« 藍染川根津神社支流(仮)と「あの砲台」 | トップページ | 蒟蒻島で蒟蒻を食べる »

あの娘が走った桃園川

今回は、ちょっと趣が異なります。

先日、庵魚堂さんからいただいた「動く桃園川が見られる」という情報(庵魚堂さんありがとうございました)。
それまで全然知らなかった「妹」という名の映画でしたが、即ポチしてしまいました。さっそく見てみると、かなり興奮の映像で・・・ストーリーというより、そこにある風景に、むかしの街並みに大興奮。今回の記事では、そこに出てきた桃園川まわりの風景を主に伝えていきたいと思います(日活のHDリマスター版より画像を拝借)。

いざゆかん、1974年の桃園川へ!

それは、映画のかなり最初の方に登場します。

Imoto1

林隆三の運転する車が、ある朝、この通りをぐんぐん走ります。

・・・どこだか、わかります?

Imoto2

それは、ここです。
高円寺南にある、エトアール通り。

いま西友がある場所にかつてあった映画館の名を冠した、エトアール通り。
桃園川が開渠だったとき、氾濫すると水がここまでやってきた、エトアール通り。

Imoto3

お気づきでしょうか、とんかつ「田むら」は、その頃からあるのです。
偶然にも、以前エトアール・ヨコギール支流のときにご紹介したのが田むらでした(絶賛している記事がコチラw)。

Imoto4

このエトアール通りを、林隆三は荷台に秋吉久美子を乗せながら走ります。秋吉久美子って、物心ついたときにはバラエティとかに出ている「なんか気の強そうな女性」という認識しかなかったのですが、若い頃はなんだかコニタンみたい(外見が)にカワイイ!!(コニタンはわたしにとってものすごい褒め言葉です。)

ここで見えている「田中カメラ」に、新聞屋さん(毎日新聞販売所)。1988年発行のゼンリン住宅地図には載っているんですが、今はありません。

Imoto5

エトアール通りのお店はずいぶん、入れ替わるか住宅になっているか、という感じで・・・。何度も映像を止めては凝視してみたのですが、どうも現存しているお店はほとんど無いみたいでした。
ただ、見上げれば看板建築だけは残っています。

Imoto7

早稲田からやって来た林隆三の車は、たぶんこの、桃園川極狭支流(仮)も通過しているはずです。
映像上はよくわからないけれど。

Imoto8

秋吉久美子は、エトアール通り上に居た犬に声をかけます。こんなふうに谷間をチラチラ見せながら。そしてここで車は左折・・・

この交差点、ちょっと地面がもっこりしていますよね。ってことは、

Imoto9

ここってことです。
写真右方向から桃園川支流が合流してくるので、その橋跡が地面にいまも残る交差点。

向こうがわに随分お店が見えましたが、いまは殆どありません。逆に右手前は当時「車庫」だったのが、現在レストランになっています。

支流に沿って左折した林隆三。その後どうするのかというと、

Imoto11

なんと桃園川緑道沿いに車を止め、天保新堀用水のほうへ歩いていきます。

実は、エトアール通りが出てきた時点でわたくし、アイドルが登場したときに絶叫するファンのようなテンションになってしまい、ここらへんはもうキャー!キャー!!ギャー!!!ってなってます(当然対象は風景ね、片手には地図)。

このビババウスというアパート、前掲のゼンリン地図には載っていました。が、今は一軒家&マンションになっていました。家は新しめだったので、もしかすると数年前までビバハウスはあったかも、しれない。。。

Imoto13

ビバハウスそのものはなかったけれど、周辺には映画と似たような構造のアパート群を見ることができます。

そしてしばらくこのへんをウロウロした林隆三は、

Imoto14

不機嫌そうに、天保新堀用水を歩いて帰ってくるのです・・・・!

うおぉぉぉぉおおお!!!

