« 桃園川支流を歩く その12追分用水 | トップページ | 笹塚駅から中野新橋駅まで歩く »

遊び場○番特集 その1(1,12,13,24)

Asobi24 以前、天保・新堀用水をさまよい歩いていたときに、遊び場24番、なるものを見つけました。記事はコチラで、そのコメント欄にて”遊び場○番特集”をやる宣言みたいなものをしています。

その後、えいはちさんが遊び場96番のことを書かれていたりして、”遊び場”は杉並のある意味面白スポットかもしれない、との思いが強まり、頭から離れないもの、となっていました。

まだ杉並区内のすべての遊び場○番、を見回ったわけではないのですが、少々情報を得たので、まず第一弾をやってしまおうと思います。

区の土木部公園課が出している「すぎなみの公園」という資料に、遊び場の数と場所について記載があります。それによれば、

平成元年4月の時点では、全部で32個。
もっとも古いものは遊び場1番(S42年~)で天沼に、もっとも新しいものは96番(S59年~)で和泉に、存在している。

96番まであるというのに、32個しか存在しない理由は、”遊び場”の定義と関係あります。

”遊び場”とは・・・公園の不足する地域を重点に配置している。先行取得した区有地の活用や国・都・民間の土地を借用して公園に準ずる簡易な整備(必要最小限)をし、一時的に開放しているもの。昭和42年以降、急激な市街化の進展等から子どもたちを守るため、しかし当時は公園の整備に充分な予算が取れなかったため、借地を主体とした遊び場の整備を進めた。区はできる限りこの土地を取得するよう努めているが、土地所有者との契約により、やむを得ず廃止する場合もある。

とのこと。”公園”にも”近隣公園・少年公園・幼年公園・都市緑地”と色々な区分があって面白いのですが、”遊び場”はまた独立した、公園じゃないものとして扱われています。
さっそくプロットしてみると・・・、開渠・暗渠沿いに多いこと!!その成り立ちからすると、100%暗渠サインではないわけですが、準暗渠サインにはなるかもしれない位です。

川なら水源から攻めたいように、ここは遊び場1番、をぜひ拝みたくなります。・・・すると、ふと思い出しました。

Asobi1 私、最初の暗渠さんぽのとき、1番を通っているのでした。

そう、桃園川の上流寄りに遊び場1番はあるのです。
そういえば私は、当時持ち歩いていたテキスト”神田川再発見”の中にもその文字を見つけていて、”遊び場1番”自体が、なんだかちょっと面白い、ファンキーな公園の名前だと思っちゃったんですね。

けれども、歩いていてもそんな公園など無い。だから、全然公園なんか無いよなあ~、公園をつぶして緑地にしたのがこれかなあ~、なんて思いながら、この写真を撮っていたのでした。(記事ではスルーですw)

これが、遊び場1番だったわけですw 思いっきり、桃園川の上でございます。嗚呼、なんだかおもしろくなってきました。

Asobi12 手始めに、荻窪近辺で2つほど探してみることにしました。

遊び場12番。

荻窪は天沼、1番より西にあります。・・・ある、というか、見に行ったら、あるはずの場所にはマンションが建つのみでした。その隣のブロックに空き地があって、もしかしたらこれが、12番の跡なのかもしれません。いずれにせよ、24番のような立て札がないので、廃止されたのだと思います。
ちなみに、追分用水の流路沿いです。

Asobi13_2 

遊び場13番。

南荻窪、善福寺川沿いです。ここも、あるはずの住所には、家やマンションが建つのみ。

おそらくここかなあ、という、へんに空いたスペースが、この写真です。やはり、廃止されたのだと思います・・・
すこし悲しくなってきました。

Asobi24r

現役でいてくれる、24番を再掲。

天保・新堀用水の脇で、用水路の暗渠のような風情があります。

あまりにもなにもなくて、子どもたち・・・どうやって遊ぶんかいな、「ゴルフはしないでください」ってあるけど・・・出来ないだろう、とかツッコミたくなる場所なんですが、廃止されていないというだけで、ぐぐっとありがたみを感じるようになりました。

大小さまざま、杉並のあちこちにあって、その設備の”必要最小限さ”のバラつきが見ていて面白くもある、遊び場。なるべく廃止されないうちに、ぜんぶ巡ってみたいと思います。

|

« 桃園川支流を歩く その12追分用水 | トップページ | 笹塚駅から中野新橋駅まで歩く »

3-1 特集:遊び場○番」カテゴリの記事

コメント

お。予告されていた「遊び場」特集ですね。楽しみにしていました。なるほど、そういう”定義”があったのですか・・・欠番になる遊び場、というのはなんだか哀しいですね。
先日世田谷区三宿あたりをうろうろしてたら、「イチイ広場」「てんとうむし広場」などのシリーズ広場(?)を偶然見つけました。こちらは住宅の間にできたヘタ地を使って公共スペース化しているところらしく、暗渠とはどうも関係がなさげです。しかし「あそび場」もこの「広場」も(そして東池袋の辻広場なんかも)街の発達過程におけるある種の「ショックアブソーバー」的に機能しているんでしょうね。
きっとこういうショックアブソーバー、昭和30年代とかだと「土管が転がってる単なる空き地」だったりしたんでしょうね。昔のオバQの漫画に出てくるようなやつw

