« 桃園川銭湯巡礼 その4 香藤湯と酔処三輪 | トップページ | もうひとつの藍染川の、ものがたり »

谷田川与楽寺支流(仮)と「あのラーメン」

谷田川支流下りを再開します。
流れで「あのラーメン」なんて書いちゃってますが、これで何処のラーメンか予測がついた人がいたらすごいことです。ラーメンについては、後半に。

谷田川について調べていたとき、田端あたりの土地勘が無いわたしにとって、いくつもある「坂」が、谷田川の谷のものなのか否か、ピンときませんでした。なかでも田端駅の近くに少し前まで湧水があった不動坂があるとされ、それがどちら向きなのかは見に行かないといけません。

Yoraku1

谷田川の谷底から、いったん尾根まで上がります。すっごい切り通し!

ちなみにこのちょっと南に、谷田橋がうつされた田端八幡神社や、赤紙仁王の東覚寺があります。
最近知ったことですが、かつては東覚寺にも湧水があり、相当の水量があったということなのです(住職談)・・・もしかすると谷田川に流れ込んでいたかもしれません。東覚寺そのもの、そして付近の風景は道路新設のためにずいぶん改変されたようで、何度か歩きましたがあやしげなものは感じませんでした・・・。

Yoraku2

前述の、不動坂。
北向きでした。ふーん、じゃあ谷田川は関係ないのね・・・って、いうわけでもありません。

そういえば谷田川沿いにある神社のうち、水神社よりも風貌を気に入っているものがあります。

Tabatahudo

田端不動。このあやしげな存在感。
実はこの田端不動、もともとはさきほどの不動坂にあったのでした。不動坂には”不動の滝”という湧水が池となって、さらに滝となって下に落ちていた場所があり、その不動の滝に田端不動が祀られていたそうなのです。
明治45年に田端駅拡張工事があったとき、田端不動はまず谷田川通りに移され、つぎに昭和10年に谷田川の改修(暗渠化)工事があり、そのときに現在の位置に移されたのだそうです。
もともと神社があった場所の、滝はいつしかなくなり、スリバチのような沼が残り・・・、そして沼もなくなり・・・そのスリバチのような沼には芦が茂り、ヒルが棲み、フナや沢蟹などがとれたのだそうです。

Yoraku3

いまの風景。不動坂の石垣はジメジメとしていて、寒冷地の高山植物が生えていた、などという記述も見ましたが、わたしが行ったときには見当たりませんでした。

さて不動坂は北向きだったわけですが、高台を挟んで向い合せになっている「与楽寺坂」が、谷田川の谷に降りていく坂です。

近代デジタルライブラリー、”瀧野川村大字田端字東居村”を見てみると、明治期には与楽寺坂に水路があったことが示されています。ちょうど、与楽寺の少し北で始まり、与楽寺の前を通り谷田川に注ぐので、与楽寺支流(仮)と名付けることにしましょう。

Tabatamap

地図(yahooさんありがとうございます)にプロットすると、このような感じです。谷田川・藍染川暗渠は、痕跡が少ないものが多いので・・・はてさて、この支流のかおりは、いまどのくらい残っているのでしょうか。

Yoraku4

始点はこのあたり。
右に向かって谷田川へと下る谷が続いていくのですが、ここらへんでグ、グッと地面に食い込んでいきます。前掲の地図では西側にもうひとつ上流端が分かれていますが、そちらは歩いた感じでは痕跡を感じませんでした。・・・水源は何であったのか。排水路なのか、崖からの湧水であるのか、いまのところ不明です。

Yoraku5

下っていきましょうか。
しっかし、急だな~!

