« 紅葉川をねちねちと歩く その11 嗚呼感動の砂土原町支流(仮) | トップページ | 紅葉川をねちねちと歩く その12 熱海湯支流(仮)と温泉山 »

暗渠さんぽのおとも~あるきたべ・ほっこり秋冬編~

久しぶりに、暗渠さんぽをしながら食べたものたち=あるきたべ特集をしたいと思います。
今回は、秋冬にちょっとあたたまるような、あたたかそうな食べものたちを・・・。

いつかのさんぽで、食べたもの。

まず1つめは、わたしにとって堪らないビジュアルのコレ。

Tabehaku

とりの唐揚げ&揚げじゃがの串! on 指ヶ谷支流(仮)。
じゃがいもが大好きで、北関東の名物「イモフライ」なんて差し出されたらめちゃめちゃ幸せになれるわたくしです。とりの唐揚げだって、先日食べ放題100円のお店に行って唐揚げまみれになったくらいには好きです。
だから、夢のようなコラボ商品。売ってるお店がこりゃまた良い。

オリムピック、というレトロなパン屋さんが白山にあります。

レトロパン好きの方にはたまらないようなラインナップだったり、
「水ようかん」が挟んであるシベリアがあったり、
安売りパンの詰め合わせが端っこからわたしを呼んでいたり、
なぜかレジのところにヤキソバまで売っていておいしそうだったり、
パンの袋も素敵に昭和感。

そんな、油断ならない店です。・・・会計時に、この串を見つけて(しかも90円とかだったんじゃないかな)、小躍りし、そして指ヶ谷支流(仮)沿いで早速パクついたわけです。
この片手で持てて小ぶりなサイズは、まさにさんぽ向きと言えるでしょう。

つぎは、

Tabeen

ひとくちカニクリームリゾットのコロッケ on 相澤堀(というか桃園川支流というか)。

阿佐ヶ谷駅前のかつて湿地帯だった場所で、年に数回、「大人の縁日」というものをやっています。これは、以前行ったときにたべたもの
これまたさんぽ仕様で、お祭り気分ももれなくくっついて、幸せな逸品でした。
もちろん、ビールもゴクゴク。

Tabehatu_2

できたてクロワッサン on 初台川。
もう食べちゃって、欠けちゃってますがミニクロワッサンですね。
代々木上原の駅前をさんぽしていたときに、かわいいパン屋さんがあったので(レトロ系じゃないほうの「かわいい」)、思わず入っちゃったときのもの。代々木上原の駅前って暗渠がうじゃうじゃしているのに、暗渠沿いに買い物し甲斐のあるお店があったりして、羨ましいです。
この後丘を登りながら食べたピロシキも上等な肉まんのように美味しかったです。
・・・奥に見える橋の欄干に感動しながらも、食べることを忘れない、の図。

最後は、デザート。

Tabeima

ミニたい焼き on 竜閑川。
今川焼が今川橋のあたりで生まれたということをきいて、今川焼を買ってそこで食べようと思ったのだけれど、今川焼ってそんなに都合よく売っていないんです。そんな体験をした日。
代わりに、銀座でミニ鯛焼きみたいなのを買って、神田に持って来たんでした。でも神田駅でもミニ鯛焼きを売っていて、ちょっとショックだったのでした。加えて言えば、このときは竜閑川の流路も若干間違っていたんでした。
暗渠であるきたべをするとき、あまり人がいないような場所が多いので、写真をパチリとやるのはそんなに恥ずかしくないときもあります。でも、このときは平日昼間のオフィス街にひとり・・・結構勇気が要った気がします。いや、いいんだけど。

それと、おまけ。

Tabeoti

暗渠には、ときどき食べ物の罠が仕掛けられていることもあるので、引っかからないように気を付けましょう。  罠 on 紅葉川本塩町支流(仮)。

|

« 紅葉川をねちねちと歩く その11 嗚呼感動の砂土原町支流(仮) | トップページ | 紅葉川をねちねちと歩く その12 熱海湯支流(仮)と温泉山 »

3-3 特集:さんぽのとも」カテゴリの記事

コメント

超懐かしいです!オリムピック。

昔、親がよく買ってきてくれまして、
子供心には「もっとナウいパンが食べたいぜ」と生意気な感想を持っていたのですが。。
胸がちょっぴり痛いですー
もうとっくに無くなってるものと思い込んでました

このカップインの唐揚ポテトは知らなかったです。
ながら食べに最適な形状ですね。

パンがラップにくるんであったりする様が何ともね。
(駒込病院むかいのパン屋さんもそんな感じ。私はこっちの大ファン)

投稿: 谷戸ラブ | 2012年2月13日 (月) 15時47分

>谷戸ラブさん

へぇぇ、へぇぇぇ、オリムピックを子どものころから~~!いーですねぇ、うらやましいです。でも子ども心にはあんまりうれしくないパンだったんですね。面白いなあ。
まだ、元気にありますよ。ファンのひとが結構いるみたいです。

駒込病院むかいのパン屋さん!!?(早速ググる用意。)

投稿: nama | 2012年2月14日 (火) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/53696300

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠さんぽのおとも~あるきたべ・ほっこり秋冬編~:

« 紅葉川をねちねちと歩く その11 嗚呼感動の砂土原町支流(仮) | トップページ | 紅葉川をねちねちと歩く その12 熱海湯支流(仮)と温泉山 »