« 水路クッキング 円筒分水ケーキ | トップページ | おしらせ3点 »

桃園川銭湯巡礼 その7 千代の湯と風月堂

お知らせ。
西荻丼、ってご存知ですか?
坂本屋のカツ丼のことじゃござんせんよ、西荻で配布されているタウンペーパーです。

この最新号(1月24日配布開始)では、松庵川のことが特集されています!
昨年11月に行った西荻暗渠探検がベースとなったものです。2回目のツアーに、記者さんたちが同行してくださったのでした。その関係でわたしが監修ってことになってますが、記事は熱心にガイドを聞き取ってくださった記者さんが、流路とイラストは暗渠画伯さくらいさんが、雰囲気たっぷりに仕上げていらっしゃるのでした。
松庵川の流路だけではなく、地元で収集した細かな情報も自慢です。この情報収集は、自分の力というよりも、西荻案内所さんの顔つなぎや、友人知人による輪の広がり、暗渠脇で偶然に起きた出会いによるところも多く、みなさんに感謝しなければなりません。
西荻丼のスタッフのみなさん、暗渠を取り上げていただいて、改めて、本当にありがとうございました。より多くのかたがたが、西荻丼を手に取ってくださるといいなあ、と思います。

*********お知らせおわり*********

さてさて久しぶりの更新は、これまたちょっとお久しぶりの、桃園川沿いの銭湯でひとっぷろ&一杯の”桃園川銭湯巡礼シリーズ”。気づけば一年に一度の更新になっちゃってるシリーズです。

入浴するのは今回は千代の湯、桃園川本流ではもっとも下流に位置する銭湯でござんす。

お風呂に入る前にまず、いつものように、なくなっちゃった銭湯跡をいくつか見てゆきましょう。
水源から桃園川を下ってきて、既に中野区に入っているわけですが、杉並区内と中野区内では参照している史料が異なります。杉並区は銭湯組合の発行したもの。中野区は、昭和初期の地図を参考にしていました。
そのせいもあって、今回の一軒目は、お初の”名前は不明”の廃銭湯です。

Tiyo1

場所は、ここ。三味線橋のちかく。
信号の左手にある建物のあたりに、お目当ての銭湯はあったようでした。その、中野区の古い地図には「湯」とだけ、書いてあるのでした。

さらに、手前側の建物は現在は食品会社さんですが、ここは昭和8年の地図では「カフェー」となっています。元カフェーだったのか。そして、カフェーのすぐ隣には桃園川が流れていました。

桃園川をちょっと下って、もう一軒、銭湯跡を見にゆきます。

Kongoyu

大久保通り沿いの、このあたり。
今度は名前がわかります。ここには、金剛湯、という銭湯がありました。すぐ後ろには、桃園川の支流も流れていました。

「湯」も金剛湯も、どちらも、今はかっちりとした建物になっていて、そしてコインランドリー等の名残もないので、わかりやすくはありません。中野の風景を巻き戻し、想像しようとしてみます。・・・う~ん、ちょっと、むつかしい。

さてと。次がいよいよ現役さん、千代の湯です。
金剛湯から、また、桃園川を遡っていきます。

Tiyo3

うーん、いい顔。

千代の湯さん、ザ銭湯って感じですね。中もとっても昭和な感じでした。
ザブーンとおおきなお風呂に入って、イヤ~、いいきもち。

Tiyo4

向かいには、こういう建物がありました。現役時はジュースやお菓子を売っていそうな雰囲気。ひとっぷろ浴びたあと、飲み物を飲む場所だったのでしょうか?(近くに住んでいた方によれば、菓子パンや少しのお菓子を売っていたのだそうです。)

では、わたしも、飲み物を飲みにゆこう。黄金色のシュワシュワしたやつをね!

