« 桃園川支流を歩く その11天神川~高砂湯 | トップページ | 仏さまも見ている »

江戸かはたまた平成か

先日、お台場の施設にカンヅメで仕事をする機会がありました。3日目の朝、朝食をとっていたら驚きの”顎が筋肉痛”で、なぜだろうなぜかしら、と考えたところ、思い当たるのは、 ”スルメの食べすぎ” これだけ。
我ながら阿呆なことに、飲み会中、1日目はピスタチオとくるみとスルメ、2日目はせんべいとスルメ、だけを延々とつまんでいて、どれも”目に見える限りは全部食”っていまして・・・これまでの人生であんなにスルメを食べ続けたことが、きっとなかったのでしょう。ほかも硬いもんばっかりだし。

Daiba1

そんなこんなでしたが3日目の昼には仕事から解放され、あまり訪れないお台場で、帰りがてら行ってくるぞと決めたところが、2か所ありました。

顎は痛いですが、結構なヒールの靴でしたが、いいんです!アクアシティに荷物をあずけ、鼻歌なんか歌いながら、目指します、1つめの目的地、台場の砲台を!江戸城防備のためにつくられた、台場。その生き残り、第3台場。遠くに見えるだけで、わくわく。

Daiba2

台場のちょっと手前に、大きめの石(石垣につかうような)がゴロンゴロンころがっていて、気になりました。

公園として整備する際に、「ま、いっか~ここら辺においちゃえおいちゃえ」ってなノリで捨てられたものでしょうか?

Daiba3

台場へ上がる階段を登りきると、「三角点を大切にしましょう」という立て札とともに、古めかしい三角点が。

はて、大切にしましょう、ってどういうことなんでしょか・・・

Daiba4

台場の内側、窪地になっている部分へ、降りてあるきます。弾薬庫跡が、いくつか。ぐはー、弾薬っ・・・Ammoだぁ~~!

・・・そういえば私の軍事萌えの出発点は、数年前までハマっていた戦争系のアクションゲームかと、自分では思っていたのですが、じつはもっと昔からだったことを思い出しました。高校の時、ファッションの一環として、ミリタリー系にも凝っていて、覚えている限りはそこらへんからです。

Daiba5

地元のミリタリーショップでフランス軍のバッグを買ったり迷彩柄Tシャツ着たり、自衛隊にいたひとからカーゴパンツを譲ってもらったり、ゴーグル買って首から下げたり、してました・・・。えと、もちろん”一環”なので、ほかにもいろんな格好していましたけども。。

陣屋跡。

Daiba6

かまど場。

かまどの台となっている丸い穴が何箇所かあり、そこを覗くと、中央に突き出している煙突とつながるパイプの入口が見えます。

「かまど」であることと「パイプ」に対して萌えます。

Daiba7

さあ、そろそろ台場の先端部にまいります。

このような斜面を駆け上がります。なんだかちょっと格好良い景色になってますね。

駆け上が、ったのは最初の勢いだけで、かなり急斜面なので、ヒールの私はずるずると滑り、両脇の笹にしがみつきつつ登りました。ふぅ~~、誰にも見られなくてよかった。

Daiba8_2

ズガーン!

Daiba9

ドカーン!!

・・・実際は、これらは使われることはなかったそうですけど。そのうえ、公園の案内板には「砲台跡とかまど場は江戸時代のものではありません」とか書いてありましたけど・・・、でも、いいのです。(じゃあ、いつ作られたものたちなんだろう?)

Daiba10

もうひとつ、隣に保存されている第6台場。

立ち入り禁止の甲斐あって、鬱蒼としていますね~~。

満足して、第3台場を後にします。人はあまり居ず、犬のさんぽのひと、きれいな写真を撮ろうとしているひと、などが居ました。帰り道にひとりだけ、いかにも軍事萌えっぽそうな人とすれ違ったので(主たる判断材料はカーゴパンツでしたがw)、心の中で「やぁ」と言っときました。

Daiba11

それから2つ目の目的地は、ここ。

虹の下水道館”です。なぜ”虹”なのかとずっと疑問でしたが、おそらくはレインボーブリッジからきているのでしょうね?

