« 桃園川支流を歩く その13馬橋稲荷支流(仮)と、いくつかの発見 | トップページ | 暗渠バー »

四面道口からの田用水を歩く

千川上水から取水され、青梅街道沿いを流れる用水路、第2弾です。区の歴史サイトによれば、青梅街道沿いに6つほどの分水口があったそうです。そのうちのひとつ、四面道口から南下していくものを、今回は歩きます。

Hutaba 今回の腹ごしらえは、らーめん二葉
歩いていたら、意外な場所に”上荻店”なる新し目の店舗があり、こんなところに二葉ができていたんだ~、と、発見したので食べた次第。

”しそ塩ラーメン”です。なかなかおいしいです。塩ラーメンがそれほどあっさりしていないので、しそは無くてもよかったかな。
二葉って、しょうゆラーメンしか無いと思ってました。むかし、荻窪に住んでた友達が、「2日に1回は二葉食べてる」と言っていて、なんか凄いなと思ったのを思い出しました。その後地方の局アナになった可愛い子なんで、なおさら。。

Simen2

四面道につきました。
さきほどの区のサイトには取水口について「四面道交差点南、観音御出(という道)の北側2軒目云々・・・」と記述されていますが、下調べ不足で観音御出の位置がよくわかりません。環八のどちら側かがそもそもわからないので、適当に東側だけ探してました・・・(率直に言うと西側に渡るのが面倒くさかった・・・)。

なんか怪しげな場所があったのでパシャリ。すぐ後ろが環八、向こうに見えるのが青梅街道です。ここが取水口だったら嬉しいんですが、後からもうちっと調べたら、どうも西側のほうだったかもです。・・・再訪しよう、そうしよう。

Simen3

四面道(しめんどう)、以前から通過するたびになんだか格好良い名だな~と思っていました。由来は諸説あるようなんですが、個人的には”4ケ村(天沼、下井草、上・下荻窪)の接点で、そこにあった常夜燈が4ケ村を照らしていたので四面燈”、が好きです。そして昔の呼び方にならって”しめんと”って呼びたくなります。

・・・用水路に戻りましょう。上流はまるで暗渠くささがなく、よくわかりません。環八沿いに、マンホールがいっぱいあってつぎはぎの、あやしげな駐車スペースがありました。

Simen4

少しずつ南下します。がんばって遺構を探しますが、やはり難しい。駐車場奥の、こういう無駄スペースなども気になっちゃいます。
はたして暗渠と関係あるのでしょうか・・・謎のまま。
上流部は環八に呑み込まれている、との記述もあったので、違うのかもしれません。

Simen5

やっと暗渠らしい道が出現。

気持ち良くまっすぐに伸びる、用水路然としたものです。環八からちょっとだけ入ったところにあります。

Simen6

途中、分流したかのような跡があります。

突き当たりに見えるのは、白山神社。ああそうか、もしかすると、逆に向こうから流れてきていた可能性もあるのか・・・よく確認しないで居てしまいました。少なくとも現在手持ちの資料では、白山神社に水源があったような記述はありませんが。

Simen7

線路に突き当たりました。

大好きな中央線(全身オレンジなら尚よいのに・・・ぶつぶつ)と、車止めのコラボです!!
いいぞー!

Simen8

用水路は線路を突っ切って向こう側に行くようです。
わたしはおとなしく、いったん環八まで出てガード下をくぐります。
このガード下、くら~くって、人がいなくてちょっと怖いんですけどね、地下モノの風情もあるので、ちょっと良くもあるんです。

さて実は、さきほどの線路越しに、ちょっと気になる文字が見えていました。なんというか語感がワクワクしちゃうんですよね・・・・・それは、

Simen9

これです、屋上庭園。

屋上庭園、空中庭園、ラピュタ・・・、はわわわー、行かなきゃ、これは!w

というかそもそも、わたしは地下地下言ってることが多いですが、ひそかに”屋上”も大好きなんです!もっと暖かくなったら、きっと屋上の記述も出てくることでしょう・・・それにしても、"No!"っつってるなみすけ可愛いなあ~~w
ワクワクしながら、屋上に到着!

Simen10

あれれw

・・・まぁ、ラピュタまで想像をふくらましてしまったわたくしがいけないのですが。

冬なので閑散としすぎていますが、春以降はきっとお花も咲くでしょう。なにより、荻窪の隠れスポットみたいな感じがするので、休憩にとても良い気がします。・・・高井戸の煙突が、見えますねえ。

Simen11

それから、階段があったので降りてみました。
階段は2階までずっと、このように芝生で、お花も植えられているようであり、ベンチもあり、そして眺めもよいのです。

6階(=屋上)まで階段で行こうなんて当初は思いもしませんでしたが、これは階段からのアプローチのほうが、癒し度数が高そうですね。うう~ん、春にまた来たい!

