« 遊び場○番特集 その2(4、25、43、86) | トップページ | 保土ヶ谷湧水紀行 »

空川再々

Sorar1

駒場で一日仕事有り。
かねてより気になりし空川周辺の探索、再びいたしたく候。

・・・1時間勝負也。
以前、空川の水源の一つ、(通称)一二郎池からの流れは、付近のなかでは一番それっぽい、ここを通るのだろうと書いていました。
たしかに最初にここを見つけた時は、絶対ここ!と思ったものです。ところが、頭の中で、どうも一二郎池の位置はこの暗渠?よりも右すぎる気がしていて、な~んか違和感があったのです。なので、そこらへんを、たしかめに。

Sorar2

上の写真の位置と近いところに、並走するような道がないか探します。

さっそく、一本。入っていきます。

Sorar3_2

それっぽいような、それっぽくないような・・・

左側の段差はなんだか違和感があります。

Sorar4

もうちょっと奥へ進むと、ほら、このように。パイプが地面へと伸びていました。

暗渠指数(lotus62さんからパクリました)がちょびっと上昇します。

Sorar5

今の道の出口には、このような3連のマンホールがありました。

斜めに低地へと向かって行っていて、(もちろんわたしの希望が入っているのでこういう見方になるのですが)その向かう先は、線路を越えて、空川の暗渠につづくような位置関係ではあるのです。

暗渠指数、60くらい?

Sorar6

もうひとつ隣に、こんな道がありました。

右手はけっこうな崖。その下に在る、ちいさな蓋がけの溝。。

この、新たに言っている2本の道は、どちらも、一二郎池から流れが来ていてもおかしくは無い位置かと思います。
ちいさなちいさな小川でいいから、あったのだったら嬉しいなあ。

Sorar7

さて、線路を越えて、もう少し何かないか探します。

すると、駒場ばら園がありました。へぇ~、こんなところにばら園が!知りませんでした。今度行ってみたい・・・

はぶ 園、って心無い人が書いちゃってますね;;

Sorar8

一二郎池にも行ってみます。

Sorar9

以前来た時にはここに竹筒が見えたのですが、今回は見えませんでした。

Sorar10

ほとりをうろうろしていると、ヘリのあたりに、なんだか見覚えが。

写真左手、手前部分がぐちょぐちょと湿地っぽくなっています。これ、以前来た時もありました。
以前は雨の跡かと思っていたのですが、もしかしたらちょっとだけ湧水が浸み出しているのかも?

Sorar12

反対側にもぐちょぐちょしているところがありました。たしか、ここらへんも以前似たようなことになっていた気がします。

写真の半分よりちょい左、地面が濃い色をしているところです。やはり、浸み出しているのでしょうか・・・?

Sorar13

そろそろタイムアップ。一二郎池を上から眺めます。

すばらしい谷頭っぷりですね。そしてその谷頭の左右に、湿地様の場所があるのも。

うーん、良い場所です。

つぎ来る時は、ばら園とともに見たいです。

|

« 遊び場○番特集 その2(4、25、43、86) | トップページ | 保土ヶ谷湧水紀行 »

1-9 さんぽ:その他の暗渠」カテゴリの記事

コメント

先日の大橋JCTの見学会のあと、空川にまわろうと思ったのですが、当日、雨であきらめました。そのうち、行くかと思いますので、参考にさせていただきます。
あと、一二郎池って気軽に入っていけるのでしょうか?

投稿: リバーサイド | 2010年4月 9日 (金) 20時33分

私は今回みたいな細い道+自然があるとこが結構タイプみたい!

これからの季節、まさに散歩日和だね!
ますますの健闘を!祈

投稿: ポコ | 2010年4月10日 (土) 11時05分

>リバーサイドさん

空川、わたしもまだまだよくわかっていないので、レポート楽しみにしております。
一二郎池は気軽に入れますよ~。写真の扉みたいなやつは、小学生立ち入り禁止区間(危険なんでしょうかね?)についてるっぽいんですが、それって小学生が遊びに来てもいい前提なんでしょうし。ともかく池やレストランは自由に入れると思います。

>ポコさん

とくに最後の方の写真は自然って感じだよね~。
そうそう、散歩日和だね!どうもありがとうw

投稿: nama | 2010年4月12日 (月) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/48037146

この記事へのトラックバック一覧です: 空川再々:

« 遊び場○番特集 その2(4、25、43、86) | トップページ | 保土ヶ谷湧水紀行 »