« 桃園川支流を歩く その21西町天神支流(仮)は、かくれんぼ支流 | トップページ | 桃園川支流を歩く その23奇跡の欄干「かう志んばし」 »

桃園川支流を歩く その22中央西公園支流(仮)も、かくれんぼ支流

Nakanomap1

前回ご紹介した西町天神支流(仮)は、このように青梅街道から桃園川へと北へ流れていました(地図はyahooから拝借)。昭和浴場のところまで、概ねコンクリ蓋がかぶさっています。ただし、上を歩くこともできなければ、滅多に目視すらできないという、かくれんぼ支流です。

そして、今回ご紹介するのは、ご近所さんのもうひとつの支流です。

Nakano13

またしても、水源はよくわからないまま出かけたのですが、今回は桃園川探検隊さまの地図により教えていただいた中野区の”中央西公園”から出ている流れ(ちなみに前回は杉並区史跡散歩地図が初見だったような)。中央西公園をまずは目指します。

Nakano14

するとこの公園はけっこうな崖上にありました。

公園の端っこは、危険だからか数メートルほど近寄れず、高いフェンスが付いています。崖下を観察したいわたし(←危険)にとっては、もどかしいことです。
出来る限り見下ろすと、ん?あの丸いのは井戸なんでしょうか?

Nakano15

ま、いいや。崖下へ移動~。

すると、ありましたありました!
地図上では中央西公園に池でもあるのかと推測していましたが、これは崖からの湧水による流れなのでしょうね。でも名前はひとまず、”中央西公園支流(仮)”にしちゃいます。

Nakano16

公園下の崖は、東西に伸びているので、両端を確認します。まず、探検隊さまの地図だと何もないほう、の東端。

お?一筋ありました!しかもこっち(北)に向かってきてます。

Nakano17

崖から出てきて、ここで蓋はストップ。でも地形的にはこのまま北進し、桃園川に向かって行く細流がありそうな感じです。

Nakano18

こんどは西端を見るべく、また崖に戻ります。ここはアスファルトがけ暗渠になってますが、ぶっといパイプがぼすーん、ぼすーんと突っ込まれていて見事です。

Nakano19

数メートル西へと行くと、もうこうなっちゃって歩けません。植物が立派過ぎて、蓋が何だかもわからないという。。。

Nakano20

またも、かくれんぼの始まりなのかな。

崖下をあきらめ、さきほど流れが抜けて行った家の反対側を見ると、おお、出てきてます!

Nakano21

そして道路を渡ると、駐車場わきになるので今度はばっちり見られます~。

いやあ、良いですね~、この荒れ放題。

Nakano22

よく見ると、さっきよりも興奮度の高いコンクリ蓋(側溝によくあるやつから、暗渠用?の大きな蓋になったということ)に変わっています!ゴミや植物に覆われながら、カーブを描いて駐車場の横を抜けて民家の合間へと流れます。といっても、この駐車場は以前は民家があったような雰囲気。今だからこそはっきり見られる流れなのかもしれません。

Nakano23_2

家々の間への入口。

なんだろこれ?

Nakano24

上の写真のように、トタンでふさがれているので、下流が見られなくなってしまいました。

Nakano25

仕方がないので、迂回です。出口にあたりをつけて、見に行くと、お~、あったあった!

しかも、ここは穴が空いてて、中央西公園支流(仮)がちょっと拝めるじゃないですか!!うほー。・・・覗いてみたら、中は乾いていました。

Nakano26

でもやっぱり、すぐに家々の間にもぐっちゃうのです。上の写真が、中央西公園支流(仮)さんを、最後に見られる場所です。

そしてそこから空を見上げてみれば、マジック温泉、と描かれた銭湯のえんとつが立派に立っているのでありました。

・・・ここで、近所のおじいさんに「なんか探してるの?」と声をかけていただいたのですが、怪しまれないようにと咄嗟に出てしまった言葉が「いえ!銭湯の煙突撮ってるだけなんで!(にっこり)」。・・・あああ、支流のこと聞けたらきっと良かったのに~~ばかばか。

