« ミョウガの谷を歩く | トップページ | アメリカで暗渠を探すの巻① »

東京ぶらり暗渠探検(イベント)

Event

お台場で暗渠イベントがあったので行ってきました。

ある程度暗渠に関わっている方々が来るはずと考えると、ふだんブログでやり取りさせていただいている方々・そうでない方々、いずれにせよ、人通り少ない薄ら暗い道を、ほそぼそ歩いている人々が一堂に集結する(しかもお台場)。それってなんだかスゴイこと!

会場入り口の写真、中のようす、いろいろ撮りたかったですが、うっかりコレのみになっちゃいました・・・コレは、KLO@廃墟徒然草さんが発表された、”トンネルの埋め跡”で、即座に「こりゃ行かなくちゃ」と思って撮ったものです。発表者4名それぞれ、独自の切り口と経験値でもって魅力的な発表をされ、す~~~っごい楽しめました!熱くうなずいたり、感動して「ほ~!!」となったり。
わたしはへたれなため、lotus62のアニキと一緒にアルコールを注入しつつ見させていただきました。閉幕後には、てづくり名刺で挨拶まわりをし、初めて関係者のみなさまのお顔を拝見し、なんだかとっても嬉しかったです。

それからいそいで未来館に移動して、見たかった”おいしく、食べるの科学展”を堪能。なかなかすてきな週末でした。

そして明日からは約1週間、アメリカ出張なので、しばらく更新はオヤスミします。西海岸、もと砂漠だった都市だったりするので、きっと暗渠は期待できないですが、下水道、マンホール、(そしてあわよくば暗渠)等々、なるべく目を凝らしてこようと思います。

|

« ミョウガの谷を歩く | トップページ | アメリカで暗渠を探すの巻① »

9 その他」カテゴリの記事

コメント

ご来場ありがとうございました。
お会いできて嬉しかったです。
「お馴染みの方々がいらしているはずだけど、『あなたはダレ?』とか端から訊いて歩くわけにも行かないしさ」と、借り物のMacのタッチパッドに“の”の字を書き綴っておりました庵魚堂です。

ご出張ですかー。
機会がおありでしたらシアトルの Underground tourをぜひ。
ってわたしも実物はまだ見ていないので、先遣隊としてひとつ(笑)

投稿: 庵魚堂 | 2010年3月 8日 (月) 00時17分

お会いできたこと嬉しく思います。
公演中、私は1人寂しく、アルコールを注入していました。
女性の方も結構いらっしゃいましたね。namaさんってどなたなんだろうと、ちょっとキョロキョロしちゃいましたが。

アメリカ、いいですね。気をつけていってください、でも日本みたいに安全ではないので、あまりフラフラしないようにw

投稿: リバーサイド | 2010年3月 8日 (月) 00時38分

こんばんは。ご来場ありがとうございました。
暗渠、確かに暗いという字があるし、「人通り少ない薄ら暗い道」だし、怪しいイベントだと思われるふしもあったのかもしれません。入り口の看板にも「明るいトークショーダヨ」と書き加えられていました(笑)。
アメリカの暗渠さんぽルポ、楽しみにお待ちしております。

投稿: HONDA@東京の水 | 2010年3月 8日 (月) 00時46分

アメリカ出張、いってらっしゃい!!!
「地方シリーズ」もとうとうアメリカですかーw
でもほんと、治安は日本と全然ちがいますから、早朝や暗くなってからはもちろん、日の高いうちでも充分気をつけてくださいね。特ダネよりご自身の安全が第一ですからね。
ではお気をつけて、ボンボヤージ!

投稿: lotus62 | 2010年3月 8日 (月) 09時19分

出発が午後なので、出勤してきちゃいました;

>庵魚堂さん

お疲れさまでした。あの番組、私が全くTVを見ていない時期のものだったので、色々と新鮮でした。裏話も面白かったです~。緊張しましたが、お目にかかれて光栄でした!
シアトルにUnderground tourなんてものがあるのですね!残念ながら今回シアトルには行かないのです、、、うぅ、魅力的。

>リバーサイドさん

こちらこそ、お会いできて光栄でした。リバーサイドさんはなんとな~くイメージしていた雰囲気と近くって、なんだかほっとしました。
そうなんです、女性、しかも一人客が結構いらしてたんですよね。あの女性たちも、暗渠が好きで、どっか廻っているのかな~と思ったらなんだか嬉しくなってきちゃいました。・・・きっと「nama=なんか食ってる」人だと思われてたんじゃないかと思いますが、あんまり食べないで、お話聞いてましたw
はい、気をつけて行ってまいります!

>HONDAさん

おはようございます。土曜はお疲れさまでした。
暗渠とお台場の取り合わせ、面白くて良かったですよ!・・・入口に「明るい~~」って書いてあったのですか!なんてこった、その文字見てませんでした;;面白いですね~w 
アメリカで、underdrainとかculvertは何処にあるかと聞けばいいのかな、と考えてみましたが、いやしかしそんなこと日本で質問するのと同じくらい反応悪いだろうな、と思い直し、じっと地面を見ながら歩くことにしました。なんか収穫あるといいです。

>lotus62さん

アメリカって「地方」にカテゴライズして良いんでしょうかね?w あの国はサイパンしか行ったことないので、本土はすでに怖いです、びびってます、ので、きっとだいぶ用心してると思いますw 特ダネというより地味なネタって感じでお待ちください・・・どうもありがとうございます~。
ではでは ノ

投稿: nama | 2010年3月 8日 (月) 10時04分

今頃はもう異国の地かな?
”トンネルの埋め跡”、こちらでも載せてます。
http://ei8at12so.seesaa.net/article/130549365.html
あとやはりKLO@廃墟徒然草さんが映してらしたイイカンジの階段は残念ながら新しくなっちゃってます。
http://ei8at12so.seesaa.net/article/130282054.html

投稿: えいはち | 2010年3月 9日 (火) 18時13分

えいはちさん

イイカンジの階段。最近見にいって、あれっ‥‥と思ったところでした。なくなっちゃいましたね。

投稿: 庵魚堂 | 2010年3月11日 (木) 00時02分

>えいはちさん

おお!本当だ、書いてらっしゃいますね~。この記事読んだはずなのに、、、
埋め跡のほうまでも無くならないうちに、早く見に行きたいと思います。

>庵魚堂さん

さすが、定期点検されているのですね。この階段、なんだか、今度は新しすぎて妙な感じに見えます。。

投稿: nama | 2010年3月15日 (月) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/47753025

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ぶらり暗渠探検(イベント):

« ミョウガの谷を歩く | トップページ | アメリカで暗渠を探すの巻① »