撮影物を載せられないので、外観だけにしておきます。子どもが楽しめるようなつくりになっていましたが、下水道のしくみ・各処理場の特徴・下水管の説明、などなかなか楽しめました。可愛らしいアニメーションで下水道を旅することができるゲーム?みたいなものがあって、黙々とやってしまいました。惜しむらくは、客がわたし一人だった、ということです・・・。まぁ、だからこそ子ども向けゲームを一人でできちゃったりしたんですけれども。

しかし、ここ、ずっと土日閉館だと思っていましたが、お休みは月曜だけみたいですね~!なんだ、土日も来れるんじゃん。というわけで、お台場に行かれる方、下水道が恋しくなったら、ぜひどうぞ。

|

« 桃園川支流を歩く その11天神川~高砂湯 | トップページ | 仏さまも見ている »

5 地下もの」カテゴリの記事

6 軍事もの」カテゴリの記事

9 その他」カテゴリの記事

コメント

虹の下水道館です。
(撮影物を載せちゃいけないのですか?)
ei8at12so.seesaa.net/article/38890252.html
お台場です。
ei8at12so.seesaa.net/article/38905363.html
同じ日の行動でした。

投稿: えいはち | 2010年1月23日 (土) 14時55分

あら、やはりこういうルートになるのですねw
虹の下水道館、受付のお姉さんに「写真とってもいいですか」と伺ったところ、「個人で見るなら可、ブログ掲載は不可」とのお返事でした。ので。いつからそうなってるのかは、わかりません。。

台場の砲台、レプリカだったのですねー。けっこう年季入ってるから、最初は江戸モノかと思ってしまいましたですよ・・・

投稿: nama | 2010年1月23日 (土) 22時43分

ブログ掲載は不可?
僕が勝手に撮って載せちゃったからかな?
お台場(もちろん狭義の)が萌えスポットという人には、
僕は必ず、横須賀沖の無人島「猿島」をオススメしてますが、
namaさんは行かれたことありますか?

投稿: えいはち | 2010年1月24日 (日) 02時08分

台場跡のお話だったんで、
2006年にアップした記事に、
トラックさせていただきましたーm(_ _)m
まさに「江戸かはたまた平成か」の、
タイムスリップ感が面白い場所ですよね!
第六も一度は行ってみたいです。

投稿: 廃墟徒然草 | 2010年1月24日 (日) 04時57分

>えいはちさん

いやいや、えいはちさんのせいじゃないと思いますよw だってあそこ、撮影禁止とも書いていないし、尋ねないとわからなかったですし。。
正確には「個人で写真を”見る”以外、即ちブログ掲載等はNG、もしくはこちらでの許可が要ります」みたいなことを仰っていたので、わざわざ許可得るのはなんだか面倒くさそうだぞ、と思って、省略して書いたら上記のようなことになったと・・・まぎらわしくてすみません;; 
で、猿島!かなり行きたい場所のひとつです!!よ、よよよ要塞ー!、って。行かれてるのですね~!!

>廃墟徒然草さん

わー、TBありがとうございます!!
ですね、砲台越しに見えるフジテレビとか、なんとも。私もあそこに入ることが出来たらどんなにすばらしいか、と憧れの目で第6眺めてました。でも廃墟徒然草さんだったら、いつかなにかのご縁で第6に立ち入ることが出来そうな、というイメージを持っちゃっていますw(もしそうなったら、ぜひ写真を見せてくださいまし。)

投稿: nama | 2010年1月24日 (日) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/47362635

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸かはたまた平成か:

» お台場2006・第三台場1 [廃墟徒然草 -Sweet Melancholly-]
ここのところお台場の話をアップしてきたので、 まだアップしていなかった台場砲台公園をアップしようと思います。 お台場の名前の由来にもなった品川台場のうちの、 公園に整備されている第三台場砲台跡。 ▼ 2基だけ設置されているレプリカの砲台跡からは、 江戸時代を偲ぶことはできませんが、 まさかこんな風景になるとは、江戸の人は思わなかったでしょう。 竈場と説明板にあった場所 コンクリではなく凝灰岩製なので、 江戸時代のものかと思いましたが、 どうやらこれもレプリカみたいです。 ▼ 八角形の土台... [続きを読む]

受信: 2010年1月24日 (日) 04時50分

« 桃園川支流を歩く その11天神川~高砂湯 | トップページ | 仏さまも見ている »