« 善福寺川支流まんぷくツアー 後編 | トップページ | 直江津、海のちかくの水路たち »

泣く子も黙る浜町川 昼間編

夜の浜町川の記事を書いたことがあります。
そのとき、わたしは浜町川跡の持つ雰囲気に酔いしれ、それを文面では伝えようとしていたのですが、如何せんカメラが貧弱。それから、あのとき途中で帰ってしまったことも悔やまれ、新しいカメラも買ったことだし、と、撮り直しに行きたいなと思っていたのでした。

Hama1

水天宮前で降り、前回と逆向きに辿ろうと思います。
水天宮前の駅の上は、高速道路だらけ。わたしは橋裏への興味は朧ですが、龍の腹のように見えるものだけはカッコイイと思っていて、ここなんかもまさにそう。

箱崎JCT?・・・箱崎という地名、車に乗ってる時に見かけたことがあるくらいでしたが、下はこんな感じなのねー。

Hama2

さあ・・・浜町川の付け根だ、と思っている場所に到着。以前歩くのを止めた浜町川跡から、まっすぐに隅田川に向かって伸ばした位置です。うまい具合に、そこは下水道局の敷地で、ポンプ所がありました。

Hamapomp

隅田川側から見ると、こんな感じです。水門♪onoさんサンクスです。

後から知ったのですが、ここは浜町川ではなく、箱崎川の支流でした。水天宮前を東西に走る道路(さっき見上げていた高速の下)が箱崎川跡で、隅田川から分かれ、日本橋川と交差して亀島川へと向かう水路でした。箱崎川には橋の遺構もあったようで、そのうち見に行きたいものです。
そしてこのポンプ所~箱崎川に至るまでの短い区間を流れたのが箱崎川支流。つまり、箱崎川を挟んで川の交差点のようになっており、向こう岸からが浜町川なのでした。

Hamafoto

昭和38年の航空写真を使ってみると、わかりやすいと思います(gooさまありがとうございます!)。

なお、箱崎川支流の右側に、「中州」という場所があり、古くから納涼や観月の名所であったといわれます。もとは砂州だったのが江戸期に埋め立てられて歓楽街となったのですが、その後、土砂ごと撤去されてしまいます(洪水被害説と寛政の改革説あり)。その後、また土砂が堆積して中洲が甦り、100年後くらいにまた埋め立てられ花柳街に・・・という、時代によって地面があったりなかったりする興味深い場所です。

箱崎川支流は、最終的には昭和45~47年に埋め立てられ、現在は上述のポンプ所と、首都高速道路(株)のビルとなっています。

Hama4

これが首都高速道路(株)の敷地あたり。水天宮駅そばにあるシティエアターミナルの、リムジンバスも止まっています。奥に、水色の下水道局の建物が少しだけ見えます。

Hama5

たしかに、浜町川緑道はもう少し北東の、ここからスタートしているのでした。
目の前の道路は、箱崎川跡です。そして奥に見える公園のような土地が、浜町川跡です。

Hama6

浜町川緑道のすばらしいところは、高速の裏側を眺めながら歩けるところではないでしょうか。独特の風景が広がります。

Hama7

ラジオ体操、ここでやられるんでしょうか。

Hama8_2

親水空間もありました。水は溜まっていたり、いなかったり。

Hama9

頭上の道路は、降り口なので段々地面に接近してきます。その、ぎりぎりまで公園でした。ここ、今は閑散としていますが、昼時に通ったらまあまあ人がいました。

その先は閉じられた空間になり、天井が地面にくっついて終わります。

Hama10

上にあった道路はこんな感じ。狭く思えたけど、2車線もあったのか。

Hama11

さあ、今度はさらにしっかりした緑道の始まりです。会社員に近所の親子連れ、けっこう人が通ります。

Hama12

緑道って単調なので省略しますが、最後の方に親水公園がふたたびありました。

Hama13

緑道から見える位置に、カナダの物産店”チーナジャパン”があって、・・・なんとなくそういうの、わたし避けて通れないんですね。なので、思わず入って物色。メープルスプレッドとメープルキャンディを買いました。ほんとは、(この後用事がなけりゃ)冷凍庫にあったスモークサーモンや、”スモークサーモンクリームチーズパテ”と冷凍のベーグルを、あるいは”オマールロブスターみそ”とワインを、なんて買ってウキウキするのもよかったんですが。

緑道に戻り、ぼんやりと歩いていると、やがて道が途切れ、ちょっと違和感のある場所に出ます。

Hetui

ここ。正面の建物はこれまで緑道だった場所の延長上、つまり川の上に唐突に出現します。脇にはさりげなく、暗渠サイン度の高い防災倉庫。・・・違和感あるところ、何かがあるというものです。