このときちょっと凝っていたことが、”喫茶店飲み”でした。レトロ喫茶店に出逢っては入店していると、意外と多くのところにアルコールが置いてあることがわかってきて、うれしくなっていたのでした。明るいうちから飲めるしね。じゃあ、銭湯巡礼でも喫茶店飲みを組み合わせてみよう、ってもんで。

中野で喫茶店といえば、ココがあります。

Tiyo5


風月堂。
壊れたマロングラッセが好きなので、それがあるかな、と覗くくらいでした。これまでは。
けれど喫茶ブースは気にしたことがなくって。
初めて、気にしてみると、

Hugetu2
ある!
しかも、ビールやワインに合わせてつまめそうな食べものも、ある!

乾ききっていない髪の毛で、喫茶のほうにはいってゆきます。
ワクワクしながらメニューを広げると、残念なことにミックスサンドをはじめとするパンメニューはすべて「売り切れ」でした。でも大丈夫、まだオカズ系はある。

Hugetu


夕方の風月堂には、飲み物とお菓子で、談笑する女性客ばかりでした。

グラタンとビールください!
ぐびぐびー。

プハー。

ちまちまとつまみながら、目の前の家族連れがここで夕食を採る姿を見ていました。お父さんだけ、後から合流。へ~、ここで夕食、ということもあるのだなあ。

Tiyo8



紙おしぼりのフォントが良かったです。名前も。王子からヨウコソ。

ゆったりと飲み、そして、次に飲む店はどこにしようかな・・・などと、考えながら、銭湯と喫茶店の短い旅を終えました。

Sono7

今回の行程です。yahooさんありがとうございます。桃園川だけではなく、支流たちも集まってくる場所でした。

おまけ。

Tiyo2_2


金剛湯跡の話に戻ります。
今は痕跡もなくわかりにくい銭湯跡ですが、

Kongou

地図上ではいまでもその姿を見ることができます。
東京時層地図(昭和23-35年)には、モクモクと煙を吐く金剛湯が載っているのでした。

それだけではありません。中野に住んでおられた方が、なんと、金剛湯の写真を見せてくださったのです。

51kongou

                (谷戸っ子さん提供、昭和51年春の写真)

昭和51年の金剛湯の煙突だそうです。

モクモク、煙が出ていますね。すすけた煙突からは、お風呂の繁盛ぶりがうかがえます。
写真中央のマンション右下に大久保通りがあるのだそうです。ということは、大久保通りから少し入ったところに金剛湯はあった、ということかな・・・?

いやはや、何度見てもすてきな写真です。この頃、すでに桃園川は暗渠化が済んでいますから、桃園川の水面はここにもありません。だけど、金剛湯はちゃんと写っています!
谷戸っ子さん、本当にどうもありがとうございました。

桃園川銭湯巡礼、本流沿いはこれで最後です。
これからは支流編につづきます。支流も混ぜると、この後何軒のお風呂に出会えるでしょうか。どうかひとつでも、多くの銭湯が残っていてくれますように。

|

« 水路クッキング 円筒分水ケーキ | トップページ | おしらせ3点 »

1-1 さんぽ:桃園川」カテゴリの記事

3-6 特集:銭湯巡礼」カテゴリの記事

コメント

nama様、こんばんは。
写真掲載ありがとうございます。
私の撮った写真で煙突の後ろに建ってるマンション(大久保通り側最上部が斜めになってるマンション)ですが、nama様撮影された写真にも写ってますね。あのマンションは確か昭和50年には既に完成していたと思います。そう考えるともう築40年越えになるとは、、、私の記憶の中ではまだ新しいマンションのままですよ。(笑)
nama様、ご指摘の件ですが、金剛湯の入口は大久保通りに面していました。銭湯は当然ながら入口~脱衣所~洗い場~浴槽~焚き場の順番で殆どの場合作られています。ですから煙突は銭湯の一番奥の方にたいていあります。
私の撮った写真の中にマンションと手前の横に長い屋根(水道関係の会社だったような気がします)の建物の間に、少しだけ横に長い屋根の上部だけ写っているのが金剛湯の屋根です。解りますでしょうか?

