« 桃園川支流を歩く その34阿佐ヶ谷の貯留管工事見学、それから、それから。  | トップページ | 桃園川支流を歩く その35水車坂とその水源②  »

竜閑川焼酎マラソン

竜閑川に行かなければ。

以前、竜閑川沿いで今川焼を食べた的な記事を書いてますが、じつはこのとき竜閑川の位置を大きく間違えていました。間違えていたので、風情のない大通りだと思っちゃってたのですが、先日のスリバチ飲み会で、会長やSさんが「竜閑川はとても良い」と仰っていたので、・・・ムム、コリャ自分間違えてるな、と思い至ったわけです。
ということは、竜閑川に、行かなければ。

そして、わたしの中ではいつのまにか、このことが、先日の「生ホッピー飲んでないな」と、なぜか脳内リンク。素晴らしき飲兵衛本、中央線ホッピーマラソンで大竹氏がやっていることを、暗渠でやったらいいではないか!と、思ったのでした。要するにパクリなんですけどw

しかし、浜町川のことも思い出してみると、わたしに竜閑川のハードコア飲み屋(+入口から中が見えない/常連さんで一杯/情報皆無)にひとりで入る勇気があるだろうか?・・・いや、無い。ここは、男手を借りよう。それと、なるべく酔いにくい焼酎で行こう(弱気)。
・・・と、いうわけで、lotus62のアニキに、企画書を提出してみることにしました。

------------------------------------------

企画名:竜閑川焼酎マラソン

企画コンセプト:竜閑川の埋立てられた掘割沿いを歩きながら、飲み屋を飲み歩く。遺
構が少ないが飲み屋は建っている、下町系暗渠に対する新しい味わい方の提案。

企画概要:竜閑川沿いを逸れずに歩きながら、適当な飲み屋を何軒かはしごする。そこ
で、メイン走者は、掲げた種類の酒を1杯は必ず飲むこと(今回の場合は焼酎)とし、
伴走者はそれに限らない。つまみは自由。竜閑橋スタートで、神田ガード下近辺で一軒
、美倉町、岩本町あたりで一軒、小伝馬町あたりで一軒。とにかく、目についた雰囲気
の良さそうな店に入る。酩酊状態で馬喰町から帰る。

---------------------------------------------

わたくし企画書なんて無縁の業界で働いております。書き方等々はむちゃくちゃかもしれませんが、とりあえず、今回のメイン走者自分、取材報告者自分、ってことで企画書が通ったので、実行と相成りました!よりによってお仕事ダブルヘッダーつづきの、一番疲れている火曜日の夜に・・・。

Ryu1

まずは、神田駅から日本橋川の方まであるいていって、分流されている点(=始点)をめざします。
その付近は広場みたいな空間になっていて、竜閑橋の遺構がひっそりと置いてありました。

これは竜閑橋と、その上にそびえたつ古めのビルを見上げたところ。ここが、スタート地点です!最初この写真の隙間が区境(=竜閑川)かと思って撮ってましたが、間違いwこの左にセマめの道があって、そこが区境でした。

Ryu2

いきなり入口で迷ってしまいましたが、さぁ、マラソンスタートです。わはー、なんて地味な風景!

こっから流末まで、とにかくあるきながら、飲み屋さんを探して、探して、吟味する。飲む。これだけ。
それが酒マラソン。

Ryu3

さて、最初に見えます給水地点は、いきなりのガード下ハードコア☆エリア。その名も今川小路です。

道にせり出すようなつくりの、小さなお店がぎゅうぎゅうとならび、うち数軒には明かりがともり、カラオケの音が聞こえます。いやぁこれは、ハードルが高すぎる・・・!

