« 東京ぶらり暗渠探検(本) | トップページ | 桃園川支流を歩く その14交番東支流(仮)→ほんとは石橋湧水路 »

ミシマヨイトコ

Misima1

ある週末。別な目的地への通りすがりで、三島市に降り立ってみました。

三島について、それまでのわたしは何にも知らなくって、直前になって実は湧水が豊富らしいということを知ったのです。
どうやら、市内に何箇所か、富士山の伏流水が湧き出るポイントがあるようです。

比較的駅に近いせせらぎモノを幾つか回ってみました。まずは、”愛染の滝”。道路の真ん中にある人工物みたいに見えてしまいましたが、かつては愛染院という寺院が傍らにあり、溶岩が盛り上がってできた溶岩塚なのだそうです。湧水とは無関係で、この溶岩塚を利用して人工の滝にしたみたいなのですが・・・あらら、枯れてました。。ちっと残念。

Misima2

つぎ、鏡池。
ここはかつては湧水ポイントだったそうですが、枯れてしまったのだそうです。しかし、近年復活事業がなされ、水を湛えている画像もあったのですが、このときは・・・うぅ、枯れてます。。

駅前で上がったテンションが下がりかけてきますw

Misima3

さて、鏡池の近く、菰(こも)池はどうでしょう。おおー!すっごい、なみなみしています。うれしい。。

ここにはいまも湧水があるというのですが、ぱっと見わかりませんでした。
目に見えて水が供給されている場所は、左の写真、池の真ん中部分にある四角いところ、それから、段差部分の両脇から、でした。

Misima4

ほんとはこんこんと湧く、そのさまを見てみたかったのですが・・・湧水点を見極められずとも、水はおどろくほど透き通っていて、それだけで満足してしまいます。

鯉じゃなく、こういう清流に住んでいそうな魚がいるというのも、良いですね。

この菰池は、桜川という川の水源になっています。

Misima5

桜川を下って行くと、ただの側溝からこんなにもきれいな水が流れ着いていました。

これも湧水?

興味津々で側溝の音に耳をそばだてつつ、辿ってみたけれど、住宅地の中に入ってしまい水源は分からずじまい。(住宅地の中にも湧水があったら贅沢ですね~!)

Misima6

白滝公園の脇。

白滝公園は”湧き出る水量があまりに多く、滝のように流れ落ちる”のが名の由来だそうですが、このときはそうでもなく。どうやら、湧水の良い時期というのは初夏~秋ということなので、時期が違ったのかなあ。。

それにしても、市内を流れるこの川の、うつくしいこと!
ほかにも、まだまだ行きたい場所があったのですが、残念ながらここでタイムアップです。

Misima7

あとは三島じゃありませんが、伊豆のあちこちの清流をご覧ください。

天城越えをし、河津七滝(ななだる)へ。

腹ごしらえに、修善寺の駅弁”アジ寿司”と、地元の日本酒を。川の流れで酒を冷やす”ふり”です。(すぐ飲んじゃいましたw)

Misima8

天然のコバルトブルー、なんて、久々に見た気がします。

涼やかで、癒されるような気持ちになったり、すこしこわいような気持ちになったり。

Misima9

自然を堪能していると、いきなり分水路が。

画像、左側は川の本流ですが、右端に人工的なくぼみがあります。うへー、こんな山奥の川にも分水路が存在するのですね!

Misima10

そこからすこし下流にいくと水門が現れます。この景観の中、水門だけ近代的ですね。。そしてその水門の両側をジャバジャバ溢れながら水が流れているので、この水門の役目についてちょっと疑問を持ってしまいますw 

とってもふしぎ。なんのために・・・?

Misima11

そして、水門から出た流れのうち、分水路に行ったものは、山奥の道をこうつたって、

Misima12

なんとこんな森林の中を駆け抜けてゆくのです。全貌が撮れていませんが、けっこうな山奥の斜面です。

このさき、山の中腹をこういう人工の水路がずっと走っていくのでしょう。うーん、ふしぎな光景!