それと以前nama様から昭和8年の地図で金剛湯近くに「香雲閣」と言うのがあった!と聞きましたが、正確な場所はどのあたりでしょうか? 正確な場所が解れば何か思い出すかもしれませんので情報教えて頂けますでしょうか?
宜しくお願いします。m(_ _)m

投稿: 谷戸っ子 | 2015年2月 5日 (木) 22時08分

>谷戸っ子さん

こんばんは。めちゃくちゃレスが遅れてしまいました。すみません!!
おお、そうですか。こんどそのマンションをじっくり見に行ってみたいと思います。新しかった頃を想像しながら。
金剛湯のつくりについてのご説明、ありがとうございました。なるほどなるほど。はい、たしかに屋根わかります。
水道関係の会社、というのもちょっと気になります。このへん、水道局があったと思うのですが、関連しますかね・・・?

香雲閣については、当該地図がうまいこと発掘されません。うちにはたしかにあるのですが・・・発掘し次第、ここにもう一度コメントしますので、もうちょっとだけお待ちください~。よろしくおねがいします!

投稿: nama | 2015年3月17日 (火) 21時48分

はじめましてnama様。近隣のことなので楽しく拝見させていただいております。
子供の頃は部屋から見えた金剛湯の煙で天気を占っていたものです。
谷戸っ子さんのおっしゃる水道関係の会社ですが、今もある都の第三建設事務所のことではないでしょうか。
現在の水道局は以前は小網という食品会社の配送所でした。水道局は千代の湯さんから桃園側をわたった今は駐車場になっている辺りにあったと思います。
銭湯といえば、能楽堂から東中野へあがった辺りの山手通り沿いにあったような気がします。

投稿: 現住民 | 2015年4月20日 (月) 01時38分

>現住民さま

ご近所の方なのですね。お読みいただけてとてもうれしいです。
金剛湯の煙で天気占い!素敵です。そういうお話がきけると嗚呼ここでブログ書いて良かったなあとしみじみ思います。ほかのローカル情報もありがとうございました。むかしの地図と見比べつつ味わいたいと思います。
山手通り沿い、というか、山手通りに埋もれるかたちで、「白玉湯」があったのではないでしょうか。ほかにもこのあたりには銭湯が何軒もあったはずなので、違うものかもしれませんが。。。

投稿: nama | 2015年4月27日 (月) 19時16分

nama様、こちらこそ子供の頃の記憶や、
両親から聞いたことを思い出すことができ、幸せな気持ちです。
本当に近所です。谷戸っ子さんのS51の写真にランドセルをしょった私が
写っていてもおかしくないくらいですし、
もう10年ちょっと早ければ祖母や母親にこの辺りのことを
聞けたのにと残念に思います。(祖母だったら戦中まで遡れました)
もっといろいろなことを聞いておけばよかったと悔やまれます。
山手通りの銭湯は子供の頃の微かな記憶なので間違いかもしれません。拡幅されてしまったので手がかりがないんですよね。でも白玉湯という名前、中野坂上駅近くにある白玉稲荷さんと関係があるのかもしれませんね。
他の銭湯はあまり記憶にないのですが、確か宝仙寺の東南に一件仲町小学校の南に日の出湯?があったと思います。
そういえば、区の学生モニターをやったことがあって、
提案として桃園川復活を出した覚えがあります。

投稿: 現住民 | 2015年4月30日 (木) 03時07分

>現住民さま

宝仙寺の東南は、東湯という名前でしたでしょうか。日の出湯はあとで確認してみます。本当に、谷戸っ子さんとすれ違っておられたのではないでしょうか。
少し先になると思いますが、桃園川のイベントもしようと思っていますので、その際にはぜひお力をお貸しいただければと思います。地元の方のご記憶、眠っている写真、これらに勝る宝物はありません・・・またいろいろとお教えくださいませ。

投稿: nama | 2015年5月 4日 (月) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/61080254

この記事へのトラックバック一覧です: 桃園川銭湯巡礼 その7 千代の湯と風月堂:

« 水路クッキング 円筒分水ケーキ | トップページ | おしらせ3点 »