投稿: lotus62 | 2010年2月 1日 (月) 14時44分

番号で呼んじゃう杉並に比べ、世田谷区と豊島区はずいぶん可愛らしいですね。
”街の発達過程におけるショックアブソーバー”、的確な表現ですね。遊び場の説明文で感じた、にわかづくり感も包含出来そうで良いです。
土管の転がった空き地、って、考えてみると自分は見たことがないのだけれど、そういえばドラえもん等々でよく”見て”はいるわけですね、そして子どもたちは充分そこで遊んでいる・・・遊び場24番も、あれでいいんじゃないかと思えてきましたw

投稿: nama | 2010年2月 1日 (月) 17時13分

おおっ!遊び場1番は現存してるんですね!
そして96番が最新だったとは!
このシリーズ、期待してます。

投稿: HONDA@東京の水 | 2010年2月 2日 (火) 00時06分

現存32個、
でも平成元年の時点でなら減ってることはあっても増えてはなさそうですね。
96番がラストというのは、僕にとってはなんだか嬉しいような。
42番はこちらです。
ei8at12so.seesaa.net/article/136109530.html

投稿: えいはち | 2010年2月 2日 (火) 08時58分

>HONDAさん

ありがたきしあわせ!
言葉足らずだったのでちょっと補足しますと、96番は平成元年時点での記録上の最新なので、幻の97番とか100番があった可能性も、なくはないです(でも、直感的にはたぶん無いですw)。それと、遊び場1番はマンションが建ちそうにはない場所で、とくに近年弄られた形跡もないので、現存、と思っちゃってますが実は看板の有無を確認していないのでした。シリーズのどこかで、また確認したいと思います;
・・・たぶん、忘れたころにやってくるシリーズになりそうですがw

>えいはちさん

そうですね、残念ながら減るばかりで(そしてそこがいとおしいですね)。で、そうそう、ラストの96番、うらやましかったです!
42番も行かれてましたか~(読んだはずなのに覚えていませんでした;;)。ここもすごいですね、何もなさがw 
和泉にある90番も、大きいので気になっています。

投稿: nama | 2010年2月 2日 (火) 10時11分

行政的にいろいろ事情があるようです。
たとえば、「都や国の管理下にある河川を暗渠化したけれど、上にできた空間(水路敷)は誰のもの?」‥‥という問題。
公園(や道路)にするとしても、都がその予算を出してくれるわけではないんですよね。宅地として売り買いしちゃうわけにもいかない。
杉並区では玉川上水の上を区で借り受けて公園にしていたりしますが、すべてそれをやってられっかよ、というわけで「遊び場」なわけです。

‥‥「遊び場」というのは子どもが遊ぶんじゃなくて、土地が遊んでいるのだ、というのが私の解釈です(笑)

近所の個人宅が勝手に占拠しちゃう→ゴタゴタに発展する、なんてケースも少なくないので、それを防ぐ意味もあるんじゃないでしょうか。

投稿: 庵魚堂 | 2010年2月 2日 (火) 14時27分

>庵魚堂さん

なるほど~・・。コメントいただいて、やっとこさ繋がったのですが、予算の関係、で考えてみて、その遊び場の設置時期と充実ぶりから、その年の区の予算の余り具合やら力の入れ具合を推測してみるのもおもしろいかもしれない!と思いました。ただ鑑賞するよりさらに面白そうですwどうもありがとうございます。

それにしても「土地が遊んでいる」解釈、さすがです~ww

投稿: nama | 2010年2月 2日 (火) 17時12分

お久しぶりです。「暗渠さんぽ」は、素晴らしい公園記事が充実していて楽しく拝見しています。川と暗渠は本当に密接な間柄ですね。最近、私も小さな街角公園や児童遊園に興味を持ち、チェックしています。今度仲間内で「渋谷川上流とその近辺の公園ツアー」をやることにしました。そんなに細かく見るわけではありませんが、もしご都合がつかれたら、いらっしゃいませんか。11月26日(土)です。メールをいただけるとうれしいのです。よろしくお願い致します。

投稿: kajiyama kimiko | 2011年11月17日 (木) 22時25分

>kajiyama kimikoさま

こんにちは、お久しぶりです。また、返信が遅れてしまい申し訳ございません。
ここではほそぼそと、子どももろくに遊んでいないような公園(?)ばかり載せているのですが、コメントいただき幸いです。このような公園は川沿いが多いですよね。杉並ばかり見ているわたしですが、たとえば豊島区でも小さな公園にいちいち反応してましたし、他の区の公園も興味しんしんです。
ですので、「公園ツアー」お誘いいただき大変光栄です!メール、お出ししますね~。

投稿: nama | 2011年11月21日 (月) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/47449087

この記事へのトラックバック一覧です: 遊び場○番特集 その1(1,12,13,24):

« 桃園川支流を歩く その12追分用水 | トップページ | 笹塚駅から中野新橋駅まで歩く »