Yoraku6

擁壁にはこんなものが埋まって、というか突き出て、というか。味わい深し。

Yoraku7

水たちはシャーっと下ります。
左手には与楽寺の敷地がつづきます。
与楽寺といえば、「賊よけ地蔵」。その昔、寺に賊が押し入ったとき、お地蔵様が僧に変身して追い払った、という言い伝えがあるようです。盗賊というより賊っていう響きの方がなんとなく好きだな。。

Yoraku8

お、またあった。
古~い排水管は、与楽寺支流(仮)の隠れ名物かもしれません。

Yoraku9

谷がなだらかになってきました。
与楽寺の門を通り過ぎます。境内はむかし子どもの遊び場だったそうですが、今はしぃんとしています。

Yoraku10

しぃんとしているのは、境内だけではなく、その向かいがこんな更地になっていることも関係するかもしれません。奇妙にスカッと空が抜けています。ここだけ、違う街みたい。
位置的には東覚寺前にできたあの道路の延長という感じがします。谷田川沿いに、今後数年おきにこういう風景が広がるのでしょうか・・・

ちなみに、与楽寺の近くには脳病院があり(たしかに近デジの地図上にもあります)、現在でも病院の厚い鉄骨の残骸が残っている(注意して見ると)、という記述を見かけましたが、このときは気づきませんでした。はたして今も遺構はあるのでしょうか?

Yoraku11

与楽寺支流(仮)はここを通り(おっ、クリーニング屋さん)、

Yoraku12

気になる木の前も通り過ぎ、

Yoraku13

カクっと曲がり。
この奥だけ、道ではなくなるようです。

Yoraku14

僅かに開いたこの隙間が与楽寺支流(仮)の下流部分です。
これまでずっと「道」だったのに、豹変しましたね・・・僅かに側溝のようなものがあります。通れないので、反対側に回ります。

Yoraku15

・・・すると、

Yoraku16

水路跡が残っていました!
ただの、雨水用の側溝に見えるかもしれませんが、この微妙~な凹み具合と違和感たかはら支流中流部の、”家の余りもの持ち込み護岸”あたりの凹み具合を彷彿)。もう、すぐそこに谷田川通りがあります。最後の最後に暗渠らしさが味わえる、もったいぶった支流さんでした。

                       ***

ほかにも、谷田川沿いのいくつかの風景は失われていました。

Konkuri

コンクリート工場(砂利だっけ?)。

Sumitomo

最初に谷田川を下ったときにはあった、大日本住友製薬の建物があったところは長いこと工事現場です。
あいかわらず、嗚呼写真に撮っておけばよかった、とか、嗚呼もっとキレイに写真に撮っておけばよかった、とか、後悔したりしています。

                       ***

                     

・・・さて、ゴハン。
いま歩いてきたあたりには、【賑やか暗渠】谷田川暗渠にしては珍しく、そんなにお店がありません。もうちょっとだけ足を延ばすと、よみせ通りに入り、食べ物がいろいろ出現します。
もう少しだけ歩き、へび道入口にある、とても気になっていたお店に行くことにしました。

Tonami1

中華、砺波
すでに味わい深い外観。

しかし砺波が気になっていた理由は、外観よりも、これでした。

Tonami2

かにつめラーメン・・・。
かにつめフライ×2と、鳥唐が乗っているように見えます。

解説しよう。わたしは蟹がとても好きなのです。そのために蟹ヶ谷にだって行くくらい。
かにつめは、蟹らしさが少ないのでそんなに好きではありませんが、それでも「かにつめラーメン」のこの引力は異常。

入ってみました。内装、期待に応える昭和ぶり。良いです!ほか、焼売ライスやコロッケライスといった、惹かれるメニュウもあり。
いやいや、ここは初心貫徹で「かにつめラーメン下さい!」

Tonami3

どーんwww
サンプルよりもかにつめが増えてるパターンwww

かにつめは、良くも悪くもかにつめフライでした。で。ラーメンは非常にシンプル。そっけないくらいにシンプル。でもね、これが悪くないんですよね・・・。むしろこれ好きかもw
けれど、悲しいかな最後の一口まで、かにつめフライとラーメンの一体感はありませんでした。

ラーメンをすすっていると、隣の席に外国人夫婦が着席しました。ガイドブック片手に、日本語は喋れないご様子。
えっ・・・なぜこの店に・・・?向かい側には蕎麦屋さんがあるし、いろいろお店はあるだろうに・・・なぜ?
ちょっと驚いていると、お店のおばちゃんは手慣れた感じで、お店の外にその外国人さんを案内し、サンプルから食べ物を選ばせています。なにこの慣れてる感じ・・・まさかここはガイドブックに載っている有名店なのか??

