« 桃園川支流を歩く その28天沼川(本村用水路)後編 | トップページ | 都電荒川線のりほうだいのたび 前編 »

まんまるに魅せられてⅡ

円筒分水速報です。
お盆まっただなかに帰省したら、親戚まわりに来客対応と、なんだかとても忙しく、、、やっと来客が途切れたときに、弟を引き連れてビューンと行ってまいりました、天童の円筒分水。前回は、まだ田圃に水が張る前の時期だったようなのですが、さて、今回は・・・

以前もレポートしましたように、天童の円筒分水ガ見える位置というのは、羽州街道がカーブの陸橋となる、減速も停車もしにくい位置です。わたしにとっては、そこからいかにうまく撮るかが課題だったのですが・・・
弟「車降りて路肩歩いていけばいいじゃん。」
・・・!!!  

そうかそうか・・・姉は頭がカタすぎましたよ。なんとなく道路→車だけ、歩くなら傍の田圃までいかないと、って決めつけてました。弟はわたしを待ちながら、車の中でPSPで自分の軍隊を育てるようで(来ればいいのにね)、姉はトコトコと陸橋をのぼり・・・、前回よりも変な人の感じを醸しながら狭い路肩で写真を撮りまくりました(お盆で車が少なくってよかった!)。

Entou1

おっ、今回は、水路に水があるーー!

おかげさまで、今回はこんな遠景や、

Entou3 

振り返ったものなど、充実した写真が撮れました。

どうやら、灌漑期にも、あの赤い帽子は取らないみたいですね。

Entou2_2 ですが、8月現在、円筒分水としてのはたらきは、していないように見えました。

水は、あることはあるのですが、流れ出ていません。あの、とても見たかった噴水のような状態になっていません。。
さきほどからの写真の、背後にある広い広い空き地が見えますでしょうか。そう、以前よりずいぶんと田畑が減ってしまっていることに気付きました。

・・・詳しいことはわかりませんが、8月の時点では、あまり使っていないようです。使った形跡は感じられるので、また見に来なければなあ。

Dewa

ところで、その陸橋を降りた先、すぐのところに出羽桜酒造があります。この、出羽桜の前掛けが(他所のデザインと少し違っていてシンプルでかわいいし)欲しかったのですが、結局地元では手に入らず、楽天で買いました;

今回は、出羽桜の缶を買って、弟は更に近くのスーパーで焼き鳥と焼きそばを買って、横でぐびぐびやってて幸せそうでした。

Entou4

さて、山形市の水路紹介も少し、します。

ここは、ずぅっと我が家でお気に入りのケーキ屋さんの駐車場。わたしも物心ついた頃から行ってるお店なんですが・・・あれ、なんか変な位置に、車止めのついた違和感エリアがある!?

Entou5

近づいてみると、そこは、みごと水路なのでした!!

ここで写真を撮っていたら、おもむろに小・中の同級生から「namaさんだべ?」と声をかけられ超びっくり。中学卒業以来でした・・・

Entou6

近づいてみると、すごい荒れようで、コンクリ蓋もボコボコと不揃い。

しかし、こんなふうに駐車場のまんなかで、生き残ってるのは大事にされてるってことなのでは?と、良い風に解釈していますw

Entou7

もうひとつ。わたしは和泉川の上流部にある、”道路を横断する暗渠”にとてもあこがれていて、あれを一度見に行きたいなと思っていたのですが・・・、
山形にもありました!!
まあ、コンクリ蓋は3枚しかない、劣化版ですけどねw

Entou8

すぐ上は開渠でした。

それに、ここも、よく通っていた道なのです。中学校へ行くときの道のひとつだし、車でもよく通りました・・・

Entou9

開渠をみてみると、そこは山形、きれいな水がたっぷり流れていました。
ここ、大きい水路2つに挟まれた位置にあるので見逃していましたが、どちらかからの分流でしょうか。・・・それにしても、毎回新たな水路が、自分の馴染みの場所に見つかります。円筒分水はすこし残念でしたが、うれしい発見もあった帰省でした。

|

« 桃園川支流を歩く その28天沼川(本村用水路)後編 | トップページ | 都電荒川線のりほうだいのたび 前編 »

2 地方の水路」カテゴリの記事

9 その他」カテゴリの記事

コメント

道路を横切る暗渠はやっぱり見応えありますねぇ。
山形にもありましたか。

私も和泉川の物件は未踏ですが、谷沢川の「十字路を斜めに横切る暗渠」は見てみました。
実物を見ると、やっぱり面白いです。

ところで、山形のこの川は、何という川なのでしょうか。
いや、訪問する予定はないですけどね。参考までに。
(山形はおろか、東北にもほとんど行ったことありません!)