Imoto15

現在の風景。

いろいろ、違う。
でも、いろいろ、一緒です。

さて・・・後出ししようと思ってもったいぶってきましたが、桃園川そのものの画像もいきましょう。

Imoto16

カラフルな欄干(というより車止めかな)の残る橋跡。

り、リヤカー・・・。鉄塔の形ぃぃ・・・

最初画像をチラ見したときには、こんなにカラフルな桃園川は中野区に違いない、と思っていたんですが、

Imoto17

実は、ここでした。

高円寺南3丁目。東橋。奥に、天保新堀用水の暗渠が見える場所。

Ryokudoue

上流方向を見てみると、こんな感じ。桃園川は車道よりも少し下がってます。

Imoto19

今は、段差はありません。
だいぶ様子が違うのは、後に杉並区がここを緑道として整備したことによります。前掲のゼンリン地図ではここはまだ「公園」扱いでした(整備後に「桃園川緑道」表記になります)。
桃園川が暗渠化されるまさにそのとき、近辺では子どもの遊び場不足が叫ばれていて、この「暗渠上の公園」の登場はかなり歓迎されました。遊び場のことは過去にも書いてきましたが、また別記事で改めて触れたいと思います。
なるほど子どもらしい色彩の空間(次の画像は更にそんな感じ)。いまは、色合いからしても、大人たちの散歩の場所になっているというわけです。

さて、ここに車を止めた彼ら。
橋上でひと悶着あってから、

Imoto20

子どもたちが遊ぶなか、秋吉久美子が、走る、走る、走る!
林隆三、追いかける、追いかける!
子どもたち、ポカーン。

Imoto21

秋吉久美子、遊具に隠れる!
林隆三、手を伸ばして捕まえるゥゥ・・・秋吉、噛みつく!林、負けずに秋吉を引きずり出すゥ・・・

Imoto22

の、舞台だった場所がここです。

なんとまあ静かな。橋の袂のマンションだけが一緒です。

左手に材木店ぽいものが見えていたと思いますが、

Imoto23

そこは現在も材木店であり(正しくは当時は「(有)野中材木店」、現在は「(株)ノナックス」)、 材木は内側に置いてありました。

Imoto24

桃園川ラストショットはこれです。
この女性が立っている位置が、

Imoto25

だいたいココです。

Imoto26

・・・ええ、残っているんですよ、この欄干のようなものが。

それってスゴイことだと思うんです。杉並区部の桃園川本流は、とても落ち着いたトーンに統一するかたちで整備されたはずです。以前のカラフルな遊具が残るのは中野区のみ(支流も入れれば天保新堀用水にもありますが。それらも現在減少中)だし、こんなものが杉並区側に残っていることは、珍しいんじゃないでしょうか。

Imoto27

それを証拠に、お向かいはこのように撤去されています。
水色のペンキ痕だけをわずかに残して。

Imoto28

比較してみると、半分に切られて残された、という状態です。
・・・ここが映画のロケ地であったから、という理由で残されているのでしょうか?地元の方が懐かしんで、踏ん張ったんでしょうか。はたまた、区の善意でしょうか。・・・それとも、単に撤去忘れなのか。

いずれにせよ、良いものを見させていただきました。おそらく蓋がけ後の最初の姿である桃園川。子どもたちが遊具で遊ぶ風景。そして、その名残にまでつながるというお土産付き。

           

                        ***

エトアール通りに戻り、折角なので「妹」に映っていたお店でゴハンにしよう、と思いました。ところが、冒頭の画像にあるように、田むらのあたりからしか映っていないのです。そして、目視できるお店で、今残っているものがないのです・・・。
田むらの隣に信濃という蕎麦屋がありそこそこ古いのですが、ここも映画のときには違う店名でした。

仕方がないので、エトアール通り上に当時も「あったであろう」店に行くことに。となると、田むらよりも東側にあるお店も候補になるので、あまから亭、いろは寿司、富士川食堂なんかも射程内に入ってきます。

Imoto31

選んだのは、天ぷら天米でした。創業50年強らしいので、確実にその頃からあったお店です。店内、入ってみるとたしかにそういう雰囲気。
天丼中心のメニューは二千円前後と思いきや、お得な丼がいくつかあって、

Imoto32

これは海老天、魚天、ホタテ天、ししとう天が入って800円。ホタテとかぷりっぷりで美味しかったです。コスパ良い!タレがちょっと辛めの濃い目で、ビールも欲しくなりましたよ・・・満足満足。同じ日、北口にある「天すけ」は長蛇の列だったのにここはガラガラで、もっと応援したくなりました。米粒と一緒にむかしの風景をかみしめるのにも、良いお店だと思います。

映像には出てこなかったけれど、秋吉久美子を乗せた車は、きっとこの店の前も通ったでしょう・・・。

映画に出てくる桃園川暗渠。そんなの、見たことが無い。と思っていましたが、流域は杉並中野、支流も含めれば結構な広さ。もしかすると、何処かでひっそり、映っていることもあるのかもしれませんね。

|

« 藍染川根津神社支流(仮)と「あの砲台」 | トップページ | 蒟蒻島で蒟蒻を食べる »