Simen12

侮りがたし、あんさんぶる荻窪・・・。

1階の駐車場脇には、井戸までありました。

Simen13

さて、地上歩きに戻ります。

水路跡は、線路を越すと、残念ながらまた暗渠のにおいを消してしまいます。

この道も、そのはずなんですが・・・

Simen14

桃井二小前。”桃二小あたりを通って”善福寺川に注ぐようなんですが、ここらへんでもそれらしき跡が見つかりませんでした。

桃井二小”あたり”っていうのが、なんともむつかしかったです。

Simen15

善福寺川、忍川(おしかわ)橋下に、出口がありました。

とはいえ、ここらへんは水路がけっこうあったようで、本当にこれかどうか。。うーん、またしても、入口も出口も怪しい旅になってしまいました。

忍川橋には名の由来を示す案内板がありました。ここらへんには、服部半蔵の領地があって、伊賀忍者が住んでいたそうです・・・ギャー、これまた格好良いぃ~~!!
後から調べなおしたら、リバーサイドさんがしっかり書かれていましたw

Manshu

帰りは、すずらん通りを通って駅へ。

すずらん通りに、以前誰かから強く勧められた、”納豆チャーハンが絶品”という店があって、そこを探してみましたが、ありませんでした。その”以前”がほんとに前過ぎて、誰だったかはおろか、本当に納豆チャーハンを勧められたのかすら朧です。
・・・かわりに見つけたのが、ぎょうざの満州!じつは先日ここで話題になって以来、どうも気になっていたのでした。荻窪にあったとは。
ものは試し、餃子ライスを食べてみました。うん、お店の感じ、値段設定、メニュー展開、味、どれもかなり王将に近いです!ってか殆ど王将(=旨いしコスパ良し、なかなか満足。)。
それと、それぞれの器の底に出てくる”3割うまい!!”というキャッチフレーズがめちゃめちゃ気になりました。・・・wikiによれば、他店より3割増しって意味だそうです。

それにしても、今回の旅、暗渠然とした道はずいぶんちょっとしか無かったですね。今回の田用水の流路(と思しき道筋)を示します。

Simenmap

|

« 桃園川支流を歩く その13馬橋稲荷支流(仮)と、いくつかの発見 | トップページ | 暗渠バー »

1-6 さんぽ:千川分水」カテゴリの記事

1-7 さんぽ:善福寺川支流」カテゴリの記事

コメント

むわ。なみすけかわいいっすねw「No!」もいいけど、犬を連れてるんだか連れられてるんだかわかんないなみすけも相当イイですww って本質的でないコメントご容赦くださいw

投稿: lotus62 | 2010年2月22日 (月) 13時09分

杉並区、蛙のミニ映画まで作っときながら区のマスコットは異星から来た生物(=なみすけ)にするので、蛙好きとしてはウーンでしたが、やっぱなみすけかわいいですよねw
ほんとだ、犬、つれてるようにはあんまり見えないですねww

投稿: nama | 2010年2月22日 (月) 14時11分

あいつ、なみすけって名前でしたか。
ウチの区にはなんかいないのかな?
あ、そうだ、新宿シンちゃんbyやなせたかし…、
あんまりかわいくは、ないです。
そして、ぎょうざの満州!
気になっちゃいましたか。
ココが一番近いのかなー。
もっと近くに出来ないかなー。
他の人のところで最近コメントしたんですが、
日高屋が全部、王将か満州に置き換わってくれたら嬉しいんですけど。

投稿: えいはち | 2010年2月22日 (月) 17時23分

>えいはちさん

しんちゃん、見てみました。微妙ですね~~w

それからなみすけ、さっき「異星」って書いてましたが、どうも記憶違いで、調べてみたら地球上の「スギナミザウルス島」という設定でした、すみません。因みに妖精です。
趣味が「さんぽ」なんで、気が合うかもしれませんね。

ぎょうざの満州は、あったら絶対食べようって思ってました!
新宿からも、きっと最寄りはここではないかと。
でもそれだったら途中に中野の王将がありますよね(でもあそこ、どうも餃子の焼きが甘いんですよね・・・私が行くとなぜかいつも白っぽいんです)。
王将でも満州でもいいので、各駅に一つは欲しいですよね~!!

投稿: nama | 2010年2月22日 (月) 17時40分

namaって東西南北がちゃんとわかるんだね~凄い!!

ほんとよく散歩してるねぇ、私もまた更新頑張ります(^^;

投稿: ポコ | 2010年2月23日 (火) 17時39分

四面道を通るたびに、細野晴臣のこの交差点から名付けた曲「四面道歌」を思い出します。四面道から北に伸びる、妙正寺川の支流の暗渠もありますよね。

投稿: HONDA@東京の水 | 2010年2月24日 (水) 00時21分

HONDAさん(namaさん、ブログ上で横入りごめんなさい;;)
はらいそに入っているあの曲ですね!ここがネタ元とは知りませんでした;;;。

投稿: lotus62 | 2010年2月24日 (水) 09時17分

>ポコさん

なんじゃーそりゃww東西南北って、、、わたしも地図がなきゃよくわからないよ~。地図あってもわかんないときあるけどね。
ぼちぼちやってってね~~、応援してるから!

>HONDAさん

四面道歌~!そんな歌が!しかも細野さん。ぐぐってみたら、聞いたことのあるCDに入ってるんですが思い出せません・・・(涙)。なんかとっても気になるので、是が非でも聞きますw
はい、北側にもありますね。あっちはまだ見ていないので、これからなのです。

投稿: nama | 2010年2月24日 (水) 09時21分

>lotus62さん

ぎゃ、タッチの差。
うう、知ってらっしゃるのですね、四面道歌。うらやましい。

投稿: nama | 2010年2月24日 (水) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/47633296

この記事へのトラックバック一覧です: 四面道口からの田用水を歩く:

» 荻窪「ぎょうざの満洲」 [えいはち@十二社の行動]
荻窪に行きたい、荻窪に行きたい、 荻窪に行って、「ぎょうざの満洲」の餃子が食べたい。 先日、武蔵境で数年ぶりに食べてから、 http://ei8at12so.seesaa.net/article/155479422.html 最寄の店舗がある荻窪へ行くチャンスはないかと思い続けていた。 ... [続きを読む]

受信: 2010年7月22日 (木) 00時46分

« 桃園川支流を歩く その13馬橋稲荷支流(仮)と、いくつかの発見 | トップページ | 暗渠バー »