投稿: 猫またぎ | 2010年8月16日 (月) 16時06分

今回も山形のおもしろいものをたくさんご紹介いただきましたねー!
中でもこの駐車場の中にある唐突水路、ツボですw
なんかこう、秘密基地っぽいというか・・・。
ところでお友達に「何してんだべ?」って訊かれませんでした?w

投稿: lotus62 | 2010年8月16日 (月) 17時05分

地方に行くと、暗渠なのか、単なる排水路なのか迷うことがありますが、このコンクリ蓋は立派な暗渠なんですね。
和泉川上流部の暗渠、今度是非見てみてください。暗渠の先がビルの下に続いており、なんともいえない面白い物件です。

投稿: リバーサイド | 2010年8月16日 (月) 20時01分

お~出羽桜前掛け手に入って良かったね~!!しかもまた丸いやつを見に行ったんだ笑。
私もいよいよ山形生活も今週で最後、なんか寂しい。東京に戻ったら遊んでね

投稿: ポコ | 2010年8月16日 (月) 21時53分

道路を横切る暗渠、確かに代田橋のあの物件によく似ている!でもこっちは澄んだ水がちゃんと流れてていいですね。
そして。私も、友達のその後のリアクションが気になりました。

投稿: HONDA | 2010年8月16日 (月) 23時46分

>猫またぎさん

道路を横切る、ってやっぱり惹かれますよねえ。あっ、谷沢川のは、荒玉の帰りに見たかもです!しかし、あのときはかなり朦朧としていたから、あんまりちゃんと覚えていないのでした。。
記事中の川はたぶん名もなき水路なんですけれど、江戸時代に山形市を流れる”馬見ヶ崎川”から引かれた人工の用水路の分流だと思います。この用水路は大きなものが5つあって、”山形五堰”として大切にされています。
http://www.pref.yamagata.jp/ou/sogoshicho/murayama/301045/goseki/goseki1.html
今回の水路は、3ブロックほど南に笹堰が、2ブロックほど北に御殿堰があり、推測するに御殿堰の分流ではないかと思われます。
その御殿堰は、今年から観光スポットとして整備されたりしています。
http://kaeru.moe-nifty.com/ankyo/2010/05/post-b88a.html
とまあ、書いてますけど、わたしもこの水路のことを知ったのは最近で、郷里に居た頃は五堰のうち四つは毎日のように渡っていたのにほとんど意識にはのぼっていなかったのでした。
http://kaeru.moe-nifty.com/ankyo/2009/09/post-716c.html

>lotus62さん

ありがとうございます。はい、駐車場のには、わたしも結構ワクワクしました。
や、正しい(?)山形弁でいうと、「何しったの~?」か、「何しったんだず?」あたりでしょうか・・。

>リバーサイドさん

はい、これは立派な暗渠でした。しかも「ホントは開渠にしてやりたいんだけど、道路があるからゴメンネゴメンネ」的な暗渠でしたw
あ、和泉川のあれの先って、ビルの下なんでしたっけ!それはすごい。ますます面白いですね~~。

>ポコさん

そそ、ポコたちにもあのときはお付き合い頂いて。。なんだか、結局ネットのほうが手に入りやすい、という結果になっちゃった。
最後の追い込み、がんばってるよね~~!うんうん、終わったらあそびましょ~~。

>HONDAさん

おお、似ていますか!こちらは蓋少ないですけどね;;・・・なんで真ん中の三枚だけ蓋にしたのか、ちょっと謎です。
友人のリアクション、じつは特になかったのです。彼はそのケーキ屋さんが取引先でつまり仕事中で、駐車しようとしたらわたしが突っ立っていたという流れで、少しだけ話して、あとは仕事してましたね。。突っ込まれても短時間でうまく説明できるかわからないので、まあそれで良かったのかもしれませんw

投稿: nama | 2010年8月17日 (火) 10時33分

namaさま

はじめまして。
おざさまの所に書き込みさせていただいている、だいと申します。

天童の辺りの代掻き期はいつくらいなのでしょうか?
GW後くらいですかね?
あれだけ立派な円筒分水であれば、現役であるのは間違いないと思われますので、時期的には代掻き期を狙われるのがよろしいかと思います。

私も通水してる姿、見てみたいです。

投稿: だい | 2010年8月17日 (火) 21時44分

>だいさま

コメントありがとうございます!
あまり稲作事情について知らなかったので、代掻きはもっと早い時期にやるイメージを勝手に持っていたのですが・・・、どうやらこのあたりは代掻きが5月中旬~田植え5月中旬~下旬、のようです。
ただ、わたしは今年の5月20日前後にも一度見に行っているのですが、そのときもカラカラでしたので、(年や品種にもよるのかもしれませんが)正確な時期はわかっておりません。

代掻き期が円筒分水さん活躍の時期なのですね。あれだけ多くの円筒分水を巡っていらっしゃる、だいさまが仰るのであれば、きっと天童のこれは現役なのでしょうね。期待してしまいます。つぎは6月になんとか見に行きたいです。

投稿: nama | 2010年8月18日 (水) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/49160893

この記事へのトラックバック一覧です: まんまるに魅せられてⅡ:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/08/17 09:09) [ケノーベル エージェント]
山形市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年8月17日 (火) 09時12分

« 桃園川支流を歩く その28天沼川(本村用水路)後編 | トップページ | 都電荒川線のりほうだいのたび 前編 »