« 忍川とキムチ横丁 | トップページ | 桃園川支流を歩く その22中央西公園支流(仮)も、かくれんぼ支流 »

桃園川支流を歩く その21西町天神支流(仮)は、かくれんぼ支流

Nakano1 桃園川支流のさんぽに入る前に、・・・ここ、どこだかわかりますか?青梅街道沿いの、杉山公園前。新中野駅からすぐのところです。
ここには、ついこの前まで古~~いガラス張りの4階建てくらいのビルが建っていました。といっても長いことテナントが入っていなかったように見えましたが。古いとはいえ、剛健さのかけらもなく、なにかのひょうしに崩れ落ちそうなそのガラス張りに、丸見えの室内(廃な感じ)に、わたしは青梅街道を通るたびに、「オイオイ大丈夫か~?」と思いながら眺めていました。そして2,3年前に2階にインド料理店が入り、まぁまぁ人は入っていましたが、だんだん値段が安くなってゆき、そっちにも「オイオイ大丈夫か・・・」と思いながら眺めていた、矢先。・・・そっか。解体目前だったというわけなのですね。
古き良き建築物を見る感覚とはまた違いましたが、これも、ある日突然うしなわれた、古いもののひとつです。

Nakano2

さて今回は、新中野からのアプローチ。杉並区と中野区の区境にある暗渠です。スタートはここ、青梅街道沿いにある中野西町天神です北野神社、西町天神等呼び名は複数ですが、バス停名から取ります→後日修正、旧町名である「西町」から取った方がすっきりするので・・・)。
水源についてまだ情報がありませんが、この写真のあたりに池があったのかもしれませんし、以東にも青梅街道を始点とする流れが複数あることから、もしかするとここらの青梅街道沿いにも用水路を伸ばしていたのかも・・・いずれも推測ですが。

Nakano3

さあ、流路の始まりはここです。天神さまの横です。始点にあやかって”西町天神支流(仮)”と呼びたいと思います。

ここにはコンクリ蓋もなにもないですが、アスファルトの右端に下水道工事跡のようなものがあります。ここが流路ではないかと思います。

Nakano4

青梅街道という尾根から、北に向かって行く流れ。数メートル進んだだけですが、なんだか地面から意味ありげに伸びる、鉄のパイプが口をあけています。忍者みたいです。

Nakano5

さらに数メートル進んだだけですが、いっきにワイルドになってしまいました。ここに流路があるはずなのですが、暗渠サイン<<<ワイルド。辿る勇気はありません・・・

Nakano6

しばし流路の上は歩けなさそうです。・・・辿れないなら近づきたい。なるべく西町天神支流(仮)の近くを歩きたいので、近い道をさがしましたが、これがまた、ない。家やマンションに阻まれまくります。google航空写真で見るとたしかに家々の隙間をぬって暗渠があるのに。

もどかしくしていると、途中、井戸がありました。

Nakano7

そして一箇所だけ、西町天神支流(仮)をチラ見できる場所があります。ここです。

といっても、ここも生垣の向う。腕を伸ばしてデジカメで撮っただけで、自分の目で拝むことは出来ませんでした。ほぉ~、こんな植木鉢とか置いてあったのね(写真編集の段階でやっと見られたw)。

Nakano8

上の写真の、すぐ下流がこう。あっというまにジャングルに飲みこまれてしまいました。

そしてまたしばらく、東からも西からも、うんともすんとも拝めなくなって、

Nakano9

やっと、堂々と会えるのがここです!!青梅街道以来初の、道路に面している場所ですw

なんか最後の2蓋だけ、えらい立派です。

Nakano10

コンクリ蓋は上流方向へと続いてはいるのですが、この進入拒絶ぶり。

Nakano11

そして向かいはなんと銭湯でした~。

昭和浴場、別名マジック温泉。マジシャン、タジマジックのマジックで有名なような、でもお風呂もすてきです。

Nakano12

その昭和浴場の横はこうなっていて、ここの向かい側にさきほどのコンクリ蓋があります。

最初これが鉄板暗渠に見えたのですが、どうも鉄製の半渠みたいです。家の敷地になっているので、その下の構造まで確かめられませんでした。うぬぬ・・・どこまでも照れ屋さんな支流ですね。

そろそろ桃園川が近く、小さな用水路がいくつもあるエリアということもあり、ここから桃園川との合流部までは、わかりにくくなります。そしてこの近くで、近くの崖から来るもうひとつの支流を合わせるようなので、次回はその支流を(地図もつけて)ご紹介したいと思います。

|

« 忍川とキムチ横丁 | トップページ | 桃園川支流を歩く その22中央西公園支流(仮)も、かくれんぼ支流 »

1-1 さんぽ:桃園川」カテゴリの記事

コメント

暗渠を追ってきたら銭湯の前に出た、なんて、暗渠好きにしかわからない喜びの瞬間でしょうねーw
銭湯横ハンキョも新たな形状で嬉しくなりますね!

投稿: lotus62 | 2010年6月14日 (月) 12時37分

そうですね~。「やっぱりね~。(にやにや)」みたいな感じですよね。

銭湯横は、正直ちょっと微妙なんですけど、ただの誰かんちの玄関だったらあのようにする必要はないはずなので、クロにしちゃいました。

投稿: nama | 2010年6月14日 (月) 13時42分

浅田次郎の「地下鉄に乗って」(映画化もされています)では、冒頭、主人公が新中野でタイムスリップしますが、そんな主人公になってみたいような話題ですねw
続編も期待しています。

投稿: リバーサイド | 2010年6月14日 (月) 21時07分

>リバーサイドさん

あ、それ映画で見ました。そうか、あのときは「昔の鍋横だ~~」と嬉しがっていましたが、今だったら桃園川支流のことが気になりそうですねw うーん、タイムスリップしてみたいですね~w

投稿: nama | 2010年6月15日 (火) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/48626811

この記事へのトラックバック一覧です: 桃園川支流を歩く その21西町天神支流(仮)は、かくれんぼ支流:

« 忍川とキムチ横丁 | トップページ | 桃園川支流を歩く その22中央西公園支流(仮)も、かくれんぼ支流 »