« お知らせ1点 | トップページ | ミズベリング記事のお知らせ »

神田川茗荷谷支流(仮)の底力

暗渠を辿ることも新規に書くこともできない日々が、ここ数か月続いていました。
忙しいのは良いこと、かもしれないけど、そう思っていてもやっていられないくらいの。

世の中は連休、というときに茗荷谷で仕事がありました。ほんとうは別な仕事の原稿のために早く帰らなければならなかったのだけれど、3連休がすべて仕事でつぶれるのが悔しくて、せめて、暗渠を通って帰りたくなって。

もう日は落ちていたものの、飲み会に移行するみなさんを横目に、「コッチから帰ります!」と、駅ではない方向の、谷へと向かいます。

このへんの谷といえば、あそこ。以前、ミョウガの谷を歩く、というタイトルで、つたない記事を書いたことがあります。なんとなく好きな、気軽に辿れる、駅裏暗渠さんでした。
史料に乏しく、近辺の小学校の記念誌に「川があった」と載っている、程度の情報量でした。今回、大して史料が増えたわけではありません。けれど、かの地の「底力」を見せつけられたので、とにかく書きたくなったのです。

                        ***

駅のすぐそばから谷は始まります。
少しゆくと、「アユタヤ」と呼んでいる場所の前に猫がいて、目が合って、、なんとこちらに突進してくるではありませんか。
「うわ、襲われる・・・」 猫は大好きですが、この突進ぶりはなんだろう怖いぞ。猫パンチでもされるのか・・・と思っていたら、そのままドシーン!とわたしの脚にぶつかって、激しくスリスリしてくるのでした。

Myoga1

ひとしきり撫でまわしじゃれ合って、やっと落ち着いてすましているところ。かわいいねえ、あなた。

Myoga2                        東京時層地図をキャプチャ

猫に襲われた場所は、だいたいこのへんです。

これは、良い夜になるぞ。そう思いながら下っていくと、藤寺(伝明寺)のところで、

Myoga3
歩道に水がじょぼじょぼとはみ出している。

ここってこんなに湧水あったっけ?奥の水抜きパイプから、水音までしています。こんなに湧いているのだったら、わたしはきっと興奮して以前の記事にも書いたはず。だから、今回は余程水量があるのでしょう。・・・さすが、「清水谷」と言われるところ。
明るいときに見に来たいな・・・

Myoga4

と、地図を見ると、あれ、思ってたのと流路が違う・・・
茗荷谷支流(仮)は、時層地図を持つ前に訪れていたのです。それで、わたしは目の前に続く崖下の「道」を流路だと思っていたのでした。しかし本当の流路はどうやら道ではなかったようです。

Myoga5


カッコイイなあと思いながら通っていたここは、既に川跡ではなかった模様。

では本当の川筋は何処か。現在はほぼ、「小石川車両区」に飲み込まれているのでした。

Myoga6



しかし、車両基地の少し下流では道のようなものが存在し、覗けるようです。

あわわわ、そんなところに。・・・行ってみます。

Myoga7

ある・・・明らかに暗渠が。
けれど真っ暗で入りにくいのです。数歩進んでみて、建物の入口が開いていることや、電灯がまったくないことから、身の危険を感じこの日は断念しました。暗がりで感じただけでも、かなり上物暗渠である気配はしました。

湧水のあたりから、じわじわ再訪したいと思いだしていたわたし。この場所との遭遇で、日を改めていくことに決めました。

Myoga9


こんどは昼間に。

Myoga10

アユタヤ前にきます。この日はスリスリ猫はいなかった。残念。

かわりに、お寺に上ってみました。滝澤馬琴の墓があるということで有名なこの深光寺、よく見てみると、なんと「清水山」でした。嗚呼・・・

Myoga11


清水山の向かいには、茗荷畑があったのです。あれ、ちょっと前まで生えてたのに刈り取られている・・・
この地の由来として「江戸時代、茗荷畑が多かったから」というものがあり、それに因んで植えられたものだろうとは思うのですが。また生えるかな?そういえば茗荷の季節、これからですね。

