« われらが甲武鉄道Ⅱ | トップページ | 駒場東大前駅から池尻大橋駅まで歩く② »

駒場東大前駅から池尻大橋駅まで歩く①

ずっと気になっていた、空川についに行ってきました。その名前、東大内の開渠部分、ケルネル田圃のミドリ・・・どれもうつくしくって、早く行ってみたかったのです。

ちょうど、駒場でお仕事をする日が、年にちょっとだけあるので、その日を狙って行ってまいりました!(厳密には、その日中にはすまなくて、再訪してるんですけどね~w)

1sora00

駒場東大前の駅に降り立ちますと、なんと駅前にさんぽ用の案内板が!すご~い、しんせつな街!

空川の暗渠部分まで、ちゃあんと水色の点線で示してくれています。ありがたや~~。

じっくり、見ます。

1sora01

・・・すると・・・

あ、あれ・・・・?ww

まじで・・・?www

1sora02

ちょっと薄笑いをしながら、とりあえずそのトンネルたんぼ・・・もとい、ケルネル田圃のさきの湧水地点をさぐります。

ケルネル田圃の上流部分に池はありますが、そのさらに上に谷頭があり、何かあるのではといううわさ・・・(過去のHONDAさんとlotus62さんのやり取りによる)。

そこで、ちょいとうわさの谷頭部分を見に行ってやろう、と。池のさらに上へと辿ると、井の頭線に出ますが、気持ち凹んでいるところが、ある 気が します。w

1sora03

その先にあるのは、留学生会館、さらにその先にあるのが、東大の先端科学技術研究センター(以下、先端研)です。

そこで、先端研に行ってみることにします(しかし格好良い名前だな)。途中、日本民藝館などという、グッとくるところがありましたが、今回はスルー!(入館料高かったし。。)して、キャンパス入り口へ。

めざすは、ケルネルから伸びてくるであろう、谷の先っちょ!

1sora04 ちょっとうろうろして、それらしき場所、すなわち留学生会館のとなり、端っこもいいところの、テニスコートの脇に向かいました。

すると・・・ああ、写真がぜんぜんちゃんと撮れていないのですが、この生垣の向こうっかわは、崖になっているのでした。
うん。この崖から、水が浸み出していた可能性も、きっとあると思います。

ふふふ、収穫アリ、と思いながら戻ります。もうひとつの収穫は、先端研に「食堂」があるらしきこと。私は大学の食堂ってのがどうも好きで、何かあると行ってしまうんですが、駒場キャンパスのフレンチはすでに行っているので、むしろレア度の高そうなこちらの食堂に、きっといつか・・・ふふふw カレー300円、とかのほうがむしろ食べたいのです!

1sora05

さてさて・・・線路を渡り、駒場野公園の池へとまいります。

木々の奥に見えるのが、それです。

ひっそりとしていて、鬱蒼としていて、なんとも穏やかな場所ですねぇ・・・。

1sora06

そして池から、ケルネル田圃へと水は流れていきます。

1sora07

待望の、ケルネル田圃・・・!

初冬バージョンです。夏の緑色もうつくしいと思いましたが、これもまた、うつくしいです。

(翌週に訪れたら、もうこの紅色はほとんどなくなってしまっていて・・・いい時期に見られたものです。)

1sora08

その先、流れは暗渠となって、この坂を下ってきます。→後日訂正。暗渠はこの坂じゃなくて、この右にある自転車駐輪場です。

2sora00

上の写真の流れの先、空川のもうひとつの流れがあわさります。

その水源は、東大のキャンパスの内部。おそらく、この写真のどこからか水がこんこんと湧き出ているようなのですが・・・いまのところ特定できていません。

その湧水はこの写真の手前部分のマンホールの下でとても良い音を響かせ、そして、

2sora01

外へ顔を出し、みごとな開渠となって、ちょっとの区間流れます。

ここは、ほんとうに行ってみたかった場所です・・・!

水自体もうつくしく、周囲の雰囲気も自然にちかくて・・・こんな場所が都内にあったんですね。ほんとに素晴らしかった。

2sora3

ちょっと、のぞきこんでみました。

すると、石のあいだで、黒っぽい魚が2ひき、ささっ!と泳いで逃げていきました。 ・・・す、すごい、魚がいる・・・!(おたまじゃくしでもどじょうでもなく、はやみたいな魚でした。)

しかしなんと、清んでいるのでしょう。

1sora09_2

さて、その清んだ流れもすぐに暗渠となって、井の頭線をくぐって、反対側でさきほどのケルネル田圃からきた流れとあわさり、このような暗渠道をすすんでいきます。

ここからの風景も、杉並とはぜんぜんちがう、独特なものばかりでかなり楽しめました。②へつづきます。

|

« われらが甲武鉄道Ⅱ | トップページ | 駒場東大前駅から池尻大橋駅まで歩く② »

1-9 さんぽ:その他の暗渠」カテゴリの記事

コメント

お!空川きましたね☆
先端研究所の中まで潜入とは…そこまでおもいつきませんでした。すぐにでも行きたい!という気持ちです。もちろんカレーあらばたべてきますw

投稿: ろーたす62 | 2009年12月29日 (火) 12時14分

トンネルたんぼ、笑えました。かの農学校のドイツ人の先生、泣いているんじゃないでしょうか。
先端研、仕事で行ったことがあります。あそこまで追いかけるなんて凄い。

投稿: リバーサイド | 2009年12月29日 (火) 16時33分

駒場東大構内のひそやかなせせらぎ!
どきどきしますよね。

良いお年を。

投稿: orangepeel | 2009年12月31日 (木) 00時31分

>ろーたす62さん

ひらがなだとなんだか違う人みたいですねw カレー、わたしもいつか、と思いますが、もし行かれたらぜひぜひレポおねがいします!!

>リバーサイドさん

トンネル田んぼ、あまりに堂々としているので、最初自分が間違えているのではないかという気持ちになったほどでしたwwいったいなんで・・・w
先端研、入られたことがあるなら、なおのこと入りやすいじゃないですか~。再訪されるときにはぜひ!

>orangepeelさん

すばらしいせせらぎでした!!わたしも空川の由来ってなんなんだろうな~とか考えながら歩いていました。
来年もよろしくお願いいたします!!

投稿: nama | 2009年12月31日 (木) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/47140930

この記事へのトラックバック一覧です: 駒場東大前駅から池尻大橋駅まで歩く①:

« われらが甲武鉄道Ⅱ | トップページ | 駒場東大前駅から池尻大橋駅まで歩く② »