Nakanomap2

さてさて、今回のおさらいです。
西町天神支流(仮)は黄色、中央西公園支流(仮)は水色です。中央西公園支流(仮)は、おそらく東にも少し分流しているけれども、大半は西に向かって西町天神支流(仮)と合流するように思えます。かつては昭和浴場の排水も合わせていたのでしょう。
ただし、暗渠蓋のあった黄色および水色の流路と異なり、緑色部分は手掛かりがないので、まったくの推測です。

Nakano27_2

そして合流した支流たちは、ほどなく桃園川へと注ぐはず・・・桃園川緑道へと近づいていくと、さきほどの緑色の流れの延長上には遊び場79番(後日再掲予定)がありました。

Nakano28

そしてそのまま北進すると、遊び場79番からすぐの緑道に、合流サインがありました。

・・・ただし、かつてはこの近辺は用水路が張り巡らされていたり、桃園川の本流の位置がここではなかった時期があったりするので、この支流たちの”正しい合流点”が何処か、と定めるのは難しいような気がしています。

Nakanoil

今回の桃園川支流中野西町近辺のたび、もう1話だけ続きます。 

・・・そこに向かう前に、よしながふみも大好きな”イル・プリモ”でごはん。桃園川の宮園橋すぐ近くにあるイル・プリモですが、つぎの目的地のすぐそばでもあります。今回は初めてボンゴレを頼んでみましたが、もう、今まで食べたことないくらいの濃厚なうまみ!見てください、このねっとり具合~~。あまりにおいしいので、お会計時に「ごちそうさまでした!」と間違えて「ありがとうございました!」と言ってしまいました。そんな、感謝したくなるほど美味しかった、という一皿ですw。

|

« 桃園川支流を歩く その21西町天神支流(仮)は、かくれんぼ支流 | トップページ | 桃園川支流を歩く その23奇跡の欄干「かう志んばし」 »

1-1 さんぽ:桃園川」カテゴリの記事

コメント

むわーボンゴレうまそですねーw ほんと濃厚そう!
暗渠の上を歩くのも楽しいですが、隠れ暗渠あばきも実におもしろいですね!

投稿: lotus62 | 2010年6月15日 (火) 18時45分

ほんと美味しそうだ~(*^_^*)
やっぱ怪しまれたり(声かけられたり)するんだね笑。TVで見たんだけど、古い団地の写真集とかあるんだって。そういうのも一緒に訪ねてみない?笑

投稿: ポコ | 2010年6月15日 (火) 19時45分

>lotus62さん

ココ、けっこう色々なもの(ドルチェまでも)が濃厚でおいしいんですよ~。
そうですね、上を歩けない暗渠はもどかしくもありますが、たしかに、いったん途切れた後の再会のときのテンションはすごく上がりますね~~!

>ポコさん

ちょっと~、今回は怪しまれてないよ、たぶんw でもうろうろしすぎてると自分でも怪しく感じる。地図持ってるからか、道に迷ってると思って声をかけてくれる人はけっこういらして、東京も捨てたもんじゃないと思うよ~w
団地萌え!このまえスリバチウォーク行ったときに、団地萌えの方もいたよ。わたしは団地はよくわかっていないけど、荻窪の方にカワイイのがあるから、そこなら連れて行ける!なんかほかにも良いネタあったら行きましょ~~。

投稿: nama | 2010年6月16日 (水) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/48636565

この記事へのトラックバック一覧です: 桃園川支流を歩く その22中央西公園支流(仮)も、かくれんぼ支流:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/06/16 09:05) [ケノーベル エージェント]
中野区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年6月16日 (水) 09時07分

« 桃園川支流を歩く その21西町天神支流(仮)は、かくれんぼ支流 | トップページ | 桃園川支流を歩く その23奇跡の欄干「かう志んばし」 »