1-1 さんぽ:桃園川」カテゴリの記事

コメント

更新お疲れ様です。

元々あまり映像ものを見てないほうなのですが、
最近Gyaoとかニコニコ動画で昔の邦画とか特撮を見てると、
けっこう暗渠とかドブ川が出てくるのが気になってます。
キャーキャー言いたくなるのがすごくわかります(笑)。
撮影所のまわりなどは元々出てきやすいのだそうですが・・・。
川跡視点からの邦画リスト作ったら面白そうですよね!

投稿: しかすけ | 2013年2月24日 (日) 23時16分

すごーい。
街並みがあらかた変わってしまった中で、変わっていないものが映像と同じにに残っているのは嬉しいもんですね。
それにしても「ビバハウス」ってのが、劇中のダミーではなくて実在するアパートだったというのには笑いました。なんとものどかな時代だなあ。

で。やや唐突ですけど、暗渠探索ってのは考現学であると同時に考古学だと思うんです。現状を見るだけではわからなかったものが、少し遡った視点から見てみると、いろんなものが見えてくる。でも実際はたかだか40年か50年がなかなか遡れないわけですが、こんなところに映像記録が残っている、というのは楽しいものですよね。

投稿: 庵魚堂 | 2013年2月25日 (月) 02時19分

>しかすけさん

ありがとうございます。
そうですよねぇ、ちょっと古い映像だとむしろ川や溝を探しちゃったりしますよね。わたしも映像ものを見る絶対数が少なく、故に見つけられていないのですが、「濹東綺譚」「どぶ」などはドブ目的で見ましたw。やはり水面が出てくると興奮します。ほか、昔の映画を録っておいたもの、今回「妹」と併せて買ったもの、うちに在庫は多少はあるのですが、見る時間があまり無くて・・・(時間ができると外出してしまうので;)。川跡視点のリスト、あったら面白そうですね(庵魚堂さんだったら、既にたくさん情報を持ってそうですw)!自分はこんな超牛歩ですが、少しずつ作るので、いつか見せっこしましょうよww


>庵魚堂さん

ほんとうです、あれこれ違うのに名残はあって、うれしいものでした。わたしも「ビバハウス」は妙に新しくて浮いた表札だったので、ダミーだと思っていたため、ゼンリンで見つけたときにはちょっとおもしろかったです。
考現学と同時に考古学、同意します。遡って見えてくることへの興奮は大きな要素だと感じています。しかも自分の場合、その4、50年というのが丁度ツボらしく(最早どっちがニワトリかはわかりませんが)、その短い期間における川の役割変化、を見るのがどうも好きみたいです。今回は暗渠化直後の姿を視覚的に捉えることができて、素晴らしい体験でした。文献上知っていても、眼で見ることのインパクトはまた異なるものですねぇ。改めて、ありがとうございました。

投稿: nama | 2013年2月25日 (月) 11時19分

1974年の風景、懐かしいです。私の記憶ですが、1974年ごろは杉並区と比べると中野区の暗渠上の方が整備が遅れてような気がしますね。『妹』で見る杉並区桃園川暗渠画像よりは、中野区側はもっと閑散としていた記憶があります。中野区の方が川幅も広いのでそのような印象になってるのかもしれませんが。。。

それと、1974年の古い画像を見ていると、次は開渠の桃園川の画像を無性に見たくなります。
以前どこかのサイトで1~2枚ですが杉並区内の桃園川開渠写真を見たことがありますが、中野区内の開渠写真は未だ見たことがありません。ネットで探しても見つかりません。(昔の航空写真は別として)
nama様、開渠写真が見れる場所(サイトなど)は無いのでしょうか???
あったら是非教えてくださ~い。m(_ _)m

 

投稿: 谷戸っ子 | 2013年2月27日 (水) 16時42分

>谷戸っ子さん

こんにちは。懐かしんでいただけてうれしいです。中野区の方が整備が遅れていたかもしれないんですか。たしかに、その時期の杉並新聞と中野の区報等などを比べると、中野の方が暗渠化・公園整備いずれも話題として登る回数・熱気ともに少ない気がします。同じ年代の暗渠写真を見比べてみたくなりました。