あえなく、給水断念です。っていうかここも、川跡だったのか~!などと、川のことももちろん考えますよ。

Ryu4

もっとも風情のある地点での給水をあきらめたのは、若干もったいなくもあったのですが、大丈夫、すぐまた良いエリアがきます。
ガード越えてまもなくやってくるのは、ラーメン店3連星。いやいやいや、ラーメンは好きだけれどもさ、いきなりつけ麺でおなかいっぱいにするってのは、マラソンランナーとしてどうなのさ。

注:ホッピーマラソン的テイストが文章に混じります

Ryu5

そこはぐっとこらえて、数歩踏み込むと、なんとまあ素晴らしい雰囲気の一角!!今川小路並みに素敵です。この、取り残された昭和、みたいな味わいは竜閑川跡の魅力ですね。

かなり良い店構えのお店はとんかつ屋さん。いやいや、のっけからとんかつでお腹いっぱいってのもどうよ・・・。そのお向かいには新しめのバー。いやいや、今日のコンセプトにちょっと合わないよ・・・。

Ryu6

というわけで入ったのは、居酒屋”Sんどう”。”秋田料理””天ぷら”とも書いてあって、入口は意外にもスナックみたいなドア。しかも中が見えないドアで、開けると中には常連さんがビッシリ!やー、ここは一人じゃ無理でした。
さっきとんかつをやめたというのに、うっかり天ぷらを頼みそうになりますが、はしご前提なんだからと回避して、lotus62さんが頼んだのはなぜかアナゴの白焼きを2皿のみwwなぜ2皿w でもって、わたしゃチューハイです。ほんとは、トイレ休憩をなくすために今日はロックだけで行こうと決めてたんですが、出鼻をくじかれました。
・・・疲れたからだに、チューハイをぐびり。むはぁ、しあわせー!!
何だったか忘れたけど突き出しもおいしかったし、雰囲気も良かったし、ランチの天ぷら定食は安ウマみたいだし、良かったです、”Sんどう”。ランチにも来てみたいなあ。

Ryu7

そして今川橋跡を渡ります。以前今川橋だと思っていた場所は、間違っていたことを改めて実感します。
ほんとの今川橋跡には、ヘンな池があり、ここに今川橋があった的な碑がありました(暗くて読めない)。ヘンな池よばわりはいけませんね・・・ここに川があったことを示すものは数少ないそうなので、貴重です。金魚がいます。
ちなみに以前、今川橋の近くで売られていた菓子→今川焼、の記事を書きましたが、神田上水をつくった大久保主水の屋敷もここら辺にあったそうです。大久保主水はお菓子作りが趣味だったことから、菓子職人に転身したというすごく気になる人物(家康に手作りお菓子をプレゼント、とか)ですが、お!それと今川焼は結びつくか??と思いきや、「町人に菓子は売らぬ」と言っていたということで、結びつかないようです。ちっとヤな感じですねぇ。

Ryu8

今川橋からちょっと行ったところにも何軒か飲み屋さんがありました。さて次なる給水地点は、”I駒菜館”、中華です、餃子です!ここの餃子、気のせいじゃなくってホントに美味しかったです!!
通常ならビールを合わせますが・・・マラソンランナーなので、ここでスダチ酎ロックですよ。うわぁ。
いや、美味いです、どっちも。スダチ酎は一時期ハマってよく飲んでました(家で)。なつかしいな~、美味いな~。
どうでもいいけど、餃子のたれがたまたま陰陽のマークみたいになってますね。

Ryu9

しかし、たまたま入ってるだけなのに、ふたつともとても良い店だったなあ。うれしいです。

もう少し歩いて行くと、こんどは地蔵橋児童公園と竜閑川埋立記念の碑がありました。
橋!埋立記念!ただの酒マラソンじゃないってことを思い出します。

Ryu10

高速?をくぐり、向こう側にもまた公園があり、そこには八丁堀と書かれた案内板がありました。・・・ん?八丁堀?
杉浦康著「消えた大江戸の川と橋」によれば、竜閑川は明治16年に掘り直されたもの。もっとむかしの江戸期に、同じ位置に運河として堀が掘られ、それは”神田堀”、別名”神田八丁堀””本銀町川””銀堀”などと呼ばれていたそうです。元禄以前からあったようだけれど、運河としてはあまり使われず、漸次幅を狭められていって、ついに安政4年(1857年)に埋立てられてしまいます。

