« 狸蕎麦でたぬきそばをたぐる | トップページ | 西荻窪ひみつ暗渠 松庵川のはじまり »

ババノダカタノシミズガワ

「清水川」といったとき、何処を思い浮かべる人が多いものでしょうか。

わたしの場合、「清水川」は新宿区にあります。

Kako

山手線に乗っていると河口が見える、あの暗渠。
あれぇ、ソレっぽいなぁ、とフンワリ思っているうちに通り過ぎてしまう、あの風景。
フンワリ気持ちも通り過ぎ、そして辿るのも忘れてしまう、という按配で今に至る。

そんなところに川なんてあったっけ?いやいや、あるんです。
山手線のせいで、起伏が誤魔化されているやつが。

Innei

                   東京時層地図(段彩陰影図)よりキャプチャ

真ん中をはしるは山手線。そして、山手線を挟んで両側に凹地が在ります。

東側の窪地=馬尿川のことは、以前書きました。
あの暗渠は人気が高い気がするけれど、そのすぐ西にも谷があることは意外と知られていないのではないでしょうか。いや、知っていても、記事に起こすほどの魅力が感じられない、のかもしれない。あまりにも痕跡が無い場所だから・・・。

しかしわたしはここを書きたかったのです。
なぜならこの川は、「陸軍の研究所から流れ出る」川だったから。

明治のころからこの一帯は軍用地であり、戸山ヶ原、と呼ばれていました。
戸山ヶ原は山手線の東西に延びる、羽を広げて飛ぶ鷲の後ろ姿のようなかたちをした土地。
軍用地でありながらも、一般人が自由に出入りしていた、といいます。しかし、その”羽”の下に二か所、一般人の入れない場所がありました。東は射撃練習所、そして西は陸軍科学研究所技術本部です。

この秘匿感・・・まさにその、陸軍科学研究所から流れ出た清水川は、僅かな距離をソソクサと流れ、神田川に注ぎます。
明治期の地図を見ると、神田川沿いに清水川、という字名が存在しています。

Mowari

                    東京時層地図(明治の終わり)よりキャプチャ

神田川がいまよりも少し蛇行多めですね。

時層地図では清水川の流れ自体はみることができませんが、明治44年製の地図で載っているものがひとつ、ありました。

また、戸塚町誌には、秣川(=馬尿川)、蟹川とともにその存在が堂々載っています。

清水川
細流素々として戸山より落ち、大字戸塚地内を南北に流れて山手線ガード下にて神田上水に入る。

残念ながら、”戸山より落ち”以外に水源に関する記述はありません。当然水源が知りたいものの、肝心の水源があるらしき位置が、前述の地図では軍用地のため白抜きとなっていてわからぬという不運。地形をみると、緩やかな谷がもっと南の方まで伸びているようにも見えます。まずは、その先端まで、気のすむまで行ってみるとしましょう。

Simizu1

「おほくぼ」駅前まできました。
この先まで緩やかに低くなっているように見える地形図もありますが、実際には平坦に感じます。そうそう、大久保駅前、このごちゃっとした飲み屋群が気になっていました。あいてないんで、また後日。踵を返し、

Simizu2

すごすごと、線路をこえます。

桜のきれいな時期でした。

Meijinoowari

                     東京時層地図(明治の終わり)よりキャプチャ

この、うっすらとした等高線を足裏に感じられないものか、と思いながら歩きます。ちなみに、日出園・萬花園というのは、つつじ園のこと。大久保といえばつつじ、という時代もあったようです。

谷の先端がこの辺にあったような気がしてならない・・・というところを通過するのですが、依然平坦なまま。

Simizu3

まだ高低差は感じない。
なのに、そこにあるホテルには湖畔と書いてあります。
何故”湖畔”なのか。谷頭地形に遭遇しないモヤリ感もあいまって、いったいここのどこが”湖畔”なのかと問い詰めたくなります。

Simizu4

やっと前方に窪みが見えてきました。

これは、うれしい。

次第に暗渠感も出てきます。

Simizu6

暗渠にゴミはつきもの。

Simizu7

タクシー会社もつきもの。

Simizu8

道路を渡ると、社会保険中央総合病院の敷地に入ります。
陸軍科学研究所の跡地は、「都立衛生研究所」「国立科学博物館分館」「呉羽科学」「社会保障中央総合病院」となりました(1988年当時の記載による)。ほかにも、あれこれ関連施設の変遷はあるのかもしれません。いまは表記上は、病院のみ残っているようです。

・・・ひっそりとした土地でした。
水色丸部分、壁の向こうの地面は高くなっています。なるほどここが清水川の谷。

Taisho

                  東京時層地図(関東地震直前)よりキャプチャ

大正期、いまいる場所(青丸)ははこういう土地でした。

陸軍科学研究所。広大な土地に、建物が少しだけあります。ここで、どのような研究がおこなわれていたのか?

