« 西武安比奈線と水路たち | トップページ | 塩釜、おもいで、暗渠 »

暗渠めし la Salle サル・キッチン

東中野近くの、神田川のあげ堀のはずの、とある流れ。
なぜか昔も今もこの流れは好かれているように思います。あげ堀ながら名前が付けられていたり、ひとびとが集ったり。写真に、よく(?)撮られていたり。

小淀川の下流部であるとする人もいますが、わたしはこの流れは「神田川桐ケ谷支流(仮)」と、勝手に呼ぶことにしています。

きょうは、その桐ケ谷支流(仮)沿いにある、暗渠めしのおはなし。

Sal1

最初にここを歩いたとき、もっとも印象的だったのはやはりこの階段でした。

Sal2

暗渠じたいもとても、狭くて、鄙びていて、よかったのです。

Sal3

それから、サル・キッチンのたたずまい。桐ケ谷支流(仮)沿いにポコンと建っていて、「てづくりシフォンケーキとかありそう」な、午後にだけ開いてるカフェ、みたいな印象でした。

いつかここでケーキを食べたいなと思いつつ、やがて、それが勘違いで、ここはコースのみのフレンチレストランであることを知ります。

                         ***

最初にサル・キッチンにきたときのことは、忘れることができません。
それは、その年にしては猛烈な台風の日でした。ひどい暴風雨で、翌週行った植物園では、こんなに木が折れまくったのははじめてだ、などと、職員さんから聞きました。桐ケ谷で食べると決めていた当日の朝、あまりに強い雨風に、訪問を逡巡したほどでした。

午後になると雨が弱まってきて、でも風がびゅうびゅうと吹いていて・・・そんななか、いつものように桐ケ谷支流(仮)の暗渠をあるいて、わたしたちはサル・キッチンに行ったのです。

その日は、わたしの誕生日だったから。
決めたことを覆すのも、好きではなかったし。

きっと誰もお客さんいないだろうね、なんて言いながら。でも着いたら、隣のテーブルには老夫婦と若夫婦という家族連れがいらしてて、ちょっとびっくりしたりして。

Sal4              その日のひとしな。モロヘイヤのスープのみどり色が、とても鮮やかだった。

食べすすめるうち、その老夫婦のだんなさんも、誕生日なのだとわかりました。「あ、そちらも誕生日(なのでこんな台風の中フレンチを食べに来ているというわけ)なのですね~(微笑)」なんて、ワインを傾けあって。
帰るころには、風もだいぶおさまり、あたたかな気持ちで歩くことができました。

                        ***

また行きたいなと思っていました。
なので、また、行ってきました。やっぱり秋に。

Salle1

東中野で降り、神田川が削った斜面を下ります。

東中野からサル・キッチンへのアプローチは、きっと何通りかあるでしょう。でもやっぱり歩きたいのは、

Salle2

ここ。

桐ケ谷支流(仮)のはじまり。

Salle3

ぐるぐる巻きの電灯、健在。

Salle4

この擁壁も好き。

Salle5

暗渠に面した入口。こんなふうな狭くてステキな暗渠に「面している」お店って、なかなかないんです。
小ぢんまりとした、民家を改装したその広さも、桐ケ谷支流(仮)にフィットする良い塩梅。内装は手づくり感があって、あたたかい。接客もあたたかい。

料理は素材が活きる、質実剛健なかんじ。

Salle6

この日もっとも気に入った一皿。
皮が感動的なほどにサクッ(その1秒後にじゅわっ!)と焼かれたノドグロ、その下に茄子のペースト。フレンチで茄子とは・・・!と脱帽。

Salle7

栗のケーキでお祝い。

この日は天気も悪くなくて、帰りみち、ウーロウロしました。

近くには桐ケ谷橋の欄干が残っています。以前も、仕事帰りのよるに、桐ケ谷橋がこのへんにある、という半端な情報をもってぐるぐる探したけれど、見つからない、ということがありました(その迷っていた場所は主にサル・キッチンの真後ろの公園でしたw)。

Salle9

とつぜん、置いてあるのです。この桐ケ谷支流(仮)に架かっていたに違いないもの。
暗渠であることの証明です。・・・暗渠沿いじゃないところに置いてあるのが、ちょっとだけ残念。

Salle8

桐ケ谷支流(仮)のランドマーク的コインランドリーは、こんなふうに豹変していました。
少し前に通ったときは、工事中のようになっていたので、なくなってしまったのだと思った。コインランドリーとして残っているだけ、よいことなのかな・・・?

ひょっこり、島のようになっているところがかわいらしい。

Salle10

神田川桐ケ谷支流(仮)をさかのぼってゆけば、いつしか桃園川からの分岐点。そのままさかのぼれば、小淀川。後ろに行けば、神田川。小淀川を歩き続けても、神田川。

いかようにも暗渠をたどり続けられる、帰りみち。

”暗渠めし”、きょうはちょっと、いつもと違う感じだったかもしれません。・・・こんな日も、あります。

<関連記事>
サル・キッチンに触れた記事→ 「小淀川を追え!2」 コインランドリーの以前の姿が載っています
神田川桐ケ谷支流と日本閣の誕生秘話→ 「日本閣と、逃げ出した鯉のはなし

|

« 西武安比奈線と水路たち | トップページ | 塩釜、おもいで、暗渠 »

1-8 さんぽ:その他の神田川支流」カテゴリの記事

3-2 特集:暗渠カフェ」カテゴリの記事

コメント

何か、ほっこりする話を拝見いたしました。阿佐谷から歩いて、東中野の桃園川をはずれた辺り、何気なく通り過ぎておりました。いつか、サル・キッチンを探しにウロウロしたいものです(笑)。過去のブログで日本閣の釣り堀と阿佐谷のあの釣り堀が親戚だなんて、初めて知りました。びっくりです。ためになるお話をありがとうございます。

投稿: bb5は最高 | 2013年11月26日 (火) 22時56分

>bb5は最高 さん

お久しぶりです!コメントありがとうございます。
東中野の南側あたりの風景、結構好きなんです。ぜひ、サルキッチンちかくをウロウロしてみてくださいな。

日本閣とあの阿佐ヶ谷の釣堀がつながるのって、なかなか衝撃ですよねえ。わたしも、大好きな話のひとつです。阿佐ヶ谷のあの釣堀、じわじわと縮小していますが、ずっとつづいていくとよいなあ、と思います。

投稿: nama | 2013年12月 1日 (日) 11時12分

はじめまして。いつも拝見させていただいております、tokyotankenと申します。
私も暗渠や川が好きで、杉並区の暗渠に興味があります。
勝手ながらリンクさせていただいたので、相互リンクよろしくお願いします。

投稿: tokyotanken | 2013年12月18日 (水) 11時19分

>tokyotankenさま

はじめまして。返信が遅くなってしまい、申し訳ございません。
最近は杉並の暗渠の記事が少ないですが、近日中に一本、上げると思います(執筆中)。また見に来ていただけましたら幸いです。
リンクの件につきましては、また後ほど改めて。

投稿: nama | 2014年1月 2日 (木) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/58617034

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠めし la Salle サル・キッチン:

« 西武安比奈線と水路たち | トップページ | 塩釜、おもいで、暗渠 »