« 暗渠マニアック!刊行のお知らせ | トップページ | 展示「桃園川の記憶」のお知らせ »

2004年の桃園川

暗渠マニアック!関連の、ちいさなお話。
制作も大詰めの時期、ある箇所のイメージを伝えたくて、ふとあるものを思い出し手に取りました。

「たしか、前の散歩の達人で、とても好きなページがあったんだよな・・・。」

好きな雑誌と訊かれたら、真っ先に散達!と挙げるほど、好きでした。

街を丹念に紹介するのがいい。
廃線や軍跡など、ふと単独である記事もいい。
知ってるものも知らないものも、自分のツボである確率が非常に高い。

その中でも特に大好きで、何度も、何時間も、眺めていたページがあったのだった。

Santatu2004

それは、2004年。高円寺や阿佐ヶ谷の路地裏を切り取ったものだった。

わたしはこのページが、ほんとうに好きだったのだ。
理由なんてよくわからない。
知ってる場所も知らない場所も、その雰囲気も、「たくさん並べられた感じ」、も。

そして久しぶりに読み直してはたと気づくのです。

ああ、あそこも、ここも、桃園川の支流暗渠じゃないか。

北側支流のあの金太郎車止めは健在だけれど、落書きされてしまったな。
天保新堀用水らしき公園では、今はなき遊具が写ってる・・・!これはグローブジャングルか。そうそう、このあたりの時期、もっとたくさんあそこには遊具があった(何度も歩いてはいた)。すべり台、もっと下流にもあったよな。
匿名の投稿というのがほんとうだとしたら、このひとはきっと今近い趣味領域に居るのではないのかな。

いろんな思いが駆け巡り、そしてやっぱりマジマジと(執筆で切迫しているにも関わらず)、この宝物のような少し前の桃園川と、路地裏写真たちをながめていたのでした。

2004年当時、わたしはまだ「暗渠との出逢い」を果たしてはいない。
けれど、ある意味では既に出会っていたし、やっぱりわたしはこういうものが大好きなのだ、と。自分の中の妙な「一貫性」のようなものに、納得しうれしくなるひとコマでした。

暗渠マニアック!の、とあるページは、実は、こういったものからインスパイアされていたり、します。

|

« 暗渠マニアック!刊行のお知らせ | トップページ | 展示「桃園川の記憶」のお知らせ »

1-1 さんぽ:桃園川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/61901503

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年の桃園川:

« 暗渠マニアック!刊行のお知らせ | トップページ | 展示「桃園川の記憶」のお知らせ »