« 暗渠クッキングその1 谷戸カレー | トップページ | 桃園昨景 01 »

ガーブ川を辿れた、と思ったら

今回は沖縄の暗渠のことを。
といっても昨年辿った、ガーブ川です。またも出張でではあるけれど、再度那覇に行く機会を得たので、ここぞとばかりにガーブ川へ行ってまいりました。特に資料はないので、辿ったということの速報的記録ですが、おつきあいくださいまし。

辿った、と書きましたがそれは誤りで、前回は途中から間違えて支流を追っていたのでした。

Gabumap2_2

                           前回の記事から拝借。yahooさんありがとうございます。

なので、今回は赤丸のところと、それから未訪の河口部分を辿ってガーブ川をコンプしたい、というわけです。

赤丸のところから開渠が始まるけれど、あやしげな等高線はもっと東までつづいているようです。なので、ひとまず付近でもっとも高そうなところに登り、そこから下りていくと、

Gap1

なんとなく谷頭っぽい感じの場所が見えてきます。やっぱり思ったよりずいぶん奥から始まっている様子。

この道を進むと、

Gap2

予想もしない急崖。

こんなに下りちゃって、いいの?

Gap3

何やら、管。

底に下りてみると、そこには、

Gap4

思わず「横浜か!」と、つぶやいてしまうような風景が広がっていました(実際つぶやきました、小声でね)。

だってこれは、横浜とか川崎とかにたくさんある谷頭の風景じゃないか。わりとウロウロしたけれど、沖縄でこういう住宅地はまだ見たことがなかったのだもの。

Gap5

ココにもあるのねえ、こういう崖。

Map1

地図を見ると、いかにも谷戸、とわかります。

Gap6

ところがその住宅地は同じ調子で続くのではなくって、これまた唐突にこんな階段が出現。

で、、、

Gap7 

公園が広がっていました。

Gap9

スリバチ公園が!

Gap8

脇から続く、このアプローチも意味深。

Gap10

そのむかし、ここは池だったでしょうか。
すくなくとも、滔々と水は湧いていたのではないでしょうか。

ひとり、感動し立ち尽くしながら、さきほどの住宅地の谷頭とここと、瓢箪のような2つの水場を想像していました。

この公園の輪郭が描く曲線と傾斜に、水の流れを感じながら、さてわたしも下っていくとします。

Gap11

公園の出口。
でもここから、少しの間川跡らしき空間は家の間に隠れます。

次に出逢うのは、回り込んだ先の、この空き地。

Gap12

・・・実に衝撃的。衝撃的すぎる再会でした・・・

Gap122

だってこんなに曲がりくねっているんですよ。

Gap13

と思ったらまたすぐ、道路に埋もれて暫くわからなくなりますが。

Gap14

しばらく暗渠を見失いながらあるきます。・・・トカシキ食堂、かなり良い!!
(現役のようです。食べに来たいなあ。)

Gap15

トカシキ食堂を過ぎると、唐突に開渠が顔を出します。冒頭の地図の、開渠のはじまりがこれ。

Gap16

暗渠の出口にあったものは、キレイな水でした。あの崖やスリバチで湧いたものでしょうか。水たちはこの地面の下を流れてきていたのでした。

Gap17

それより下流は、前回の記事で追っているので割愛。いやぁしかし・・・良いものを見た。

そうそう、前回、国際通りよりも下流部も追っていなかったのでした。幅広の道路になっていたのでイイや、と思っての省略でしたが、今回は折角なので河口まで行くとしましょう。

Gapkaryu1

日曜日だったので、国際通りが歩行者天国になっていました。けれど、暑すぎるからか、あまり闊歩する人はおらず・・・

その通りの上で、子どもたちがシャボン玉遊びに興じていました。ちょうど、ガーブ川の上をシャボン玉が流れてゆき・・・なんだかとっても良い光景で、暑さを忘れてしばし佇みました。

Gapkaryu2

下ってみると、道端には川を模したような空間があります。

Gapkaryu3

中はこんなことになっていましたw

Gapkaryu4

あとは、幅広の道路からこのように左折して駐輪場になって、暗渠はおわり。

Gapkaryu5

開渠となって、久茂地川に向かっていきます。

Kumoji

久茂地川には階段があり、下りることを阻まれていなかったので、試しに最下段まで行ってみました(泥で滑るので注意)。すると、大量のフナムシのほかに、蠢くものたちが・・・逃げられちゃいましたが、ムツゴロウ様の魚がいっぱい居たようでした。それから、カニも、ボラも。

さて、一応本流は辿り終えましたが、前回も気になっていた学校脇から延びる支流、というのがあります。そちらも行っておくとしましょう。

 