もう目が離せなくなり、しばらく座っていました。彼らは天津麺と、餃子を頼んでいました。箸を巧みに使い、ラーメンをお椀に取り分け・・・しかし次の瞬間、そのお椀の中に大量の醤油とラー油を・・・!!!ヒィィィィやめてぇぇぇ・・。女性の方は、ラー油がうまく注げないご様子。そこに、お店のおばちゃんがやってきて、「こうやるのよ」と親切満点の笑顔で女性のラーメンの上にラー油をどぼどぼ振りかけます。・・・ポーカーフェイスの奥底で悶絶するわたし。
更にそのあと、おばちゃんはお店の電話で、長電話を始めました・・・すごい大声で。外国人夫婦もわたしも、帰りたいのに帰れない。なんというすごい店なんだろう、ここは。蟹に導かれた素敵な出会いに、満足して琵琶橋を渡って帰ってまいりました。

谷田川暗渠沿い、実は濃い店が点在しているのかもしれません。
さて、次回は位置をちょっと変えて、藍染川のもうひとつの物語をお話しする回にしたいと思います。

<参考文献>
東京都北区郷土研究会「北区百話」
田端郷土史編纂委員会「田端郷土誌」
「北区史」
近代デジタルライブラリー(web)

|

« 桃園川銭湯巡礼 その4 香藤湯と酔処三輪 | トップページ | もうひとつの藍染川の、ものがたり »

1-9 さんぽ:その他の暗渠」カテゴリの記事

コメント

おお、ここはww!
あのカニ爪ラーメンたのむとは!さすがnamaさん!
面白すぎる~

ここグルメ本に「行かなきゃいけない無名店」として掲載されたんです。近所なのですが何年もまえに行ったきりでした。

#ちなみにいい加減な本でした。:-p

投稿: 大佐 | 2012年12月20日 (木) 11時20分

>大佐

「あのラーメン」に反応してくれる人がいたwwwありがとうございますw
いや、あのサンプル見ちゃったらもうこれは食べるしかないでしょう!大佐も蟹爪も食べましょうよw

グルメ本に載ってたんですね~。載り方がまた素敵です。そしてあの外国人夫妻がそれを参考にしてきてたら、なんかすごいですね~w

投稿: nama | 2012年12月21日 (金) 12時46分

「ヒィィィィやめてぇぇぇ・・」の所で吹いてしました^^

投稿: YKK | 2012年12月24日 (月) 20時30分

>YKKさん

ありがとうございますw
外国人夫婦は、この味付けを頷きながら食べていたので、そこそこ美味しいと感じていたんだろうな~と思います。いやぁ文化って色々ですね。

投稿: nama | 2012年12月25日 (火) 10時22分

初めて拝見しました。とても面白かったので更新したら観ます。

投稿: ファンネル | 2013年1月 5日 (土) 02時52分

>ファンネルさま

はじめまして。どうもありがとうございます。
週1~2くらいは更新したいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

投稿: nama | 2013年1月 6日 (日) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/56267665

この記事へのトラックバック一覧です: 谷田川与楽寺支流(仮)と「あのラーメン」:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/12/21 09:08) [ケノーベル エージェント]
北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2012年12月21日 (金) 09時06分

« 桃園川銭湯巡礼 その4 香藤湯と酔処三輪 | トップページ | もうひとつの藍染川の、ものがたり »