために杉並区に難癖をつけた可能性はあります(笑)

ただ、当地の中央本線の開業は明治期なので、大正時代は道路でも盛土が建設された当時は水路であった可能性は否めません。

…というのを類推してみました。長々と失礼しました。

投稿: すがりとおり | 2016年10月 7日 (金) 07時01分

連投失礼します。コメントを書いて送信した後に誤りに気付いたので訂正いたします。

盛土の高さは確かに前後の土地の高さに依拠しますが、その途中に(幹線)道路があった場合にはその必要高に合わせた高さで建設されます。つまり、そこが高さ4m以上の高さを確保する必要がある道路があったならば盛土もそれに合わせて建設してるだろう、というのが国鉄の言い分だったわけですね。

投稿: すがりとおり | 2016年10月 7日 (金) 07時23分

すがりとおりさま、どぼくカフェではありがとうございました。あのとき、このお話にまで至ってとても興奮しました。
しかしブログになかなか手を付けられず、コメント返しもずいぶんと遅くなってしまい、ごめんなさい。

盛土の高さに、そのようなルールがあるのですね。勉強になります、どうもありがとうございます。
あの後、中央線複々線化工事の映像も手に入れまして、それを見ていたら、新たに中央線複々線化と(こんどは別な)水路の関係について、探りたくなりました。この遅筆ぶりですからいつになるかわかりませんが・・・いただいた情報もふくめ、中央線と暗渠の話をもう少し続けて書いてみたいと思っています。

投稿: nama | 2017年4月 9日 (日) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/63564086

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に暗渠強化月間の御礼と、ガード事件追記:

« 松庵川展のおしらせつづき | トップページ | 金太郎計測 »