Ryu11

その埋立てられた神田堀が、先述のように明治期に再び復活、もともと神田堀の西の外れに架けられていた竜閑橋(当時の地名が由来)から、竜閑川と名付けられました。
岩本町東神田町連合会で出している「変わりゆくあのまちこのまち」によれば、この堀は竜閑川時代には材木の運搬が行われ、物流の動脈となっていたようです。・・・が、終戦後に埋立てられたとのことです。

しかし、道が地味になってきたなぁ。雰囲気は相変わらず、ちょっと周囲よりも置き去り感があり、、、思い出したように神社が2つ。ふるい家がポコンとあって、その昔風の意匠に見とれたりします。後から知りましたが、ここらへんには江戸期に牢屋敷があって、逃亡を防ぐための堀の水を神田堀から引き入れていた、とのこと・・・コワイ場所でした;

Ryu12

さて。神田駅前とちがって、飲み屋さんが減ってきているので、そろそろ、見えた店に飛び込んだ方が良さそうです。つぎは四川料理の”T来”。

この麻婆豆腐がまたウマーい!!なぜか麺も少し入ってる、ピリッとしたおいしい麻婆。調子にのってライスを追加し、麻婆豆腐ごはんと、水餃子を交互にかっこみました。ウマーい!
合わせたのは、もうなんだか忘れたけど何らかの焼酎のロックです。もう焼酎だったらなんでもいいんですよ。えーと、気づいたら他にお客さん誰もいなかったんですが・・・、でも良いお店でしたよ。満足満足。

Ryu13

さ、公園につきあたったら、そこが浜町川との合流点です。その名も、竜閑川児童公園。以前もこの脇を通ったわけですが、なぜか夜なのにけっこう人が居て、おしゃべりが聞こえる公園です。
よく見てみると、川と橋を模した空間がありますね・・・

Ryu14

公園から竜閑川をふりかえると、そこにはちょっとよさげな洋食屋さんもありました。入ろうかと一瞬迷いましたが、ラストオーダーを過ぎていたようなので、止め。

浜町川沿いの、橋本会館のあたりもちょこっとあるきました。店は概ね閉まっていましたが、一軒、明かりのともっているシルバーアクセ屋さんがあり、なぜか駄菓子を売っていたので、買いに寄りました。店内にはアクセ制作中のおじさまが3人くらい世間話をしながら並んで座っていて、わたしがさささっと駄菓子を10個ばかし選んで「これください」と言うと、声を合わせて「早っ!!!」「男らしい!!」とびっくりされました・・・なんじゃそのツッコミw 夜の神田にあんな店があるっていうのも、とっても不思議です。酔っぱらって、狐にでも化かされたのでしょうか。なんだか幻のような店でした。

Ryu15

事実、疲れていたせいか結構酔っぱらってしまいました。ふだんの飲酒量からみてもまだ少ないし、まして焼酎でそんなに酔うことはないわたしなのですが。。
とりあえず酒を追加するのはもうやめて、馬喰町あたりで、クールダウン用のおやつを食しました。キャラメル味のムースかなあ、この見た目は(あまり記憶が無い)。アイスコーヒーとともに。
ここで、ゴォーーール!と相成ります。

以上で暗渠酒マラソン、第一回目のレポートを終わります。ちょっと気に入ってしまったので、この企画、今後もやりたいなと思っています。そして、

①我こそはメイン走者をやりたい、という方(川と酒の選択はお任せ可能。ソフトドリンクもアリ!それと、もちろんご自分のブログでレポしていただいてOKですが、その方を主人公にしたレポをわたしも書かせて頂きますw)
②我こそは伴走者をやりたい、という方(要するにオフ会の変形版みたいなもんです)
③マラソンはしないけど、このお酒を飲んでほしい・この店に行ってほしい・この暗渠でやってほしい、というリクエスト

