« アメリカで暗渠を探すの巻② | トップページ | 桃園川支流を歩く その15極狭支流(仮)には続きがあった »

アメリカで暗渠を探すの巻③

Ame26

今回は、マンホール特集です。
最初に、ロサンゼルスに降り立って地面を凝視したところ、日本よりずっとマンホールの数が少なくて、それから”側溝”らしきものの蓋がなくて、驚きました。雨水処理の流れが見えにくいのです。

でもまぁ、たまにマンホールはあることはあります。
これは、サンディエゴのホテル近辺にあったもの。緑と赤の二色刷りがうつくしい、雨水排水用のもの。

Ame27

これは、UCサンディエゴ構内にあった、おなじく雨水用のもののようなんですが、ばっちりMADE IN INDIAって書いてあるのが面白くって撮りました。

これを立ち止まって撮っていたら(仕事中)、連れの人に後れを取ってしまったので、事情を説明しようと"I like underdrain !!"と思い切って告白してみたのですが、相手の反応は"HAHAHA!"のみでした。陽気にスルーされたに近いです、、、そんなわけで、アメリカ人の方の暗渠に対する興味のほどは(すくなくともその方の)、手ごたえ悪し、でしたね~w

Ame28

先述のように、側溝らしきものがほとんど見られないなか、UCサンディエゴにはこんなV字溝が。雨季の最後のほうだったらしく、乾ききってますけど・・・

珍しかったのでパシャリ。

Ame29

おなじく大学構内の、ユーカリ林の地面に、唐突にこんなふうにマンホールがあったりします。

たぶん周辺の雨水がダイレクトに注ぎ入るのでしょうけど、周囲の景色と独立しすぎててなんか不思議な感じです。
パカッと開けたら、焼き芋とか出てきそう。

Ame30

これは、ロサンゼルス市内のもの。

ベルシステム、ってあんまり馴染みがなかったですが、電話線ってことでいいんでしょうか? 

なんだか、亀の子せんべいみたいですね~。

Ame31

これはUCLAの構内にあったもの。LA WATERって書いてあります。

丸がいっぱいあってかわいいです。

Ame32

これもロサンゼルス、UCLA内。WATER。小さくって、マンは入れないので、ハンドホールですね。

ちょっと黄色が入ってますが、こういう色とりどりのものもありました。

Ame33

ここからはサンフランシスコです。

しゅ、手裏剣・・・?

電気系でしょうか。

Ame34

市内を歩いていると、こんな大胆な半渠がけっこうあって、おどろきました。

最初にこれの上を歩いた時、下水の匂いがふっとしたので、エーこんな風に下水流すの?と驚きましたが、

Ame35

良く見りゃHI VOLTAGEって書いてありますね。電気系統かな。

でも底に水が溜まっているみたいで、水が溜まってて高電圧ってすこぶる恐ろしいですw

かなりでかいマンホール。比較のために足をのっけてみました。

Ame36

S★F SEWER(下水渠)。

つのだ☆ひろ的な星マークがカワイイなぁ~。

Ame37

これまた小さすぎるので、ハンドホールでしょうね。

なんも書いてないので、なんのホールなのかわかりません。

なんだか、クラッカーみたいですね・・・

Ame38

S★F CALIF って書いてあります。CALIFにはカリフォルニア州以外の意味はないみたいで・・・用途がわからないマンホールでした。

デザインはシンプル、ですね。

Ame39

そしてこれが雨水用とおぼしきもの。周囲に継続した側溝はないので、付近の降った雨が一目散にここに来、吸い込まれるのでしょう。この、側溝を設けず道路の脇を凹ますやり方、他の2都市でもそうでした。
ただ、他2都市では道路の脇にこのような凹みがあって、その真上にマンホール蓋、というまた違う構造で、わたしとしたことが、きっと次のシスコでもその形状だろうとか思ってしまって、写真を撮らなかったのです・・・、激しく後悔してます。

ちなみに、AJAX FOUNDRY CO.(アジャックス鋳物工場)とだけ書かれています。なぜ、用途ではなく製造元だけ・・・。

Ame40

これは、UCバークレー構内のもの。星がいっぱいで、めちゃめちゃカワイイです!!(これが一番気に入りました~~)

H.C MACAULAY FOUNDRY CO. BERKELEY CAL 、、、マコーレー鋳物工場で制作したようですが、いったいなんのマンホールなのかはわかりません・・・

Ame41

それから、な~んと、まさかの大径マンホール!

Ame42

以降、さらなる残り物写真を。突然マンホールじゃなくなりますが・・・、ロサンゼルスのメトロの駅に、空飛ぶ人がいましたので。

・・・一体どういうコンセプトなんでしょう。シュールだなぁ。

Ame43

それから、車でサンフランシスコからベイブリッジを経てバークレー市内に行く途中、橋を降りてすぐのところに浄水場があったので、興奮してパシャリ。
この付近には工場地帯があります。その、たちならぶ工場のクレーンを見たジョージ・ルーカスがスター・ウォーズを思いついたのだと、地元の人が言っていました。

Ame44_2

そしてハンバーガーはやっぱりでかくて、パテが厚くてジューシーでおいしかったです。

奇しくも、いまマックでカリフォルニアバーガーをやっていますよね。もう、早く食べたくて仕方がありません。

うわーん、おいしそー!!・・・ってことで、アメリカで暗渠を探すの巻、これにて終了です。探せば、何かはあるもんだ!

|

« アメリカで暗渠を探すの巻② | トップページ | 桃園川支流を歩く その15極狭支流(仮)には続きがあった »

2 地方の水路」カテゴリの記事

コメント

バラエティに富んだマン(&ハンド)ホールですね!
多色のやつとハンキョめがね型のやつがとくに気に入りましたー。
ルーカスも工場萌えだったということですねw仲間w

投稿: lotus62 | 2010年3月19日 (金) 13時06分

アメリカのマンホールってデザイン性に富んでてお洒落だねぇ。

ところで、マンホールのマンって、マンの意味だったなんて…。知らなかった~(笑)

投稿: ポコ | 2010年3月19日 (金) 14時00分

>lotus62さん

多色のやつ、なんだか青銅の盾みたいな、格好良い重量感がありますよねえ。半渠めがねは怖かったです。
工場萌えな人なのかもしれない、と思うと、やっぱ親近感わきますか?ww

>ポコさん

ね、なんか英語なだけでも可愛く見えちゃうよ。日本のマンホールも、なかなかやりよるので、ぼちぼち載せましょーか・・・。
マン→パーソンにあちこちで言葉が変わってきてるけど、これも変わったり・・・するのだろうか、いつか??

投稿: nama | 2010年3月19日 (金) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/47849145

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカで暗渠を探すの巻③:

« アメリカで暗渠を探すの巻② | トップページ | 桃園川支流を歩く その15極狭支流(仮)には続きがあった »