« 赤羽☆ワンダーランド | トップページ | 桃園川支流を歩く その20相澤堀を阿佐ヶ谷駅まで »

赤羽☆ワンダーランド その2

Aka17

その1のつづきです。

赤羽から荒川のほうへ歩きつつ、途中でみつけた面白い暗渠なものたち。

この車止め・・・パイプでしたw かるくて、くるくる回っちゃいそうだし、なにより車が踏みつけて行けちゃえそうな、儚げな車止め。

Aka18

それから、これきっとそうでしょ!的な違和感のあるスペース。駐車場の一部が、取り残されています・・・。向かいには用水路暗渠を思わせる細道がありましたし。

ふるくて味のある建物が多々あり、銭湯ももう一軒あり、クネリ道に細い道・・・、自然と、田畑と用水路に囲まれていた時代に思いを馳せます。
そしていよいよ川に出ます。

Aka19

新岩淵水門です。
この水門を見る、ということは、一度荒川知水資料館の前を通過するんですが、まずは川べりでのんびりする方針。

うーん、でかい(あたりまえw)。そしてこの、空の青、川の青、水門の青。

あの水門の向こうは、隅田川のはじまり。隅田川は、桃園川が注いでいる神田川が注ぐところ・・・。

Aka20

この赤いのは、旧岩淵水門です。

その向こうに中ノ島というちいさな島があり、そこでしばしぼうっとするのです。

ちなみに、これらの位置関係をば・・・

Akamap2 川好きのみなさまにはごく当たり前のことと思いますが、なにしろわたしは、荒川オンチ。自分に向けての説明を書きますwまたyahooさんから勝手取りです、、
そのむかし、荒川があまりに暴れんぼうだったので、放水路をつくって東京を守ることにした。その荒川放水路が現・荒川で、ふるい流路が隅田川。以前の分岐点は中ノ島のところにある旧岩淵水門で、現在機能している新岩淵水門はやや下流にある。これらの川の呼び名や歴史は、もっともっといっぱいありますが割愛。
支流である新河岸川もあり、もうここらへんはどっちを見ても川、川、川。

Aka21 その川川川なエリアのど真ん中に寝そべり、ワンカップをちびりちびりと飲みます。
川たちが大きすぎるからなのか、中ノ島はとてもしずかで、あたたかくて、どこを見ても青色や緑色で、とても癒されました。

なんだかこの写真、いいちこの広告みたいだな~w

その後、荒川知水資料館に寄りました。ここの、ライブラリで川関係の資料を読みふける予定で時間を取っておいたのですが、、、残念ながら日曜はライブラリは使えないとのこと。うう、残念。だけど資料をたくさんもらってきました。中にはくもじいとくもみ的な資料もあって、何回見ても、なんだかたのしい!

Aka22

さて、帰りは志茂のほうにクネリ道を歩いていく計画です。

志茂銀座という商店街でお惣菜でも買っていこうと思ったら、やっているお店がほとんどありませんでした。ややショック。

途中、志茂銀座から左に折れた道が、暗渠指数高めでした。

Aka23

これこれ。

用水路暗渠っぽいです。遡っていきます。

Aka24

だんだん狭くなり、最後はカクカクっと曲がって車止めで終わります。

Aka25

このカックンがいちばん好きでした。

そして志茂から帰りました。南北線でここまで北上したのは、たしか初めてです。

Aka26_2 実は、大河川は少し怖かったのです。以前隅田川のほとりを歩いていたとき、波打つ水面(おそらくは船のせいで)や底の深そうな黒ずんだ色合いに、落ちたらどうしよう、と、あまり水面を見ることもできませんでした。ところが、今回の川たちはとてもしずかで、浅瀬があったりして、色もきれいで。

そういえば先日、金町に住む友人宅へ遊びに行っていました。そのとき、江戸川や中川がうねりながら流れるすがたを見下ろす景色に、結構感動したことを思い出しました。Aka27 これはそのときの写真です。

そのとき持参したお土産、半熟カステラ。かなり美味しかったです、とくにプレーンが。(ハレノヒの凹カステラをつぎは食べたいです。)

折角の絶景だったのに、こういう”食べ”のほうに友人たちは集中していて誰も外を見ませんでした。きっと、川好きさんたちだったら、全員窓にへばりついて、離れないんだろうな。どっちもなんだか笑えますw

暗渠もいいですが、開渠の大河川も、また別な味わいがあって良いかもしれない。そんな、北上&大河川の旅でした。

|

« 赤羽☆ワンダーランド | トップページ | 桃園川支流を歩く その20相澤堀を阿佐ヶ谷駅まで »

1-9 さんぽ:その他の暗渠」カテゴリの記事

9 その他」カテゴリの記事

コメント

2年前に隅田川を歩いた際に、岩淵水門付近に行きました。
http://pub.ne.jp/sktk4a/?entry_id=1636341
中ノ島で荒川を眺めつつ、ボッー、私もやりました。(私はペットボトルのお茶でしたが) いいですよね、あそこ。
ちょっと下って荒川と隅田川が分かれる辺りに、lotus62さんが萌えそうな工場もありますよw

あと、お友達の家からの眺め、いいですよね。私なら、ずっと川を眺めていそうですw

投稿: リバーサイド | 2010年4月30日 (金) 17時09分

リバーサイドさん
そうそう、京セラケミカル川口工場とレンゴーのなんかですよね!ハイテクというよりはちょっと昭和がかった雰囲気みたいで、行ってみたいです!!!
ってnamaさん横槍ごめんなさいw
ブルーの水門の景色、すっごくいい写真ですね!

投稿: lotus62 | 2010年4月30日 (金) 18時03分

>リバーサイドさん

あ、ほんとだ、行かれてますね。中ノ島いいですよね~~!
いままであまり気に留めていませんでしたが、大きな川沿いって工場あるものなんですね。そういえば、うちの実家の方でも、工業団地は川沿いで、川の名がついてた気がします。

>lotus62さん

いえいえw 工場と川と両方楽しめて素晴らしいことですね!ある種海辺沿いの工場よりも多機能!

投稿: nama | 2010年4月30日 (金) 18時12分

私も岩淵水門見てきたことがあります。
http://636.cocolog-nifty.com/camera/2007/11/post_5.html
丸真正宗の小山酒造さんでは、「都電の街地ビール」というのも売っていると思いますので、これからの季節のお散歩にはお薦めです。

投稿: 六三郎 | 2010年5月 1日 (土) 21時20分

>六三郎さん

おお~、ほんとですね。写真がとてもステキです。
「うなぎで一杯」も良いです!
都電の街地ビール、飲んでいませんでしたが、都電も好きなのでたのしめそうです。ぜひ、飲んでみたいです!

投稿: nama | 2010年5月 3日 (月) 19時31分

岩淵水門はサイクリングロードに面しているのでよく見かけます。赤や青とカラフルで見ごたえありますよね。

投稿: ねりま99 | 2010年5月20日 (木) 08時24分

>ねりま99さん

見ごたえありますよねえ。そうですよね、サイクリングのひとたち、この日もめちゃめちゃ居ました!!というかあの場所ではサイクリングの方が一番多かったような気がしますw 川沿いのみち、気持ちいいでしょうねぇ。

投稿: nama | 2010年5月20日 (木) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/48223453

この記事へのトラックバック一覧です: 赤羽☆ワンダーランド その2:

« 赤羽☆ワンダーランド | トップページ | 桃園川支流を歩く その20相澤堀を阿佐ヶ谷駅まで »