・・・ここ百人町にあったのは、「第6陸軍技術研究所」および「第7陸軍技術研究所」でした。第6は化学兵器(毒ガス研究など)、第7は物理的基礎研究で、第7はのちに多摩に移る、とあります。
毒ガス、というと、まず思い浮かぶのは陸軍習志野学校。手持ちの資料には、この2箇所の施設を関連づける記述は見当たりません。しかしなんたる偶然か、陸軍習志野学校があった土地の、最寄駅も大久保(京成の)。なのです。

(陸軍習志野学校および周辺の暗渠については取材済で、長編すぎるのでなかなか更新できませんが、いずれ書きます。)

さてこの土地、いまは、一般人でも入れます。

Simizu9

駐車場から、川跡を下っていこうとしました。が、残念ながら北に抜ける出口はありませんでした。

仕方がないので病院の裏に回ると、

Simizu10

そこにはなんともいえぬ、放置された空間がありました。ベンチもありはするけれど、手入れはされていないようで・・・しかし木々は茂り、しっかりと花は咲く。満開の桜。

・・・まるで秘密の花園。

ヒマラヤスギは、陸軍のいたところにつきもの、と思っているのですが、ここのヒマラヤスギはどうでしょうか。

Simizu11

研究所の外に出ます。百人町の住宅街は、ところどころムシクイになっていて、何かを待っているようでした。

百人町から研究所跡をながめると、新旧建物のコントラスト。

Simizu12

さらに下り、西戸山公園にきました。

窪みはいよいよ明確になり、清水川を感じられるようになります。

Simizu14

こういう角度で流れ込んでいたのではあるまいか、と思っています。

このあたりを描いたらしき、回想による画がありました。

Smz2

                    「戸山ヶ原、今はむかし・・・」より

科学研究所は、「変わったかたちの煙突」と「独特のサイレン」という印象が強かったのだそうです。

土管から流れ出る清水川。橋がいくつか架けられ、昭和13年時点で幅1.5m、深さ1m、ケタは2mおきに20cmほどのものが並んでいたそうです。「どぶ川」と呼ばれたこの流れは、子どもたちの遊び場であったそう。

また別角度の写真もありました。

Smz3

                     「戸山ヶ原、今はむかし・・・」より

戸山ヶ原に座るカップル。

見つめる先には、清水川。

「どぶ川」と橋、憩うひとびと。軍用地とは思えない長閑さです。

Simizu13

わたしも斜面に座り、見えないはずの清水川を見つめながら、大久保で買ってきたビビンバ弁当を食べました(ほんとうは高田馬場でバインミーを買うはずが、定休日だったのでした)。

ちょうど、目の前では子どもたちが遊んでいました。かつての戸山ヶ原でも、こんな声が響いていたのかしら。

Simizu15

そのさきは山手線に向かって公園内をまっしぐら。

Simizu16

ここの記憶画もあります。
前述の明治44年の地図にはクネクネとした道路があり、水路もそれに沿って小さな蛇行を繰り返していましたが、

Smz1_2

                     「戸山ヶ原、今はむかし・・・」より

昭和11年当時はこのような流れでした。
いつしか真っ直ぐに付け替えられたのでしょう。

清水川は、ハシゴ式開渠で線路のすぐわきを流れていたそうです。周辺の植物の描写もありました・・・ここに広がるは、椎、栗、楢の木々と、足元に笹。未舗装の素朴な小径。

もう少し進むと、暗渠と重なる位置で工事をしていました。

Simizu18

これはだいぶ深く掘られている様子・・・山手線からも見えます。直接覗き込みたかったですが、交通量が多いのと路側帯が狭いのとで、命が惜しくて渡ることすらできなかったです。