Myoga12

茗荷畑のおとなり、拓殖大学は工事中。
前掲の地図にあるように、拓殖大の敷地にはむかし大きな池がありました。

それともうひとつ、お隣にも大きめの池が並んでいます。そしてその池を含め、谷戸が西に分岐しています。そういえばわたしはこの茗荷谷支流(仮)は、本流を下るばかりでこの孫支流について確かめてこなかったように思います。
折角だから、この谷戸にもなにかないか見てくるか・・・

Myoga13

文明開化期の地図では、この谷にも水路が描かれています。参照しながら水路ともっとも近い道を歩いてみると、そこは標高が高めでした。どうも水路は道にはならなかったようです。
この崖下に池があるのでしょう。古びた、良い柵。

Myoga16

だいぶ高低差が出てきました。拓殖大の裏にあたります。コンパクトな、くっきりとした谷。中に建ち並ぶのは、素朴な住宅地です。谷を探すのでなければ、ここに来ることはきっとなかったでしょう。
こんな都会のはざまに・・・と受ける印象は、麻布の裏にある宮村の窪地や、白金台から池田山に下りるあの谷筋に、よく似ているように思いました。

Myoga14

スリバチ最深部に、たしかに暗渠がありました。
明治期の地図ではもう少し奥から流れが来るように見えますが、今追えるのはここからです。

Myoga15
苔むした良い蓋・・・小躍りするような良い暗渠でした(もちろん小躍りしました)。

Myoga17

細い流れですが、たしかに一筋、谷の出口に向かって流れています。
明治の中ごろまでは、水田があったようです。前述の池は、お屋敷の中のようでした。弁財天を記す地図もあります。そして、江戸期の絵図をみるとこの谷に「茗荷谷」と書いてあります。

(後でググってみたら、ここの蓋暗渠は谷戸ラブさんがさらりと書いていらっしゃいましたwさすがw)

Myoga18

ただの側溝に見えそうなのですが、この年季と雰囲気で、下流側から遡ったとしても気づけるかもしれない。

Myoga19

最後は、こんなふうにガタついて。

Myoga20

クキッと曲がり、本流に向かいます。お、角っこに暗渠カフェ。生憎昼前の時間でした・・・いつかあそこで食べてみよう、2つの流れのことを思い描きながら。

Myoga21

おきまりの「地下鉄くぐり」。茗荷谷支流(仮)の名所のひとつだと思います。なにしろ「地下鉄」を「くぐる」くらいの谷なのですから。

Myoga22

さてさて、湧水ゾーンに来ました。お待ちかね。

昼の景色は・・・

Myoga23

コリャ湧くよ・・・

工事用のフェンスに囲まれた空間は、ほぼ湿地でした。墓地からパイプが突き出ていてその湿地にじょろじょろと流れ込み、そして道路にまで溢れているのでした。

そのパイプの元にも、行ってみたくなるというもの。

Myoga24

お墓のすき間からも湧いてました・・・あちこちで湧いては溜まって。
この付近は一帯が湿地であったこと、この寺には清水が湧きだしていたこと。伝承どおりであり、現在も、水たちはたゆまず湧いています。

季節によるのでしょうか。いまが多いのでしょうか。最初に記事にしたときと、実はあまり季節が変わりません(冬)。

こういうところに蛙がつどいそうな気がします。そういえばさきほどの深光寺前の道、江戸~明治に「蛙坂」と呼ばれていました。蛙がつどう風景は、この谷一帯にひろがっていたのかもしれません。

Myoga25

水抜きのパレードがゆくよ。

Myoga26

以前は今きた道=流路と思い込んでいたわけですが、川はこの車両基地の中央にあったようなので、きょうはトンネルの反対側に行きます。なにかないかな、と。

Myoga27
すると、トンネルの中でも湧いていました・・・

明治~昭和とあった大きな池が、やはり車両基地に飲み込まれ跡形もなくなっています。この場所はその池よりもやや北ではありますが、湧水池の記憶を示すもののようでもあり。明治の初期には、この谷には水田と小川、そしてぽつぽつと池がいくつもあったのでした。

Myoga28
反対側の道に来たからといって特筆すべきものもありませんでしたが・・・豪快な坂を下れたことくらいでしょうか。激しい高低差を味わうことができました。

さていよいよ、あの真っ暗だった場所へ!