で、開渠時代の写真なんですが、わたしもネット上で見られたのは、すぎなみ学倶楽部のものくらいしか今思い出せません。。
http://www.suginamigaku.org/content_disp.php?c=440cffff8de97
ここで「桃園川」で検索すると出てきますよ。
開渠ではありますが、杉並区内の写真ですよね・・・。

中野写真資料館にないかなー、と思ったんですが、無いみたいでした。
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/photo_museum/index.html

ネットじゃないですが、右サイドバーに載せてあるおススメ本の中の「昭和30年代の杉並中野」にも桃園川開渠の写真があります。が、これも中野だったかどうか確認してません。。

「目で見る〇〇区の100年」シリーズ、中野区が出てたら期待できると思ったのですが、どうやら中野区は刊行されてないようですねぇ。
http://www.mcci.or.jp/www/kyodo/zenkoku_s/medemiru.html


お力になれずすみません。。


投稿: nama | 2013年2月27日 (水) 17時39分

nama様、

そうですか、やはり中野区内の桃園川開渠写真を見つけるのは無理そうですね。というよりネット上には公開されてないようですね。

開渠時代の橋上で撮った写真や川面を写した写真は、川沿いにお住いの年配の方のアルバムの中にはきっと収まっていることでしょう。。。そのような写真すごく見てみたいです。

「昭和30年代の杉並中野」の本は期待出来そうですね。
買ってみようかな?

nama様、いろいろ調べて頂き有難う御座いました。


PS.自分の記憶の中には動画のような動く記憶は無いですが、静止画状態での開渠の記憶は数カット残っています。でも随分昔に見た桃園川ですから、いくら思い出そうとしても細部まではハッキリと思い出せない見えてこないのです。だからですかね?開渠写真を見たいと思う欲求が強いのは。。。(笑) 

投稿: 谷戸っ子 | 2013年2月28日 (木) 01時55分

>谷戸っ子さん

いえいえ、お探しのものを見つけられずにごめんなさい。「昭和30年代の杉並中野」、帰宅後確認してみましたが、やはり桃園川(台風直後の写真で、梯子式開渠でした)はどの位置のものかわかりませんでした。今と違いすぎて・・・。
谷戸っ子さん、開渠の桃園川の記憶がおありなのですね。とてもうらやましいです。分けてもらいたいくらいです(笑)。
ところで、このやり取りを通して「そういえば開渠の頃の写真って杉並区のしか見たことが無い気がする」と思いはじめ、資料を漁って確認してみました。そうしたら、一枚だけ、中野区内の桃園川の開渠写真(昭和36年頃)がありました!なかの区報のコピーで、さらにそれをスキャンするので画質がだいぶ下がるかもしれませんが、それでもよければ、後ほどメールでお送りいたしますよ。

投稿: nama | 2013年2月28日 (木) 09時26分

nama様、

昭和36年の開渠画像、絶対見たいです。
メールアドレスですが今回記入しましたアドレスになりますので、そちらに送って頂けますでしょうか?

お手数お掛けして申し訳御座いませんが、宜しくお願い致します。

投稿: 谷戸っ子 | 2013年2月28日 (木) 23時42分

>谷戸っ子さん

了解しました!

投稿: nama | 2013年3月 1日 (金) 09時35分

開渠写真、有難う御座いました。もう感動です。
写真見て瞬時に場所が分かりました。
撮影者の位置は上町橋の上からか?、または、上町橋脇の川沿いの家から三味線橋方面を撮ってますね。

この写真で一つ謎が解けたような、いやいや、よけいに分からなくなったことが一つあります。(笑)

後ほど上記の謎や私の少しばかりの開渠時代の記憶をメール致しますので暇な時にでも読んでやってください。

投稿: 谷戸っ子 | 2013年3月 1日 (金) 18時53分

>谷戸っ子さん

あの写真、私には場所がどこだかわからなかったので、瞬時にわかるというのはやはり流石です。たしかに三味線橋の手前はああいうカーブですね!言われてやっとわかりました。
鮮明な記憶を多々お持ちで、宝物のような素晴らしいメールを興味深~く拝読しています。沢山の情報をありがとうございました。返信はもう少し後になるかと思いますが、お待ちいただければ幸いです。

投稿: nama | 2013年3月 4日 (月) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/56832267

この記事へのトラックバック一覧です: あの娘が走った桃園川:

« 藍染川根津神社支流(仮)と「あの砲台」 | トップページ | 蒟蒻島で蒟蒻を食べる »