この①~③について、大募集いたします!どんなカタチでもいいので、参加してみませんか~?ぜひぜひ、よろしくお願いします。 
ちなみにわたしは大酒飲みではないし、酔うとあばれたり面倒くさくなったりするタイプではありませんので、ご安心くださいましw

|

« 桃園川支流を歩く その34阿佐ヶ谷の貯留管工事見学、それから、それから。  | トップページ | 桃園川支流を歩く その35水車坂とその水源②  »

1-8 さんぽ:その他の神田川支流」カテゴリの記事

3-5 特集:暗渠酒マラソン」カテゴリの記事

コメント

竜閑川焼酎マラソン、おつかれさまでしたw
この企画は楽しかったです。
それにこれ以外にもいろんな応用が利くところがいいなあと。○○川買い食いマラソンとか、△△川モツ煮マラソンとか、あまり刺激のない緑道暗渠とかでもめぼしいベンチとコンビニを見つけたら缶ビール買ってきて屋外宴会マラソンとか・・・。namaさんから企画書を受け取ったときに、これは新しい暗渠あるきの提案が含まれている!と思いました(マジ)。
いろんな方がいろんなふうに暗渠の楽しみをコメントしてくださるといいですね(あ、自分も楽しそうなメイン走者企画考えて応募します!)
次はどなたか、ぜひご一緒に暗渠マラソンやりましょ!

投稿: lotus62 | 2010年10月15日 (金) 23時23分

暗渠酒マラソン、いいですね〜!ひとりで途中呑みに立ち寄ってしまうと、そのままそこで沈没してしまいそうなんで、伴走者が監視?しているというのはいいかもしれません。暗渠のチョイスによっては、そもそも途中呑めるポイントに全然遭遇できないところもありそうですが。
ほかの人の目の付けどころが楽しめるという点で、試しに伴走者でもやってみたいです。メイン走者が途中でバトンタッチする駅伝型式?でもいいかも・・・

投稿: HONDA | 2010年10月16日 (土) 20時10分

呑み屋が何軒もある暗渠って江戸エリア限定でしょうかね。思い浮かびません。
ここしばらくはほとんど江戸には入らずに生活しているんだなあって気づきました。
この企画の道中安全祈願は、ウチの近所、和泉川沿いの酒呑地蔵尊でどうぞ。

投稿: えいはち | 2010年10月17日 (日) 05時35分

うーん、暗渠の選び方が結構難しいですよね。これは。
暗渠はたいていうらぶれてますもんね。
こないだご紹介した堀切とかはどうかなぁ。

いずれにせよ参加はぜひさせて下さい。
暗渠に関心のある人と歩いたことがあまりないので楽しみです。

投稿: 猫またぎ | 2010年10月18日 (月) 13時30分

ということで、先日はお世話になりました。
「酒とつまみ」も好きなので、この企画、思わず金麦吹くくらい面白く読ませていただきました。
普通一緒にしないですものね、暗渠と飲酒w

ぜひ参加したい!ですが、いきなりメインランナーも厳しい。なので②で参加させていただきますでしょうか。

でも、適度に飲める店があって、長くもなく短くもなく、適度な暗渠、難しいですよね...うーん...

投稿: 味噌max | 2010年10月18日 (月) 16時23分

>lotus62さん

どもども、おつかれさまでしたw モツ煮マラソンは台東区葛飾区方面でできそうな気がしますが、暗渠に沿っていけるかどうかが大きな課題ですね。”せんべろ”地域は帰還できるかどうかもわからない怖さがありますww
文面からメイン走者への意欲が感じられましたので、次回のメイン候補でお願いします。なにかアイディアがあったらお寄せくださいね。

>HONDAさん

ありがとうございます。
>ひとりで途中呑みに立ち寄ってしまうと、そのままそこで沈没してしまいそう
HONDAさん、そんなに飲まれるのですかww大丈夫ですよ、監視?しますから。駅伝という案も実に面白いですね!そういう回もあってもいいと思います。どうしよう、タスキを用意しましょうか。