覗けなくて残念。

Simizu19

高田馬場駅に向かいます。

昭和13年の記憶画を見ると、ここに左手から合流してくる人工の流れもあったようです。戸山ヶ原の西側、赤土の原っぱの中央に凹みがあり、降雨時のみ泥水の渓流ができたのだそうです。

まだそのころ、高田馬場駅に南口はありませんでしたが、清水川はちょうど現南口にあたる位置から暗渠となり、神田川に向かっていったといいます。たしかに、前述の明治の地図でも、その位置までが開渠です。

ところで、

Simizu20

高田馬場といえば、駅のホームから見える滝。

Taki

なんで滝?と、ポカーンとするひとが多かろうと思うんですが・・・、

この滝の下を、まさに清水川が流れていた、ということになるんですよ。

そう思うとたちまち、この滝はすごく由緒正しい気がしてきませんか?w オーナーの意図は、おそらく違うんだろうと思うけど、でも、この流れはきっと、暗渠者には清水川を彷彿とさせるものとなるはず!

Simizu22

実際は暗渠らしさの全然ない道なんだけども。滝の下、痛快うきうき通り。

どうでもいいけど、ここから見える、五右衛門がある場所にかつてあった富士ラーメンに比較的行っていたんですよね。富士ラーメンに富士そばに東京富士大学。・・・富士、多いな。

Simizu23

さかえ通りまできました。

もう少しで神田川というわけです。しかし、改修前の神田川は前掲の古地図のように、もっと北側を蛇行していました。すなわち清水川も、もう少し北東まで流れていたと考えることができ、明治の地図ではこの位置よりも右手奥から出現するように読めるのですが・・・、今ある名残はちがっていて、

Simizu24

さかえ通りの入り口に鎮座している、この駐輪場が川跡のようです。

最後に来て、暗渠らしさがやっと出た感。

しかし、入ることはできませんでした。自転車を置いているふりをして、入ればよかったでしょうか・・・どうも、そういった勇気が出る日と出ない日がわたしにはあるようで。この日は出ない日でした、残念ながら。

Simizu25

仕方がないので、いっきに終点まで。河口を拝見します。
桜の花びらがたくさん流れていました。

この、山手線前後の神田川のうねり具合、たいへん好みです。

Simizu27

この日の〆は、馬場の駅前のレトロ喫茶店”ロマン”にて、クリームソーダ。
ロマンはナポやホットケーキなどの必須事項を押さえているばかりでなく、各種アルコール、それにシューマイやソーセージといったガチ酒用つまみも置いているのです。これな。・・・秀逸。いつか”ロマン飲み”がしたいなあ。

                        ***

高田馬場の、清水川。

まあ、言ってみればほとんど痕跡はありません。
しかし、陸軍の秘密の土地はいまでも秘密の花園であり、幻の渓流はいま、謎の滝が代役となりうるかもしれません。
ふふ、ちょっと強引だったかも。でも、暗渠とは想像するものでもあります。清水川は、都内屈指の想像力の鍛錬ができる川、といえるかもしれません。
「おいしくない」ことをグルメレポーターが「個性的な味」と評するように、「暗渠感がまるでない」ことを、「想像力が鍛えられる場」と表現する提案をしてみようかしら?

すべては、そこを歩くひとしだい。

<文献>
濱田熙「戸山ヶ原 今はむかし・・・」
「戸塚町誌」
「新宿区地図集-地図で見る新宿区の移り変わり-」
山田朗氏”陸軍登戸研究所―戦争の記録と記憶・保存と活用―”講演資料

|

« 狸蕎麦でたぬきそばをたぐる | トップページ | 西荻窪ひみつ暗渠 松庵川のはじまり »

1-8 さんぽ:その他の神田川支流」カテゴリの記事

6 軍事もの」カテゴリの記事

コメント

I really appreciate this post. I have been looking everywhere for this! Thank goodness I found it on Bing. You have made my day! Thx again! ckffdadbcdka

投稿: Pharme66 | 2014年4月25日 (金) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/59473116

この記事へのトラックバック一覧です: ババノダカタノシミズガワ:

« 狸蕎麦でたぬきそばをたぐる | トップページ | 西荻窪ひみつ暗渠 松庵川のはじまり »