Myoga29

入口はここです。

Myoga30
数歩入れば、

Myoga31

異な空間でした。
夏は草たちが通せんぼするのかもしれません。たいへんに暗渠らしい、よい侘びっぷりです。よくぞ残してくださいました・・・

Myoga32


神田上水の道を渡って下流側へいくと、材木屋さんに、

Myoga33

細い道に立派めマンホール、

Myoga34

そして謎池。という、暗渠サインのオンパレードでした。

Myoga35
神田川に注ぎますが、正しい流路の方には合流口はないようです。小桜橋の下に大きめの合流口があるので、付け替えられたのかもしれません。

さて、ゴハン(うーんコレひさしぶりw)。

Myoga36

暗渠沿いというわけにはいかなかった(上流部の喫茶以外店なし)ので、「やぶ宗」にはいり、

まずは天抜きでいっぺえ。
あらら、美しく結ばれた三つ葉に上品なカマボコ。柚子の香り・・・おいしいかも、ここ。

Myoga37

しめはせいろで。

ズズーッ。ごちそうさま!
サービスも気持ちよく(実は正月休み中だったのですが、「お年玉」と書かれたサービス券の入った袋をくださいました)、手の込んだ清々しいお店でした。

今回の行程です。

Photo

緑点線が神田川茗荷谷支流(仮)のラインです。時層地図のおかげで、できた発見でした。感謝と、ちょっとだけくやしい気持ちと。
谷底や合流口など、一度はその気にさせられてしまったわけでしたが、あぶないあぶない。わたしが「これ」と思い込んでいる流路、まだまだハズレがあるかもしれないな・・・

支流の蓋暗渠、今なお湧く水、猫に蛙(蛙は想像)、最高の下流部・・・新たに見せつけられた底力。今度は怖いもの見たさに、夏に行ってしまうかもしれません。

|

« お知らせ1点 | トップページ | ミズベリング記事のお知らせ »

1-8 さんぽ:その他の神田川支流」カテゴリの記事

コメント

思わずペンを取ってしまいました!三月に大塚車庫のさよならイベントに行った際に拓殖大脇の窪地に寄ったのですが、namaさんが遭遇した猫とは違う個体で、でも性質がまるで一緒(超積極的、追いかけてくる、飛びついてくる)の子としばし遊んだのです。何だか地下から湧き上がる力がそうさせてるのかな、なんて今回感じてしまいました。
水抜きのパレード素敵です。ゴースト達の群像みたいでもあり。待ち受けていたように在る謎池にも思わず微笑んでしまいました。(安堵もしました。)
よく思うのですが、namaさんのレポートは本当に水が実際に音を立てて流れているような展開で良い気持ちになります。

投稿: 谷戸ラブ | 2015年5月 6日 (水) 15時06分

ここは江戸時代の初期に大規模な地形改変がされた場所なので。おそらく川筋はいくつもあると思います。「ミョウガの谷」篇でたどった道も、谷の東側の崖ぞいの川だったのでは。hondasoさんが書いておられた、谷を流れる三本の水路の話です。

今回たどった川筋は、江戸時代から地図に載っているものですね。これはいくつかあった川筋を整理して残した、一番主要な水路ではないでしょうか。谷の出口付近の遺跡では、場所によっては、現在の地表面の6m(!)以上も下に自然堆積層があるそうなので、谷底自体も相当盛ってますww。
江戸時代の地図をみると、「神田上水」に合流した後は、東に流していた時期もあるのでは。この部分はたぶん人工的な流路ですが、永井荷風の『日和下駄』「第六、水」に「小石川金剛寺坂下の下水を人参川と呼ぶ」とあるので、明治以降も水路はある程度残っていたようです。