Gapsiryu1

と、言いたかったのですが、上流端はたぶんこの先です。疲労と時間切れにより、先っちょまでいけませんでした・・・まぁ、いつもの自分なら無理やり行っていたのかもしれませんが、なんというか沖縄時間的になっていて。

Gapsiryu2

この支流は、道路を渡ったところから突如開渠になります。

Gapsiryu3

そして曲りながら家の間を抜けてきたと思ったら、

Gapsiryu4

いびつな暗渠に変わってわたしの心を鷲掴み。

Gapsiryu5

そこ、そこの隙間。

Gapsiryu6

さらにその下流は、上に旅館が載った旅館蓋。

Gapsiryu7

開渠に変化。
横のトタンがたまらない。

Gapsiryu8

橋跡。「新」だけが読めます。

Gapsiryu9

そしてチラチラ隙間をのぞかせながら、ほぼ暗渠でガーブ川本流へと合流していくのでした。

Hikawa
だいたいこんな感じです。樋川支流と仮名を付けておきましょう。
ふぅー、ガーブ川は支流もすごい!

さて、ゴハン(翌日だけど)。
仕事をすませ、残り時間を逆算しながら過ごし方を考えます・・・沖縄料理って結構近所でも食べられてしまうので、ここでしか食べられないような何かが良いな・・・
というわけで、ハンバーガーショップJEFに行くことにしました。

すると、行く途中の道の傍らにて。

Jef1

うわあぁぁあああぁああ。

Jef2

うひょぉぉ・・・

Jef3

うわ、木製ハシゴ式開渠?(ただし枯れてる)

Jef4

なんだこれ??

Jef5

そしてコンクリ柵のハシゴ式開渠となって下っていくようでした。

もう、ものすごい変なテンションになってしまいました。でも、ゴハンも食べたい。でも、これも辿りたい。うー、とりあえずゴハンを大急ぎで食べよう。

Jef

これこれ。JEFのぬーやるバーガー(ポークランチョンミートとゴーヤを卵でとじたものが具)、それからゴーヤリング。
いろいろと素朴で良かったです。

で、この店舗に向かう段になってやっと、気づいたのです。さっきの暗渠もガーブ川に流れ込む支流だということに!

この店舗は、ガーブ川本流の水上につくられた商店街が目と鼻の先。なので、さっさと食べて、支流の付け根に向かいます。

Siryu1

河口はたぶんここらへん。暗渠サインは乏しい。

Siryu2

ところが店の裏側にきたら、クッキリと。

Siryu3

横断んんん。

Siryu4

その先がすごかった。

Siryu5

蓋上のカオス。

Siryu6

開渠がはさまる。

Siryu7

な、南国蓋。

Siryu8

何蓋なんだ・・・

Siryu9

ひー・・・

Siryu10

ここまで、一歩につき一枚撮ってるかんじです。

Siryu11

ふぅむ・・・良いなあココ。

Siryu12

そして暫く家々の間に埋もれ、遡れなくなって、再び出会えるのがさきほどのココでした。

Siryu14

まだ続きます。行けるところまで遡ってみましょう。

Siryu15

あっ早速隠れちゃった。
ここから上流もしばらく辿れなくなります。

Siryu16

なかなか、暗渠が見られる場所に入っていけません。やっと入れたと思ったらこんな感じで。ココ、崖下だったので上流端かもなあ、と思っています。

これ以上は時間がないこと、それから暑すぎたことにより、断念しました。断念と言っても、「まぁ、いいかぁ」というようなおおらかな気持ちで去れる、というのが、前日と共通する感覚でした。

Siryu17

よくわからない点もあったけれど、ガーブ川支流はあの低地のどこかを流れていたことでしょう。また縁があれば、きっと辿りに来ることができるでしょう・・・

Makisi

この支流は牧志で合流してくるので、牧志支流(仮)としておきます。

さて。ガーブ川。本流を辿りきれたと思ったら、今度は2つの優良な支流が出現し、その2つとも、上流端の詰めがなされないまま終わってしまいました。けれど詰められなくても、まぁそれはそれで、と終わりに出来る感覚を残しつつ。

また、来れるかな沖縄。来たら、また更なる良い暗渠に出逢えるかもしれないな・・・なかなか終わりきらない、沖縄の旅でした。

|

« 暗渠クッキングその1 谷戸カレー | トップページ | 桃園昨景 01 »

2 地方の水路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/60084344

この記事へのトラックバック一覧です: ガーブ川を辿れた、と思ったら:

« 暗渠クッキングその1 谷戸カレー | トップページ | 桃園昨景 01 »