・・・この場所から、”竃(へっつい)河岸(かまどを扱う店が多かったため命名)”という水路が人形町の駅の場所まで走っていたそうです。
この竃河岸は元吉原を囲む水路の一つ(南端)でした。つまり、いま立っている場所から左奥に、吉原があったということになります。
そして、吉原が浅草に移転した後、廓を囲む水路は埋められたのですが、この竃河岸だけが残り続け、蛎殻にあった銀座でつくられる貨幣の資材を輸送する水路として機能していたのだそうです。

Hama14

竃河岸の分流地点から先に進むと、さっきの建物が消防署だったことがわかります。斜向かいにも消防署があるというのに、川跡の真上に建物がデーン。

Hama15

前回の記事では歩くのをストップした場所に出ます。久松小学校脇。

Hama16

その道の左側には小公園があり、小さなプールがありました。
ここ、時間帯によっては向かいの小学校の子どもたちで大賑わいだったりします。夏には彼らは、プールでジャバジャバ遊んでいるのでしょうか。

そんな無邪気な空間のすぐ近くに、元吉原がありました。

Hama17

浜町川跡から南西にちょっとだけ行くと、いまも花街があります。
地図をたよりに、見番があるらしき場所に行ってみると・・・、ありました、芳町組合!

この場所は江戸時代には葭などが茂っているだけの沼地であったといいます。その沼を埋めて周囲に堀を巡らせた遊郭をつくり、葭原(のちに吉原)ができました。その後、40年ほど、火事により浅草の同じく低湿地に移転するまで、ここは艶っぽい場所だったわけです。

吉原移転後、この地は近くにあった芝居小屋関連で盛り上がります。その中には陰間茶屋(男色目的)もあったけれどやがて天保の改革でつぶされ、その後は色は売らず花街に。優れた芸者のいる芳町は、花柳界でも上位の場所となっていたようです。

Hama18

見番のお向かいには料亭、浜田家があります。優良店マークつき(というか、☆つき)。創業は大正元年で、以前は芸者屋の屋号だったとのこと。・・・芳町花柳界の料亭はどんどん廃業していってしまい、いまやここが唯一の料亭なのだそうです。
一軒だけなのか・・・でも近隣をうろうろしていると、まだそれらしき建物が残っているように思えました。

・・・暗渠ついでに、色々食べ歩くこのブログですが、さすがに料亭食べ歩きはちょっと。かわりに、人形町界隈で気になる飲み屋さんを何軒か見つけました。

Hama19_2

トレンドスポットくじらい。・・・トレンドスポット・・・?

Hama20

おでんナポリ。
おでんナポリ、うどんナポリ。
四ツ谷の某飲み屋さんに「うどんナポリ」というメニューがあったことを即座に思い出しました。うどんナポリは、うどんのナポリタンであり、紛うことなきうどんナポリでした。てことは、おでんナポリとはっ・・・!?

Hama21

ここは以前の記事で触れていたきしめん屋さんだと思います。今も浜町川沿いにおなじく店舗はあるのですが、開いているのを見たことがありません。ここに移転したってことなのかな。一度食べてみたいものです。

Hama22

へんな場所に稲荷。

Hama23

人形町探索はこのくらいにして、浜町川に戻りましょう。

逆向きに歩いていたので気づくのが遅れましたが、問屋橋商店街が変わらぬ姿で其処にありました。ちなみに、問屋橋商店街の延長線上に、水道局のテレメータがありました。

問屋橋商店街の真ん中に、振り返り美猫。

Hama24

川の上ばかり通っていますが、たまには脇から見た風景も。横からちらりと見る問屋橋商店街は、周辺のオフィスビル群に比べるとやはり独特の雰囲気でした。

オフィスビル群、と描写してしまいましたが、この付近はさっきから呉服屋さん系の会社が多いです。

Hama25

その先、浜町川から見える、気になったうどん屋さん。
昼、しかも短時間しか営業していないようなのが、な~んか、におう。ここは美味いんじゃないだろうか?