同じく『日和下駄』の「第九、崖」には、「まだ私が七、八ツの頃かと記憶している。切支丹坂に添う崖の中腹に、大雨か何かのために突然真四角な大きな横穴が現われ、何処まで深くつづいているのか行先が分らぬ」とあるので、この谷の特に東の崖には、地下水脈がいくつも顔を出したのではないでしょうか。湧水も豊富だったと思います。それも、東の崖沿いにも川があったと思える理由の一つですね。
中世にはこの谷の出口付近は水田地帯で、江戸氏の一族、金杉氏の屋敷もあったらしいです。第六天社があるように、昔から人が住んでいた場所で、だから(いつも思いますがw)今も空気も柔らかい感じがします。
ちなみに、この横穴、「近所のものは大方切支丹屋敷のあった頃、掘抜いた地中の抜道ではないかなぞ評判した」んだそうで。昔のトンネル好きの想像力をえらく刺激したようです。

あと食べ物ネタかどうか微妙ですが……。小石川の台地の縁は「赤蛙」の名産地だったみたいです。「醤油をつけて焼く時は味よし」と、荷風の「礫川徜徉記」にはありました。
『水徒然』の「小日向にも窪地があった(小日向・茗荷谷)」でyatoloveさんが書いておられましたが、ここの台地の周囲はよく似た水辺だったようです。


「茗荷谷」の地名ですが、戸田茂睡の『紫の一本』「巻一」に「小日向の内、幾利支丹屋敷の下の谷をいふ。ここに百姓の住みし時、茗荷を多く作りて、江戸へ出だしあきなひし故、茗荷谷と云ふ」とあるので、17世紀後半には谷全体が「茗荷谷」と呼ばれていたようです。
17世紀前半にこの谷は武家屋敷地になったので、茗荷づくりの伝承は江戸時代の「昔話」でしょう。ですから真偽は全く不明ですが、谷の下流部は中世は水田と低湿地だったのが発掘でわかっているので、本当に茗荷をつくっていたとしたら上流部。それこそ、今の拓殖大学あたりかではないかと(^^。

投稿: sumizome_sakura | 2015年5月 7日 (木) 03時06分

>谷戸ラブさん

TWでお返事した気になってしまいました。遅くなってすみません。
違う個体で同じ谷底で似た性格。すごいですね、だってこんなに積極的な子というだけでレアなのに!
すてきな感想もありがとうございます。
あの小さな謎池、大雨のときに魚が流れ出ないのか・・・とか、ちょっと心配になったりします。それはそれで暗渠っぽいですがw

投稿: nama | 2015年6月 1日 (月) 19時11分

>sumizome_sakuraさん

これまたお返事遅くなり、失礼しました。拝読し、江戸以前にさかのぼることができれば随分情報が増える場所なのだなと知りました。へええ!そうなんだ!そうなんだ!と感心して読むばかりでした。

>江戸時代の初期に大規模な地形改変がされた場所

そうだったのですね!


>「神田上水」に合流した後は、東に流していた時期もあるの

手持ちの範囲で見てみたら、明治期で、神田上水を跨いでその先を左折という地図がありました。下水扱いでしょうか。・・・人参川だなんてもう、そこで人参食べるしかないじゃないですか・・・か、蛙は(食べたことありますけど)・・・いずれにせよもう少し地図にあたってみたくなりました。

コメントいただいて、調査欲がひじょーーーに刺激されましたw本当にありがとうございます。いただいた情報をもとに、いずれ続編と言うか、もう少し書いてみます。どうも明治以降にしか興味を示せないところがあるのですが、エリアによっては江戸以前も見ないといけませんね・・・

投稿: nama | 2015年6月 1日 (月) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/61523763

この記事へのトラックバック一覧です: 神田川茗荷谷支流(仮)の底力:

« お知らせ1点 | トップページ | ミズベリング記事のお知らせ »