« 暗渠バー | トップページ | 東京ぶらり暗渠探検(本) »

太子堂2丁目支流(仮)を歩く

わが弟が、"蟲師"全10巻をゆずってくれるというので、喜び勇んで三茶に行ってまいりました。

Taisi1

うーん、うれしいなっと。と、246沿いを歩いておりますと、

視界の左端に何かが。

・・・ん?

・・・なんか細い道が、見えた、ような。

Taisi2

自然に足が、その細い道へと招き入れられてしまいます。

これは・・・。何の資料もないですが、暗渠ですよ・・ね?

ごめんよ、弟。姉は蟲師(というか弟)よりも暗渠らしき道を選んでしまったよ・・・。姉は行くよ。事と次第によっては、ちょっと遅れますよ~・・・

Taisi3

下ります。

246から突如始まるようなこの暗渠(ってことにしちゃいますが)、水源はわからないけれど、きっと向かう先は烏山川でしょう。

Taisi4

おふとんが干してありますねえ。

ずいぶん、良~い感じに狭いですねえ。

Taisi5

おふとん脇を通る前に、振り返ります。

見上げれば高速道路まで視界におさまり、なんともいびつなコラボレーション。

Taisi6

さらに下れば、独特な石垣。

いえ、コンクリートのかけらと、ところどころにレンガと。コンクリ垣・・・?
きれいに斜めに重ねられているところもあれば、無造作に重なりすきまをコンクリートで埋められていたり。

足元のマンホールからは、支流のせせらぎ音がきこえていました。

Taisi7

ひとつめの、四つ角に出ます。

右からも、左からも下り坂が伸びてきていて、ここはゆるい谷底です。やはり、川跡ってことなのでしょうか。

Taisi8

その先、蛇行します。右サイドは崖のようです。

すまん、弟よ、姉はどんどん道を外れて、迷って行ってしまうかもしれない・・・だって面白いんだもの。

Taisi9

道なりに、いきなりこんなスペースがありました。

テル子女神像、だそうで・・・な、何?お花がいっぱい捧げられていました。画面左側にも、いくつか置いてありました。

Taisi10

右側の崖上にたつ、アパートの敷地内にいきなり井戸がありました。

(うう、写真が暗い)

Taisi11

その先まもなく商店街(太子堂中央商店街)に出ます。ここで、まぐろ解体ショーが云々と言ってるところと同じところです。

このまままっすぐ進むと、烏山川です。

Taisi12

もう少しだけうろうろします。

おお~、”かえるひろば”!

近辺にいくつか、こういった小さめの遊び場が見られました。

Taisi13

こんな風貌の井戸もありました。なんだか、違う機械みたいですね・・・硬い物とか裁断してそう。

Taisi14

それから、さきほどの中央商店街と交叉する、下の谷商店会の、角にある八百屋さんが営業していたので、うれしくなってパシャリ。(いままで通る時は大体閉まっていました。)

そういえば、”下の谷”、なんですね~。

Taisi15

中央商店街沿いにある、富士見湯。

しかしここも、谷にあるのです。富士を見ることは、きっとできなかったと思うのですが・・・

その後やっと弟と合流。さっきの暗渠をゆびさして、

わたし「あそこ、川っぽいでしょう!?」
弟「ハハ、川っぽいねぇ(遠い目)」
・・・ほとんどスルー!!あいつめ、田舎の開渠の用水路は好きなくせに・・・

Taisi16

ともあれ、おなかがすいたので、ヨーロッパ食堂でランチ。ちなみに閉店してしまったツリボリのすぐ近くです。

ワタリガニのトマトクリームパスタを食べました。あと、さつまいものクリームスープと、サラダも。うーん、おいしい!!

かなり偶然にみつけた烏山川支流でした。地名をとって太子堂2丁目支流(仮)とします。太子堂2丁目はけっこう凹凸があって面白く、もっとこういうのが一杯あるのかもしれません。 (・・・あれ、でもムック本にもしかしたら載っているのかも?)

|

« 暗渠バー | トップページ | 東京ぶらり暗渠探検(本) »

1-9 さんぽ:その他の暗渠」カテゴリの記事

コメント

このコンクリ&煉瓦垣いいですねー!
私も今月アタマにこの辺よりちょっと東の「まんだらけ支流(仮)」のほうをぶらぶらして記事を書いたのですが、ここには踏み入れずに帰ってきましたー。こんないいとこあったんですねー!垣以外もわくわくスポット満載じゃないですかw!!
烏山川に並走するこの富士見湯のある商店街は、雰囲気的にも地形的にもすごく面白いですね。
そういえば烏山川の谷の北斜面も、ぐにゅぐにゅ曲がったワケあり道が結構あったような記憶があるので、私はこんどそちらに行ってみようかなあ。

投稿: lotus62 | 2010年2月26日 (金) 13時45分

お~蟲師、よみおわったら貸して!!
いつも皆さんと違うポイントに食い付いちゃってごめんね(^^;

投稿: ポコ | 2010年2月26日 (金) 19時49分

素晴らしい支流の暗渠。
以前、烏山川を歩いた時は前を見て歩いていたけど、今度は横を見て歩かなければなりませんね。w

投稿: リバーサイド | 2010年2月26日 (金) 19時55分

>lotus62さん

ここらへん、土地勘がないのでよくわからないのですが、まんだらけ支流(仮)は近くだったのですね?付近は崖がいっぱいで、それだけでもワクワクしてしまいました。ぜひぜひここらへんの面白レポートをお願いします!

>ポコさん

蟲師ねぇ、久々に読み返したら、昔の川跡と今の地下水脈が一致する、なんていうくだりがあって、あ~暗渠趣味とつながってる~~と思ってとっても嬉しかった!読み終えたら貸すねw

>リバーサイドさん

なかなかの物件でした。しかも、これ、烏山川からだときっとわかりにくいと思います。余力があるときに、周辺一帯をグルグル、って感じですかね。きっと他の支流たちもこうやって埋もれているのですよねぇ。。

投稿: nama | 2010年2月28日 (日) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/47667031

この記事へのトラックバック一覧です: 太子堂2丁目支流(仮)を歩く:

« 暗渠バー | トップページ | 東京ぶらり暗渠探検(本) »