« 暗渠のための開渠さんぽ | トップページ | 遊び場○番特集 その1(1,12,13,24) »

桃園川支流を歩く その12追分用水

井伏鱒二の荻窪風土記を再読しています。
もともとは、学生時代のある日、「大学院生なのにマンガしか読んでいない!」と危機感を抱き、なんとか自分に活字を読ませようと、コミットしやすい食べ物系・杉並系の小説から入ることにし、それで買ったものでした。当時も荻窪のむかしを知ることができてうれしかったのですが、最近では荻窪の水路の情報源になっています。

Oume1 再読を開始するやや前だったか、図書館で見かけた”すぎなみの水紋様 玉川上水(恩田政行著)”。この2冊から、私が初めて知ったことは、青梅街道沿いに用水路が流れていた、ということでした。

荻窪駅前の、青梅街道の景色。青梅街道なんて、杉並の何処に居てもお世話になっていた気がします(お馴染すぎて、特別な感情は沸いていなかった)。ここに、水路が!・・・その後私が青梅街道を見る目は、がらりと変わったのでした。

Oume2 今回歩くのは、千川上水からの分水で、桃園川へとつながる水路です。「すぎなみの水紋様」によれば、追分用水という名の水路、「荻窪風土記」によれば、千川用水追分(もしくは田用水追分)という名の場所を目指します。

水路水路~~~、とワクワクしながら青梅街道(北側)に沿って歩いていると、現れます、追分用水の暗渠が!!

Oume3

入ってみると、それはもう、いかにもな道でした。車止めがあり、レンガ敷きの遊歩道になっています。ああ、本当にこんなところに水路跡があったんだ~・・・

私にとっては新事実、みたいなつもりでいたのですが、じつはlotus62さんがすでに行っていて用水のことも調べてらしたり、とか、、後から気づきました。あれあれ、その記事は読んでるはずなのに、何故・・。さらに、そもそも千川上水からの分水は、知識としては知っていたはずなのに・・・何故つながらなかったのでしょう、私の脳。

Oume4 ともあれ、歩いている最中は新発見のうれしさでいっぱいです。

この、追分用水暗渠は、道の景観も暗渠ふうでありながら、その”匂い”も終始暗渠ふうでした。

こんなにずっとドブくさい道も久しぶりでした。たしか特に湿気の多い日でもありませんでしたが・・・

Oume5

進んでいくと、教会通りと交叉します。

教会通りには、なかなかかわいらしいお店がいっぱいあります。なかでもはちみつ専門店ラベイユは、大のお気に入り。
わたしははちみつが大好きで、このお店はいろんなはちみつの試食が(そのスタイルが非常に可愛く)できるので、荻窪時代、よくはちみつを舐めに行っていました。この日も、寄ります。

Oume6

教会通り沿いにある、このサイダー色の壁の建物も、とても好きです。

ここはクリーニング屋さんでした。ほどよく古めかしい店内で、ボンボンのついたぼうしをかぶったおじいさんが、アイロンを動かしているようすが見え、わたしはそれを見るのがなんだか好きでした。
最近は空いているところを見かけないので、定休日に通ってしまっただけなのか、それとも。

Oume7

ラベイユで買ったのは、はちみつアーモンドタフィと、ジンジャー風味のマヌカキャンディ。マヌカキャンディを、口に入れつつ歩きます。

そろそろ、桃園川とつながる場所です。嗚呼・・・すごいな、ここは、私が”暗渠さんぽの第一回目”に通ったところだ。とてもなつかしい感じがします、半年ほどしか経っていないというのに。
あのときは、この道の下がどうなっているのか、想像がついていませんでしたが、今ならすこし、見えてきているような気がします。

今回の行程です。青梅街道沿いの用水路暗渠、あといくつか行きたいところがあるので、カテゴリを新設しました。

Oiwakemap

|

« 暗渠のための開渠さんぽ | トップページ | 遊び場○番特集 その1(1,12,13,24) »

1-1 さんぽ:桃園川」カテゴリの記事

1-6 さんぽ:千川分水」カテゴリの記事

コメント

>知識としては知っていたはずなのに・・・(中略)私の脳。
だいじょうぶですb
書いた私も忘れてましたからww

投稿: lotus62 | 2010年1月29日 (金) 13時47分

うひゃひゃ、大丈夫じゃないんじゃないですかぁ?ww

投稿: nama | 2010年1月29日 (金) 16時06分

ふむふむ。書籍からも情報を得たりするんだね~…。この散歩、ネタがつきることはなさそうだね。
なんか…皆さんがまだご存知ないところを探したくなる!…なんてね。素人の戯言だね(笑)

投稿: ポコ | 2010年1月29日 (金) 19時20分

そうそう、ネタはね~、尽きない気がするよ。

>皆さんがまだご存じないところ

そーだぞー、戯言だぞーw。これはホント、都内には無いんじゃないかという気がしてる!

投稿: nama | 2010年2月 1日 (月) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/47418757

この記事へのトラックバック一覧です: 桃園川支流を歩く その12追分用水:

« 暗渠のための開渠さんぽ | トップページ | 遊び場○番特集 その1(1,12,13,24) »