>えいはちさん

飲み屋が何軒もある暗渠は、たしかに江戸が多いような気がします。イメージする候補地は、ただの「道」!って感じのところですね(ただの暗渠歩きをするにはつまらなさそうなところ)。川跡であればすべてよし、ってことにして、中央区の掘割なんかも含めて行くと結構な候補が出てくるとは思うんですが。。銀座でハシゴとかはしたくないですねぇ。
酒呑地蔵ですかw 大丈夫、暗渠だから川には落ちませんから・・・たぶん。
 
>猫またぎさん

そうなんです、わたしもあまり候補地を持っているわけではありません。以前興味を示されていた浜町川も、飲み屋さんはあるのでアリだと思います(下流の方に数軒でも見つけられれば有力候補に昇格予定)。でも、いま考えているのは、忍川~須賀堀の、名前を変えていくあの川です。お店はありそうなので。
堀切のあの川に、お勧めのお店がありましたね。あそこは暗渠歩きとしてもかなりすばらしそうだから、もし他に数軒飲み屋さんがあれば、かなり質の高いマラソンが行えそうな気がします。ちょっと調べてみようかな。。

>味噌maxさん

ということでw、コメントありがとうございます。そういえばあの「しんどうの池」跡の向かいに、大竹氏がホッピーマラソンで訪れていたお店があったのだけど、気づきました?w
暗渠も酒もお好きなもようで、この企画にのっていただけて嬉しいです。

というわけで、次回はボヤンと候補はあるものの、確定はもう少し先になります。いちおう、「どっかの金曜日、東京の中央から右上エリアの川跡で」というくくりで。それから、具体的なところはALL宛にメール連絡をさせていただこうかなと思っております。しかし、メールをお教えしていない方もありますので、ちょっとお待ちください。
このあとエントリーされる方は、メール欄にアドレス記入をいていただければ幸いです。

投稿: nama | 2010年10月18日 (月) 17時04分

よーしでは次回メイン走者に立候補させてください。
場所は、お勧めにもあるとおりの忍川~三味線掘~鳥越川~須賀堀。アイテムは悩みましたが、ビール!
瓶か生かも迷いましたが、ここは先駆者に敬意を表して生で。銘柄、価格、注ぎ方等もあわせて調査し、周辺酒飲み事情に深い考察を加えてレポを仕上げたいと思いますw

投稿: lotus62 | 2010年10月19日 (火) 12時10分

>lotus62さん

立候補ありがとうございます。寒くなりつつあるこの季節に、ビールとは!では焼酎お湯割りやぬる燗で伴走させていただきますww 

投稿: nama | 2010年10月19日 (火) 16時48分

ホッピーマラソン、全編通しては読めていないのです(^_^;)
なので、単行本を取り寄せて、予習しておきますよw

投稿: 味噌max | 2010年10月19日 (火) 17時31分

>味噌maxさん

ありがとうございます。
あー!いま気づきましたが、そういえばMMZ見ればよかったですね!・・・お手数をおかけしてしまいました。すみません、ありがとうございました。
で、ホッピーマラソンはよろしければお貸ししますよ。中央線酒ライフがたのしくなるはずです。た、たぶん。。

投稿: nama | 2010年10月19日 (火) 17時36分

メールアドレスをお教えしてなかったかと思いますので、書き込んでおきました。
いまだに自宅でネットができないので、勤務先のアドレスですw

ルートが決まったようですが、全く知らない暗渠ですね。名前も、存在すらも知りませんでした。
当日がどうなるか、ちょっとこわいような、でも楽しみです。

投稿: 猫またぎ | 2010年10月19日 (火) 19時17分

>猫またぎさん

ありがとうございます!実は初回に書き込んでいただいた時にアドレスが入っていたので、そこ宛(これたぶん自宅のですね)に送ろうとしていました。改めて教えていただいて助かります。
ルート確定も含めてご連絡しますね。ちょっとこわいのですか?w 何がこわいのでしょうか~・・・w