Hama26

日を改めて行ってみました。十文字屋
カレーセット500円也。立ち食いです。
蕎麦もあったけど、麺は、かけうどん也。で、メニューにあったとり天を追加したら、もう売り切れちゃっているとのこと・・・。そこでわたしがガッカリした感を出してしまったのでしょうか(努めてクールに居るはずなんですが)、おばちゃんが「あなた、天かす好き?うちの天かすはね、自家製でかき揚げのときに出るやつでね、野菜とか入ってて美味しいのよ~」なんて優しい言葉をかけてくれたのです・・・!!もちろん「好きです!」と答えて天かすをいっぱい入れてもらい、出てきたのがこのかき揚げうどんみたいな外観のかけうどん。
あ、うまいわこれ。出汁も、うどんも実にいい塩梅。天かすももちろん。うまい!
汗かきながら食べました。大満足。

Hama27

その向こう、商店街みたいになってます。
浜町川跡の中でも、比較的お店が密集している場所です。

Hama28

かと思うと、少し行っただけで一挙に暗渠っぽくなります。
これはこれで、ものすごく落ち着く。

Hama29

地面がきれいだな・・・。右のマンションとか、めっちゃ最近建った感じですね。
ここら辺は右手に馬喰町があり、衣料系の問屋さんがずらり並んでいます。問屋街って本当に好きさ・・・この道沿いにも、繊維ビルなんてのが建ってたりします。

Hama30_2

竜閑川との合流地点に出ます。
左側に竜閑川児童公園があり、その向こうにいい感じのみち(竜閑川)が続きます。浜町川とL字型につながり、輸送路として機能していた時代もあれば、連結が無くなった時代もあり。今は、道として(公園を挟んで)つながっています。

・・・ん?なんか、奥が工事現場っぽくなっている気がするんですが・・・。

Hama31

え!

嗚呼・・・。そこにあった昭和の名残”橋本会館”が、なくなっているのでした(橋本会館についても前記事参照)。
まだ在った頃、といっても、既にお店は営業しているようには見えなかったので、亡霊のようなものだったかもしれません。そのとき撮った写真はあまりにもぼやけていて、もう一度撮りたかった、せめてもう一度見たかったのに・・・。

橋本会館は、今や「昭和幻景」の中でのみ、見る風景となってしまいました。

Hama32

その横を通るとき、工事のために期せずして極セマな暗渠道風になっています。

Hama33

さて、大和橋ちかくまでやってきました。

問屋橋商店街で見かけた茶トラにそっくりな猫がここにもいて、追いかけたら、その先にまたそっくりな茶トラが3匹もいて。浜町川は茶トラ頻出地帯みたいです。

Hama34

よっぽど停められたくないらしい・・・

Hama35

そのさき、靖国通りを渡ると、駐車場になってます。

Hama36

通れたり通れなかったり。こんなふうに入れなくなって、もう一本道を渡ると駐車場があって、その先に分流地点があります。

Hamakakou_2

神田川から見た、浜町川の水門。植物に覆われ、ひっそりとあります。

最後に、今回の行程を。

Hamachomap

”浜町川”の”浜町”は、隅田川の端にあったため(もしくは昔海浜だったため)についた俗称で、明治以降に町名になったものです。そして、その浜町一帯(葭しかない沼地だった)を造成するときに、排水路として開削されたのが浜町川です。向きとしては神田川→箱崎川、のようです。
その開削と埋立の歴史については、前回の記事に譲ります。
龍閑川よりも深く広い、立派な水路で、運河としてずいぶん使われていたようですが(確かに現役時の写真を見ると、随分広く、小舟が両岸に悠々停まっていました)、戦後は不要とみなされ、瓦礫で埋め立てられました。前の記事に書いたように、ヒトの都合で造られ、そして埋め立てられてしまった川。

Hamafoto2

埋められてゆく浜町川・・・
(gooさんありがとうございます)

杉並の暗渠の持つそれとはまた異なる、場所ごとの味わいが目くるめく変化する川でした。橋本会館がなくなってしまったように、浜町川自体も目くるめく変化を遂げている、今まさに最中なのだと思います。

<参考文献>
「川跡からたどる江戸・東京案内」菅原健二
「消えた大江戸の川と橋」杉浦康
「昭和幻景」藤木TDC・イシワタフミアキ
「中央区 歴史・観光まち歩きガイドブック」中央区
「東京人 花街・色町」
「東京花街・粋な街」上村敏彦
「水のまちの記憶」中央区立郷土天文館

|

« 善福寺川支流まんぷくツアー 後編 | トップページ | 直江津、海のちかくの水路たち »

1-9 さんぽ:その他の暗渠」カテゴリの記事

コメント

寿々木屋のきしめん、かなり旨いですよ~!(*^-^)

投稿: ジプキン | 2012年6月26日 (火) 01時39分

>ジプキンさん

さすが、ご存知ですね~。「かなり旨い」と聞くと行かずにはおれません!これは、何かの〆に、食べに行かないとっ・・・

投稿: nama | 2012年6月28日 (木) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/54996105

この記事へのトラックバック一覧です: 泣く子も黙る浜町川 昼間編:

« 善福寺川支流まんぷくツアー 後編 | トップページ | 直江津、海のちかくの水路たち »