« 三ノ輪から浅草まで歩く(音無川編) | トップページ | 暗渠とつながるなにか① »

三ノ輪から浅草まで歩く(山谷掘編)

Mino13 おはぐろどぶの旅のゴール地点から。この道路は吉原に隣接しているもの(前出の病院の前)で、花園通りといいます。

花園通りは、かつて千束掘川があったところです。千束堀川は音無川から分流し、この写真上では奥から手前へ流れていましたが、1933年に埋め立てられました。川があった感じはわかりにくいです。通りは車も人もまばら。ソープ街には皆タクシーで乗り付けてくるそうなので、もしかすると夜になると、ここにタクシーの渋滞ができたりするのでしょうか。

今回は歩きませんが、千束堀川は下流に行くと新堀川と名前を変え、かっぱ橋道具街のところを通るのだそうです。私は専門店街を歩くのもむちゃくちゃ好きですが(たぶん大体行ったかも)、かっぱ橋道具街はもっともテンションがあがる所です!!あすこは本当にいい。・・・で、そうか、合羽”橋”か、、新堀川にかかっていた橋だったのか・・・こんなふうにハッとさせられます。

Mino14 少し遡った所です。蛇行地点。この右にある建物は下水道局ポンプ場です。この写真の奥のところに、音無川からの分流地点があります。

今回のルートを地図で確認したとき、この下水道局の建物は水っぽいものが何もないところにポツン、とあった印象なのですが、地図上に川跡を書き込んでいったら、みごと、分流地点となり胸がすっとしましたw。

Mino15

ここが花園通りと土手通りが交差する角です。ここの、もう少しだけ左側に分流地点があります。

Mino16 ふたたび土手通りを見ます。

資料を見ていると、この土手通りは、日本堤という堤があったという記述と音無川の流路という記述とがバラバラあったりして、どっち?と思ったりしたのですが、要するに両方あったわけですね。土手が二本あり、それに挟まれる形で音無川(下流部は山谷掘)があったみたいです。ならばこの広さにもうなずけます。

日本堤は存在感のあるものだったようで、地名としては今もあり、それから絵画にも残されているそうです。浮世絵も好きなので、今後日本堤のものを見つけたら小躍りしそう・・こんな風に「好き」がリンクしてくると嬉しさもひとしおです。

Mino17_2

土手通りと併走する裏の細い道に来ました。工事中なのは東浅草小学校です。

これは三ノ輪駅方向を振り向く形で撮ったものですが、同じところから、これから向かう方向を見ると・・・

Mino18

このようにドン、といきなり緑色の壁が出現します。これが山谷掘の始点と思われます。

いきなりすぎて、音無川との接点がどうなっているのかぜんぜんわかりません。

ともあれ、目に見えるものがあるので嬉しいです。

Mino19

緑色の壁の裏側に回り、振り向きます。この左側の壁の中が山谷掘跡ですが、なぜかここだけ立ち入り禁止になっています。

山谷掘は江戸初期に作られたものらしいですが、1957年に吉原が廃止になった後、徐々に暗渠化されて現在上は遊歩道や公園に、下は下水道になっています。江戸時代ここは吉原につながる道のひとつだったため、吉原通いのことを山谷通いとも言ったそうです。この堀で、立派な船を使って女遊びをしにくる、と・・・。なかなか風情がありますね。そんな想像をひろげながら、山谷掘を下ります。

Mino20 地方(ぢかた)橋。こんなふうに、橋の跡がはっきり残されていて、遠くから見ると今でも川が流れているように見えます。

Mino21 地方橋以降は遊歩道として整備されています。向こう側のコンクリートが古ぼけ苔むしていて、暗渠化の前からあったように見えます。

緑が多く、さんぽ中らしき人が結構居ます。

が、しまった。またビーサンで来てしまった。地面が砂っぽいので、ちょっと歩いただけで足が汚れます。仕方がないのでアスファルトを歩きます。

Mino22_2 こんな感じにどんどん続きます。

すごく、川っぽいですね。

この写真にある橋跡の手前に、円柱型のコンクリートがあるのですが、てっぺんにマンホールがあります。こういう風に突き出たマンホールが橋のところに毎回あります。下水道につながるのかな・・・?近寄って見てみるのを忘れました。

Mino23 吉野橋跡を通過すると、このような公園へと変わります。

並木の間に、人口の川のようなものが。けれども全く水が流れていません。なんでこんな暑い日にカラッカラなんだろう・・・憩う人も居ません。悲しさを覚えます。

Mino24 最後、今戸橋。

この橋だけやたら重厚です。この手前で山谷掘公園は終わり、ここから先は隅田公園です。

Mino25

隅田公園内。

ここは、山谷掘の延長線上の場所で、「山谷掘広場」と名がついています。奥にちょっぴり、水門が見えます。

Mino26

折角なので、隅田川も拝んでから帰るとします。いやぁ・・・大きいです、大きすぎる・・・。こわいくらい。

で、浅草から帰ろうと、隅田川テラスをてくてく歩きます。

浅草では、以前ホットケーキが食べたくて、訪れたら丁度閉店後だったという、天国に寄ろうと決めていました。時間的にぜんぜん大丈夫のはず。”天国”と焼印の入った、かわいいかわいいホットケーキ!あと、アイスコーヒー!この前のリベンジとしてもう一枚テイクアウトだってしちゃうぞ!

浅草の道を、脇目も振らずに天国目指して歩きます。で、お店に入り、注文すると、

店員さん「すみません~、ホットケーキ終わっちゃったんですよ・・・」

2連敗。イチローが”持ってる”人間なのだとしたら、私はかなり”持ってない”人間だと思います。これはかなりのデータがありますw 店員さん、何回も謝ってくだすって(いや私はぜんぜん苦言を呈していないですよ)、こんなに早く終わっちゃうのは珍しいのだと弁明してくれたんですが、んなら尚更、”持ってなさ”を実感するわけです。

神谷バーで一杯、てのも考えましたが、神谷バーで飲むと必ず知らないおじさんに絡まれてしまうので、一人はどうかと思ってやめておき、人形焼と大学芋を買っておとなしく帰りましたとさ。

Maptest

|

« 三ノ輪から浅草まで歩く(音無川編) | トップページ | 暗渠とつながるなにか① »

1-9 さんぽ:その他の暗渠」カテゴリの記事

コメント

地図にびっくり。ちょうど私のサイトでも今日の更新で、この略地図をつかった地図を載せたところでした!

投稿: HONDA@tokyoriver | 2009年8月30日 (日) 20時04分

あ、ほんとですね!!今見ました。わーすごいww
私も何か地図を貼りたくて、軽くてかわいい地図ないかなーと探していて、今日見つけたんですよ。
これ、いいですよね。ほんとは「書き込み」機能も使いたかったのですが、そっちにはなんか色々と登録するみたいで面倒になったので、とりあえずDLだけして試験的に載せましたw

投稿: nama | 2009年8月30日 (日) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24013/46066461

この記事へのトラックバック一覧です: 三ノ輪から浅草まで歩く(山谷掘編):

« 三ノ輪から浅草まで歩く(音無川編) | トップページ | 暗渠とつながるなにか① »