投稿: nama | 2010年10月20日 (水) 16時09分

>ちょっとこわいのですか?w 何がこわいのでしょうか~・・・w

こう見えても人見知りなので(笑)。
どなたともお会いするのは初めてですし、オフ会的なものに参加するのも初めて。
初めてづくしです。
厳密には皆さんの性別すら正確には把握していませんw
なので。

投稿: 猫またぎ | 2010年10月21日 (木) 12時39分

>猫またぎさん

おー人見知りですかw それは、初めてづくしはこわいっていうかさぞかし緊張するでしょうね~~w
実はわたしも人見知りです(しかし堂々としているらしくて緊張を悟られることがありません)。それに、会話下手と言うか、3人以上の場だとあまり喋れません。ま、そんなでも少しずつ関わらせて頂いて、なんとかなってきたので・・・大丈夫かと思いますw
そんなわけでわたしが黙りこくっていても上記の理由なので、不機嫌とかでは一切ないのでご安心ください。

投稿: nama | 2010年10月22日 (金) 13時38分

先日のスリバチ学会の飲み会で向かい側にいたヤマサキです。
あの後、ご縁があってみちくさ学会の看板建築担当になってしまいました。(初の趣味Blogなのに…)
http://bit.ly/9gM28O
よろしくお願いします。

ところで、飲んだくれマラソン(あれ違ったか?)、おもしろそうです。
日程が合えば参加したいですねー。決まったら日程教えてください。

投稿: ヤマサキ | 2010年10月27日 (水) 17時52分

>ヤマサキさん

こんばんわ~!コメントありがとうございます。
みちくさ学会に執筆されたのですね~~、素晴らしいです!看板建築、お好きだって仰ってましたもんね。にしても、2000枚ってすごいっす!!今後の記事も楽しみにしてますね。我々をどんどんディープな方へと導いてくださいまし。

飲んだくれマラソンでアタリですけど、「暗渠」の文字も入れてくださいよ~ww 
そう、そう、開催は11月5日(金)の20時~となりました。ここで書いちゃいますけど、他にも日程を見て「いきたい!」という方いらっしゃいましたら、このコメント欄にメールアドレスを入れつつコメントをお寄せください。メールにて詳細をお伝えします。

ちなみに現時点で(途中参加も合わせて)7人参加の予定です、たしか。。

投稿: nama | 2010年10月27日 (水) 18時29分

こんばんは。
飲んだくれマラソン、明日ですか。
7時から神楽坂で転職した友人を囲む飲み会なんで、
近くなら終わったあと合流できますけど
場所はどこでしょう?
もし間に合うなら教えてください!

投稿: ヤマサキ | 2010年11月 4日 (木) 23時08分

>ヤマサキさん

こんにちはー。メール送ったので二重になっちゃいますけれど、果たしてあの位置を遠いと思うか、近いと思うか、個人差がありそうですねw

投稿: nama | 2010年11月 5日 (金) 18時15分

無事昨日「忍川生ビールマラソン」を終えましたね。
参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました。とても楽しい時間が過ごせました!!!
のちほど、私のブログでも記事をアップさせていただきますね!

投稿: lotus62 | 2010年11月 6日 (土) 22時51分

>lotus62さん

おつかれっしたー!メイン走者にいろいろ投げてごめんなさいww早速のレポありがとうございます。わたしはちょいと時間が無くて、しかも体調がちょっとアレで・・・遅れております;;

投稿: nama | 2010年11月 8日 (月) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/49684905

この記事へのトラックバック一覧です: 竜閑川焼酎マラソン:

« 桃園川支流を歩く その34阿佐ヶ谷の貯留管工事見学、それから、それから。  | トップページ | 桃園川支流を歩く その35水車坂とその水源②  »