Misima13

舞台は変わって、下田の、すてきな川沿いのみち。

川と、でっぱりと、カーブと、ふるい家。

と、いろいろな水と川を見てきました。三島で時間が限られていたため、寄ることができなかったのですが、最大の気がかりは「柿田川湧水群」です。これすごい!!
もっとも惹かれたものは、”湧水コーヒーや湧水水割り”が格別の味、というもの・・・。

湧水水割りですって!!

今まで、湧水なんて尊と過ぎて、酒を割ろうなんて思いつかなかったのですが、そりゃ美味しかろう!・・・今回行くことができなかったので、都内の湧水でやってみようかとも思いましたが、調べてみると案外そのまま飲めないものなんですね~。・・・と、いうわけで、柿田川湧水群&湧水水割りをいつの日にか!という野望ができました。
三島では駅前でレンタサイクル無料、という太っ腹なことをしてくれるので、それを使って行ってみるのも、健康的で良いかもしれません。

|

« 東京ぶらり暗渠探検(本) | トップページ | 桃園川支流を歩く その14交番東支流(仮)→ほんとは石橋湧水路 »

2 地方の水路」カテゴリの記事

コメント

「地方水路シリーズ」、充実してきましたねーw

山の中の水路がすごく新鮮です。
水と人とのかかわりって、すごいなとおもいました(<小学生の感想みたいだなw)。

投稿: lotus62 | 2010年3月 1日 (月) 12時37分

>lotus62さん

はっ!そうですね、地方の水路で1カテゴリ、できそうですね。良いアイディアを有難うございますw

かなり山深いところでも、水路やパイプみたいなものがあったりすると、人と水とのかかわりについて、すごいような、でもちょっと複雑な気がします。

投稿: nama | 2010年3月 1日 (月) 12時57分

こんにちは。ちょっとご無沙汰してましたimakenpressです。
ここ1か月半ほど飼い猫の体調がやや不調で、仕事以外でなかなか出掛けられない日々が続いていります。(^_^;)
三島っすか~。水がキレイなトコですよね~。
美味しいお茶で有名なことや、東の丹那トンネルの工事で(上の丹那盆地の)湧水が渇水してしまったことなど“水”に関する話題の多い街かと思います。
これからも地方シリーズ楽しみにしてます!!

私は、もう少し余裕ができたら、廃線散歩をレポしたいです!手始めは武蔵野競技場線あたり!?

投稿: imakenpress | 2010年3月 1日 (月) 17時40分

柿田川、ときどきTVで紹介されていますよね。綺麗な湧水を一度見てみたいものです。
三島といえばうなぎが有名ですね。伊豆に行くとき、車で通過するのですが、こちらも体験していません。

投稿: リバーサイド | 2010年3月 1日 (月) 21時24分

>imakenpressさん

おはようございます。みぃこちゃんとその仲間たち・・・拝見してました、どうか少しでも幸福で長生きをできるよう、応援しています。
三島の水ネタ、やはりご存知なんですね。ぜんぜん知りませんでした~。そう、水がとってもきれいでした!ち、地方シリーズ、がんばりますw
廃線!武蔵野競技場線って三鷹からのびるアレですよねぇ?アレ、わたしも狙ってましたw 武蔵境の引込線以降、ノビノビになってたんですが、暖かくなったら行く予定です。

>リバーサイドさん

おお、TVに出たりしてたんですか。つくづく、暗渠萌え前との自分アンテナの違いを感じます。私は電車でいったのですが、三島駅前は湧水&せせらぎ系モニュメントで気合入ってましたよ。
うなぎ、良いですね。湧水水割りに追加して、うなぎを目指そうかなあ。(ああ、でも蕎麦も良いですよね・・・)

投稿: nama | 2010年3月 2日 (火) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/47652564

この記事へのトラックバック一覧です: ミシマヨイトコ:

« 東京ぶらり暗渠探検(本) | トップページ | 桃園川支流を歩く その14交番東支流(仮)→ほんとは石橋湧水路 »